>>
  1. 無料アクセス解析

2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月に読んだ小説

1月も今日で終わりですね~。

超!私的ですが、
なかなかの読書ペースで1月はスタートできました。

仕事柄、
外に出る場合は移動時間が長く、
(ひと口に『関東圏』と言ってもやはり広いです)
また空き時間も出来やすいですから本は必須です。

なので、
私的備忘録!的ではありますが、
一ヶ月に読んだ本を記したいと思います。


卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2) (瀬尾まいこ)
いまや当たり前となった書店の「手書きポップ」
『今年の本屋大賞はコレで決まりっ』という文句に釣られて読みました。
(実際はノミネートされませんでしたがね・・・)
“血の繋がり”をテーマとしながらも文体が易しく読みやすかったです。


コールドゲーム (新潮文庫) (荻原 浩)
荻原作品は「明日の記憶」が一番だとボクは思います。


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1) (歌野 昌午)
キモチよ~くヤラれちゃいました。
基本的にミステリー好きなんですが、こういうヤラれ方がボクは大好きです。


愛妻日記 (講談社文庫 し 61-7) (重松 清)
「今度のシゲマツは、カンドウ≦カンノウ」
このコピーがうまいなぁと思って読みました。
これまでの重松作品からは想像できない官能小説です。


博士の愛した数式 (新潮文庫) (小川 洋子)
言わずと知れた、第一回本屋大賞の受賞作。
心の澱を取り除きたい時にオススメです。


八日目の蝉 (角田 光代)
今年の本屋大賞候補にノミネートされましたね。
これまでの受賞作とはカラーが違うような気がしますが、
受賞したら、それはそれで嬉しいです。
まだ1月ですが、今年の(私的)ベスト1になっても何の不思議もない、
それだけの作品です。読後4日間、ボクはこの世界観から抜け出せませんでした。


月の扉 (光文社文庫) (石持 浅海)
ずっと気になっていた作家さんの作品。
ちょっと他の作品も読みたくなりました。
オカルトっぽさをオカルトと思わせないのは、やっぱ腕なんですかね?


誰か (文春文庫 み 17-6) (宮部 みゆき)
読ませますね~相変わらず。
久々の宮部作品でしたが、
結末に向かうプロセスは一読の価値アリだとは思います。
ただ、他の宮部作品もそうですが、ちょっとラストが不満・・・。


以上、8冊ですか。
うん、いいペースです。

なんだか、
超~自己満足で書いちゃいました。

なので、
今日は親バカはお休みです。


あ、写真だけ(笑)
ひとりでたべぇう~
(みかんを一人で皮むいて食べて、ゴミ箱ポイッできたよ~)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

踊るよ~

「ただいま~」

バーン!(リビングのドアを開ける音)
「いひひひひひひひっ」

ピョンピョン飛び跳ねてるし・・・。

「何してんのぉ~?」

ダダダダダッ(リビングに戻る音)


しまじろう
(今月のしまじろう「おどりずむシアターDVD」)

そろそろ「しまじろう」はやめようか?
なんて話を妻ともしてるんですが、
これだけ楽しそうな様子を見ると迷っちゃうな~。

「え?もう一回見るの?」

う~ん・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

親であることを自覚させられた瞬間

今日はこんなテーマで。

あれは、息子が1歳になった頃でしょうか。
なので2年近く前です。

ウチの子は、
産まれた時から上唇小帯(上唇と歯ぐきを結ぶ腱のようなモノ)が短く、
大きく口を開くコトが出来ませんでした。

それがある日、
予想していたとはいえ、

プチッ

と切れちゃったんです。

結果的には、
こういうケースは珍しくもなく、
歯医者さんであっという間に治してもらいました。


時を同じくして、
お菓子好きで有名なボクは、
夜中も痛みで眠れないほどに虫歯クンが悪化します。

「アカン、もぉ~限界」

人生で何度目かの限界点に達し、
人生で何度目かの決心を胸に、その歯医者さんに飛び込みました。
(素直に歯医者がキライ言えや)


その時の歯科医さんとの会話です。

歯:「そういえば、その後は息子さんの具合いかがですか?」

m:「・・・。」

歯:「あれ?madaさん?あの、具合、どうです?息子さんの?」

m:「は?あ、ボクですか?え?なんですか?」

歯:「あの、息子さん・・・。歯ぐきがプチって・・・」

m:「あーあーあーあーあー、あっ、息子ね。お陰さまで大丈夫です」



まだ当時は、
「息子さん」
と言われ慣れてなかったからなのか、
「『息子』『息子』て、何のこと言うとんねん」
っていう状態だったんです。

それに当時、
ボクの周りには、
息子の「名前」を呼んでくれる人たちばかりだったからかもしれませんし。


「そっか。他人さんは『息子さん』って言うんだな」
という、至極当たり前のコトにボクはコノ瞬間気づいたのでした。


と同時に、
社会的に「父親」として認められた感じもして、
ケッコー気持ち良かったです。

まぁ歯医者さんによって自分が親であることを自覚させられた、
って親が世の中にはいるんだなと思っていただければ良いです(笑)

そんな親がいたっていいじゃないか(自慰)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

どうせ伝染するなら笑顔がいいね

昨日の日曜日、
目覚めが悪かったです。

それもかなり。

しかも、
「もうちょっと寝させてくれ~」な状態に追い討ちをかける
絶え間ない「ぱぱ、お~き~てっ」攻撃が、
より一層フキゲンさに拍車をかけました。

いけませんね~。

わかっちゃいるんだけどイラついちゃう・・・。

つい、
「うるっさいなぁ~っ」と小突いてしまいました。


大泣きです


全っ力で泣いてます


そんな状態のまま、
起きて朝ごはんを食べようとテーブルにつきました。

「あ~悪かったな~。ご飯いっしょに食べよか?」

「うわぁあああああああああああああああああああん!!!!!!」

「一緒に遊びたかっただけじゃ~ん」(ママ)

「あ~もぉゴメンゴメン」

「うわぁあああああああああああああああああああん!!!!!!」

こんなのがしばらく続きました。

さすがにコレはよろしくない。
いつまでもフキゲンでいるようなパパはパパではありません。

なんとか気を静めようと、
お出かけの支度と称して洗面所に入りました。

「じゃあ、今日は車でお出掛けしような~」(半笑)

なんて言い残して。


すると、

なんということでしょう

「とよたぁ~ とよたぁ~ とよたぁ~

と勝手な作詞作曲をしながら廊下を爆走していくではありませんか!

「はははははっ。なんやその歌」

「ん?ぱぱのくぅまのうたやよぉ」
(ん?パパの車の歌だよぉ)← 正解

「へ?じゃ、他の車の歌もあんの?」

「こんどは、にっさんやよっ」
(今度は、日産だよっ)

ダダダッ
「にっさん にっさん にっさん~

「一緒やんっ」


この立ち直りの早さ(と言っていいものかは???ですが・・・)
またまた親であるハズのボクの方が救われる格好となりました。

(その他にも、アウディの歌と、フォルクスワーゲンの歌があるようです。)

そこからは、
ボクも笑って息子の相手が出来るようになりました。

そうすると、
楽しいキモチが相乗効果を生むんですね~。

一緒に本を読んだり、
パズルを「う~ん」と唸りながら完成させたり、
お片づけをすすんでやったり、
(どや顔で「ぎゅ~して~」って手を広げて近付いてくる時は絶好調な証拠)
お風呂にゴキゲンで入ったり、
ハミガキをしっかりしたり・・・、

眠るまで良好な関係が続きました(恋人同士かっ)

ホントに身近にいる分、
親のキモチの持ち方はダイレクトに伝染するんですね。

当たり前のコトなんだけど。

いつまでも子ども頼りじゃダメだなぁ・・・。

親も三歩進んじゃ二歩下がるコトの繰り返しですけど、
それでも今日も親としてドコかは成長してたいなぁ~と思う日でした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ごろごろの日

はい、ポーズ
(しゃしん、とってぇ~)


今日は一日の~んびりしました。


布団もあげずにごろごろ
逃走!
(走れ!ローディ!)

ん~快適快適。

まだ寒い日が続きそうですね~


明日は買い物行こ~な。
お茶ど~ぞ
(どことなく憂いを帯びた目)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

歩け歩け

昨日の帰りは、
通勤で使う電車が大変なコトになりました。

夕方に人身事故~復旧直後に線路故障。

結局、
通常1時間ほどで帰れるのに、
4時間半かかってよ~やく帰宅となりました。

事故の処理が終わり、
よ~やく復旧したってんで乗ってた電車が、
今度は線路故障によって、

『回送電車となります為・・・』

との理由で途中降車を余儀なくされ、
寒風(しかも強風)吹きすさぶ中を二駅分歩き・・・。
(結局いつもの3倍強は歩くハメになりましたが)


帰る方向が同じ社員さんと一緒だったんですが、

「最近あんまり話してなかったけど、ど~よ?」

的に、ぶっちゃけグチおしゃべりしながら行けたので、
思いがけずコミュニケーションを深めるコトもでき、
滅多にない出来事を楽しめました。

しっかしグチおしゃべりのパワーはスゴいわ~(おーっと)
グイグイ歩くエネルギーが・・・(そのへんでやめとけーっ)

でも昨日は凍えました~。
ホンットに寒かった。

なんとか歩ききった駅で復旧を待つ間に、
お世辞にもとは言えないラーメン屋に入ったんですが、
あの一口目のスープの味はしばらく忘れられないでしょう。
まさにカラダに“染み渡る”感じ。

あとは帰宅後のお風呂。

「はゃあぁ~~~~」やて。

おかげで眠りもグッスリ。

今朝は、
昨日いっぱい歩いたおかげでしょう、
スーツのウエストと太ももの部分がユルいです。

おー、まだ落ちるか(あら?イヤミでしたかしら?)

さすがに帰宅が夜中近かったので、
息子は寝顔でしたが、
そうそう遭遇しない出来事ってコトで良しとしましょうか。

今日は何事もありませんよーに。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

こども目線

昨日は、
チョットだけ雪道体験したそうです。

「おー、お友だちのトコ行ったの?
雪、大丈夫だった?」

「だーじょーぶゅーだった」

「でも雪、白くてキレイだったな~?」

「んー、きたゃなかった」
(んー、汚かった)

子どもの目線は、
足元メインですね

そっか~って納得しました。

まとまった雪を見ない限りは、
彼にとっての雪は、
茶色くてベチャベチャなモノなんでしょうね。

いいのか悪いのかは置いといて、
また一つ、
自分ではない者の目線で考えるキッカケをもらいました。

殊勝でしょ?
(自分で言うな)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

reminds me of ふるさと

雪です。
うっすらですが、積もりました。

新潟人ですね~。
なんだかホッとします。

明け方になると、
ジャリジャリジャリジャリ・・・と除雪車が通り、
起きて玄関を開けると、
その除雪車によって除けられた雪が、
2メートルくらいの高さになってたり・・・。

ボクが小学校、中学校くらいまでは、
それが毎朝の当たり前でした。

「それ(凍りつく前に)雪かきだーっ」って。

(除けられた直後の雪が柔らかいうちに雪かきしないと、
あっとゆーまに凍っちゃって家から出れなくなるんです)


今ではそんなコトもほとんどなく、
むしろ雪が積もると、

「いや~、積もった積もった」

って実家から電話がかかってくるくらい(笑)

きっと今日の雪はスグに解けてなくなっちゃうでしょうけど、
なんだか新潟にいた頃のことを思い出す朝でした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!
雪道は真上から真下に足をおろして歩きましょう!

たべれるですよ

今日は、
会社に出入りされてるゼロックスの営業さんのお誘いで、
セミナーに参加させてもらいました。

『激変時代に伸びるヒント』

アタマに刺激があって、いいお話でした。


家に帰ると、いい~ニオイが・・・。

「ただいま~。おっ、今日はカレーか~」

「かぃえ~じゃないでしょ、かぃえ~あぃす、でしょ」
(カレーじゃないでしょ、カレーライス、でしょ)

「あ~そうか、カレーライス、ね」

「かぁやぁ~いんやょ~」
(辛~いんだよ~)

「辛いの?R、食べれるの?」

「たべぃえぅですよ」

「なんだよ『食べれるですよ』って(笑)タラちゃんみたいだぞ」

「たゃちゃんないよ、Rやょ」
(タラちゃん(じゃ)ないよ、Rだよ)

「え~ホントに?辛いまま食べれる?」

「たべぃえぅですよ」

いつもカレーの時は、
息子の分だけは牛乳で割って食べさせてるんですが、
ど~も最近は一人で寝たがったり、
“おとなぶりたがる”傾向があって、
それが『食』にも来たか、って感じです。

結局、

「かやいっ」
(辛いっ)

って言いながら食べましたけどね。

だんだんいっちょまえになっていくんだな~。
でも最近は嬉しいんです。

ボクも夕ご飯に間に合って、
3人で食べる時は、

「みぃ~んなで、いったまーす、すぅよぉ~っ」
(皆で、いただきまーす、するよ~)

って号令(せかしてるだけかも・・・)がかかるんです。

で、
ボクが「せ~の」って言うのを横目で見て、

「いったま~っす」って。

ついこの前までは、
待つことが出来ずにフライングしまくりだったのに。

なんだか毎日はやく帰ってきちゃいたくなります。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

チャンスの神様

昨日から今朝は関東でも雪か?と言われてましたが、
大丈夫でしたね。

この土日はセンター試験が行なわれましたが、
この季節になると、
自分自身の大学受験を思い出します。

ボクは小学校から高校まで、
塾や受験といったモノにはホントに縁がなく(むしろ避け)、
特に高校時代は、受験勉強とは無縁の学校だったということもありますが、
なにより野球一色の生活だったので、
高3最後の夏の大会が終わっても、
「う~ん、受験ねえ・・・」と完全に無関心状態でした。

無関心というより、
野球部主将だったという立場にあぐらをかいてたんです。

“『指定校推薦枠』があるから大丈夫だろう”

と。

ところがところが、
やはりこういう人間にチャンスの神様は微笑まないのですね。

まさに前代未聞、
『指定校推薦』での受験でありながら、
ボクは不合格を通知されてしまうのです。

その後、
職員室には連日のように呼び出され、
「ナニをやらかしたんだっ!?」と詰問されるは、
それはそれは大騒動でした。

それはそうです。
ボク個人で終わる話じゃない。

後輩達に受け継ぐべきパイプの存在が危うくなる可能性があるのですから、
これはホントに恥ずべき、責任重大な出来事です。
本当に申し訳ないことでした。

そして、
ココがボクの人生における一つの転換期となるのです。

この時、確か10月。
一般受験までは、4ヶ月あるかないかという時期です。

それまで全く受験勉強などしていなかったボクですが、
「やれるだけのコトをやってみよう」と、
受験にチャレンジする覚悟を決め、勉強を開始しました。

しかしトーゼン、
ココでもチャンスの神様は微笑みません。

微笑むどころか、
まっ・・・・たく問題が解けないのです。

結局、浪人することになりました。

そして、
この浪人した一年間が今のボクを支えています。

あんなに一つのことに集中した濃密な一年間を過ごしたことは、
後にも先にもありません。
(代ゼミ、サイコーッ!)

結果は、
第一志望は逃したものの、第二志望である明治学院へ。

そういえば、
この明学の受験日の前日にもひと騒動ありました。

新潟から上京し、
池袋に宿を取っていたんですが、
ホテルに着いてからスグに強~烈な悪寒に襲われます。

(体感的に、ですが)おそらく40度近くまで上がったでしょう。
発熱です。

ここまで浪人中の一年間、
一度も風邪を引かずに来たのに、
「ナゼにこのタイミングで!?」と、自分への怒りにも震えたコトを覚えています。

でも、
ココでようやくチャンスの神様がボクに微笑むのです。

あまりの高熱に幻聴が聞こえるほどの眠りから目覚めると、
なにか“突き抜けた感”を感じるほどスッキリしていました。

この試験直後から、
4日間寝込んだことを考えると、

「奇跡ちゃうか~」

って思ってしまうくらい。

一説によると、
この発熱があったから(誤って)問題を解けたんじゃないかと・・・。

あ゛?(笑)

あ、そうそう。
前年、「推薦枠」でも「一般枠」でも落ちてしまった某大学は、
この時も受けて受かって蹴りました。
(こんな個人的なリベンジの為に受験費を払ってくれた両親に感謝!)

まとめます。

今から思うと、
第一志望に落ちて、第二志望に受かったからこそ、
三茶のうどん屋でバイトをし、
そのバイト先で妻となる人に出会い、
妻と出会ったからこそ、
コイツがいるワケで・・・。

こんなボクでもいいのぉ~?
(コレが今日のオチだったか・・・)

ほら誰ですか?
「チャンスの神様」なんてタイトルから教訓めいた結論を期待していた方は?

ボクは「親バカ」なんですから(笑)

パパの人生は、
すべてがキミに出会う為だったんだよ、
というお話ですよ。

ごちそ~さ・・・
じゃなくて、
おそまつさまでした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

お仕事完了~

大切なセミナーも無事に終了しました。

今日もまた寒い一日でしたが、
お越し頂いた先生方、ありがとうございました。

これが良きご縁となりますよう。



ひとまず無事に終わってホッとしています。


さ~て、
次はどんなセミナーを企画しようかな~。

帰り道、
やけに渋滞してるな~と思ったら、
週末でしたね。

そりゃ週末だもん2
(渋谷駅前は人も車もいっぱいだ~)

それぞれに楽しい夜となりますように。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

寝てはおれん

まだちょっとアタマがボーっとしてますが、
なんとか回復です。

ご心配いただいた皆様に、
改めて感謝申し上げます。

なんとココロ強かったことか・・・

ホント、ありがとうございました


とにかく寝よう!と休んでた日中、
息子は仲良しのお友だちのトコに遊びに行き、
「これでもか!」とばかりに食い溜めをしてきたそうです。

なんだかウチで食わせてないみたいやんか~


帰ってきても、
心配してくれてるのか、遊び足りないのか、
(シンパイしてると言ってくれ)

「ぱぱ、まだ、ねてぅのぉ~?」

「おー。パパ風邪引いてダルいねん。
またうつったら大変やから向こう行っててな?」

「ん~。じゃぁ~、いっしょ、あそぼっかぁ?」

「いやいやいや、パパ寝させて」

「あそぶでしょ?ハーイは?」

「ハーイて・・・。んな時にパパのマネすんなや」

「んじゃぁ~、きょうは、ぱんだやょ」
(日替わり「ごっこ遊び」=昨日はパンダでした)

(人の話を聞けいっ!!)

と言い返すチカラもなく、
まどろんでいくパパなのでした・・・。

その後は、

「ごはん、できたよぉ~っ!」

って起こしてくれて嬉しかったんですけどね。

早く完全復活しなきゃ!
って感じです。




明日は大事な大事なセミナーがあるので、
今日は帰ったらソッコー休もうと思います。

準備もあと少し!頑張れ!パパ!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!サイコーの心の栄養です!

ダウンです

スミマセン

とうとうワタクシがダウンしちゃいました

ノドの痛みと、
セキと発熱です。

皆さまも、
どうかお気をつけて。


コメントを残して下さっている皆さま、
今はココまでが精一杯です。
回復次第レスさせていただきますので、なにとぞ

届かない声

ちょっとテンプを変えてみました。


家庭用インターフォン。

アレって、
てっきり外からピンポ~ン♪
ってやられた時だけ使えるもんだと思ってました。

昨日、
家に帰って部屋で着替えてる時です。

妻がボクのご飯の支度をしながら電話をしています

同時に息子がママの話してるとおりにマネし始めます。

「もしもし~」

「あ~、はい、はい、う~ん、う~ん」

「よぉしくおいぇがいま~」
(よろしくお願いしま~す)

と、なかなかの上達ぶり。
ボクは部屋で一人笑いながらその様子を聞いていました。

妻の電話は終わりましたが、
しかしタダでは止まらぬ2歳児。


「あんね~、いま、ぱぱのごぁん、つくってぅにょ~」
(あのね~、今、パパのご飯、作ってるの~)

「Rは、もぅたべたんやよぉ~」
(Rは、もう食べたんだよ~)

「だかやぁ~っ、(不明)、じゃあね~またねぇ~ばいばぁ~いっ」


ガチャッ

こんな一人芝居を何回も繰り返しクリカエ・・・、



ん?ガチャッ



まさかと思ってリビングにダッシュすると、


アイホン 乾電池式インターホン TCS-MHPアイホン 乾電池式インターホン TCS-MHP
()
不明

商品詳細を見る
(現物とは異なります(笑))



わざわざ椅子を持ってきて、
よじ登って、
受話器を取って、
耳に当てて、

しゃべってるではありませんか!

あまりのおもしろさに、

「ハハハハハッ、いいぞぉ~っ(いいのか?)
もうちょっとそのまま続けててな」

と、
ボクは廊下を玄関に向かって歩き始めました。

ドアを開けると、
スピーカーからは  が・・・。

息子よ、
キミの声はむなしく響いているぞ。

でもパパは、
誰もウチの前を通ってなくてよかったと胸を撫で下ろしているよ・・・。


というコトで、
ピンポンは鳴らさなくても話せますというお話でした(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!日々発見!

言葉のセンス

昨年の11月からこのブログを始めて、
3ヶ月目に入りました。

およそ2年前にこの「幼児教育」の世界に入るまで、
ボクは8年間に渡って新車販売の世界で営業をやっていたというコトもあり、
“言葉”に対する興味というのは非常に漠然としていました。

(クチ八丁???)

ましてや文章を“書く”なんて・・・。

それが昨年のとある時期に、
『会社の手紙』として、相当数を書く機会を与えられました。

それからというもの、
他の方々のブログを読ませていただいたり、
色々なサイトを覗いているうちに、
“言葉”というものに対する興味が急速に深まっていきました。

恥ずかしい話ですが、
実はこの世界に入るまで、
ブログはおろかPCそのものにすら触れたコトがほとんどなく、
「ワード?エクセル?なにそれ?」レベルだったもので・・・。

いやいや、変われば変わるものです。

そんなこんなで、
今では30年ほどに及ぶ“言葉”の遅れを取り戻すべく、
とにかく文章を書くチャレンジをしよう!と決めました。

昨年夏の終わり頃からですが、
「心にのこる最高の先生」エッセイコンテスト募集(関東学院大学)
「天声新語」(朝日新聞 aspara club)
などを筆頭に、各種コンテストに応募を始めました。

ト~ゼン落ちまくってますが、
これからも応募していこうと思っています。


さて、
前置きが長すぎますが、
ウチの息子にも“言葉”に関してはビックリさせられっぱなしです。

以前、
彼が話す言葉の翻訳を載せましたが、(コチラ
お気に入りのタオルケットを「あお」と呼んでいるというお話をさせていただきました。

この「あお」、
時と場合によってはママよりも頼りになる『精神安定ツール』なんですが、
昨年末、帰省する際に

「新潟には『あお』持っていけないね~」

って、ちょっとイジワル気味に話していた時のことです。

この帰省の前、つまり夏に帰省した時に、
ボクの実家にはピンク色のタオルケットがあったらしいんですが、
ボクも妻もそんなことは覚えていません。

しかし、ただ一人、
息子だけがそのコトを覚えていたのです。

この記憶力だけでもオドロキなんですが、
実際に実家について(まだ具合が悪くなる前)、
布団を引いた時、彼はこう言ったのです。

「ぴんくのあお」

ボクはこの時、
(親バカと、笑わば笑え(爆))
雷に打たれるほどのショック(=感動)を受けました。

彼の持っているボキャブラリーがフル稼働された瞬間だ!って・・・。

ボクは思うのです。
コレこそ「言葉のセンス」であると。

だから今までよりも更にもっと、
多くの方の文章に触れていこう!と思いました。

なにも天性のモノに対抗するワケではないし、
今さら天性のモノが目覚めるワケもないんですが、
より多くの言葉に触れることで、このセンスが鍛えられないかなと・・・。

そんなことを日々考えています。
実に個人的なコトですが、ね。


最後に、
脱力したい時に(って毎日じゃん)覗きに行くトコのご紹介です。

らばQという、
よくぞココまで拾ってきました!と感心するニュースサイト(?)なんですが、
全体的にかなりボク好みな記事が多い中で、特にコレ

(2007年9月18日版)、
できる限り簡潔な文でショートストーリーを作りなさい。ただし、文中に以下の3つの要素を盛り込むこと

1.Religion(宗教)
2.Sexuality(性)
3.Mystery(ミステリー)


という問いに対して、唯一『A+』を獲った回答が載っています。(コチラへ


ちょっとシモが入ってはいますが、
この「センス」、憧れます。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

あっちゅーまの3連休

連休というのは、
終わってしまうと一瞬ですね。

今日も特に寒かったですが、
「おりゃっ」と気合を入れて外に行きました。
(新潟生まれのクセに極度の寒がりなもので・・・)

午前中は、
息子とママだけでフリマに行ったのですが、
いいモノがなくてスグに帰ってきました。
(持っていないプラレールがあったそうなんですが、
フリマではあり得ない高価設定だったのでやめたそうです)

帰ってきた息子は、
鼻水と涙目

「さみかったぁ~」

じゃぁってんで、
午後は完全装備で。

あ~!でも手袋わすれた~!!
(帽子ギライをおだてておだてて・・・)

ウチはボクも妻もコーヒー好きなんですが、
行きつけのコーヒー豆屋さんに豆を買いに行きました。
(来週セールなので、今日は一種類だけ

帰ってからお風呂であったまって、
ご飯を食べて、
(昼寝がなかったから)ちょっとグズって、

「ひとぃでねぅ~」

と、今日もひとりでお利口に寝ました。

この3日間、
気がつけば朝起きてから夜寝るまで、
息子はホントによくしゃべってました。

今までは風邪を引くと、
治ったときの体力が風邪を引く前よりアップしていることが多くて、
ボクらはそれを見て「サイヤ人」って呼んでたんですが、
今回はそのアップ度が『言葉』に出た感じです。

いわゆる「ごっこ遊び」も始まって、
一気に言葉と行動が一致してきたなぁ~って。

おもしろいですね~、子どもって。
ドコに“成長”っていう変化が現れるのかが予測不能で。

でも、またまた彼のおかげで笑って過ごせました。

なんだかダラダラと長く書いちゃいましたが、
また明日から頑張れそうです。

しばらく寒さが続くそうなのでイヤですが・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!この冬一番の寒さも元気に乗り越えられますように!

初!ららぽーと横浜

はじめて遊びに来ました。

ピースのつもりがパ~
(トーマス木製レールの前で順番待ち)


広いですね~。
王子の体力が続く限り回ろうと思いま~す。


その為にも腹ごしらえ

おそばを食べて「にぃ~っ」と笑顔
(おそば大好き~)

完全に食欲も戻りました。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

「ぱぱ」と呼びなさい!

ガチャッ

「ただいま~」

「あっ、かにくぇ~ん、かえってきたっ」
(あっ、かにクレーン、帰ってきたっ)


トミカ No.63 前田製作所 かにクレーン (箱)トミカ No.63 前田製作所 かにクレーン (箱)
(2007/08/19)
不明

商品詳細を見る



えぇえぇ、
カワイイお坊ちゃまの為に買ってきてやりましたとも。


「パパ様」がね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!かにに負けたパパに愛の応援を!(涙)

池袋からお伝えします

バスがジャマしてるけれどもジュンク堂前です
(待ってろよ本たち!)

諸用で池袋に来ています。

ジュンク堂で、
山のように買いたくなる衝動を抑えて、
小説三冊を買いました。

あ~
もっと見ていたいっ。

この後は新宿に向かいます

パパが欲しいモノ・・・?

昨日ようやくママと外出したそうです。

「へぇ~。今日お外行ったの?」

「おしょと、いったの、ままと」

「おー良かったな~。自転車で行ったの?」

「じてぃんしゃ、んー、いってなぃ」

「へ!?歩いたの!?」

「あゆぃてなぃ、じてぃんしゃ、いったの」

「どっちやねんっ」


・・・最近こんなんばっかですわ。

とまぁ、
お正月を完全に棒に振ってしまったので、
今年初!のお買い物デーとなりました。

せっかくだから、
いただいた“お年玉”を使ったお買い物体験です。

ちなみに我が家としては、
今年はまだお年玉としてはあげずに、
何かをプレゼントしてあげようと決めていたので、
ママからはお財布(カレーパンマン)を買ってあげたそうです。

んで王子が選んだのはコレ。

トミカ No.57 日産ディーゼル クオン タンクローリー (サック箱)トミカ No.57 日産ディーゼル クオン タンクローリー (サック箱)
(2006/05/20)
不明

商品詳細を見る
(し、シブい・・・)


「おー!ピッカピカじゃん。ちょっと貸して?」

「だめぇ~っ」

(×3 くらい)

とやりあってる傍で、

「ほら、パパに何て言うんだっけ?」

と、ママがしきりに息子にナニかを言わせようとしています。

どうやら
「(ママはお財布だけど)パパはナニ買ってくれんの?」
って言わせようとしてるみたいです。

すると王子は、

「んー、ぱぱ、なに、ほしぃ~のぉ~?」

だって

「ん?パパ?パパね~、大っきぃ~ テレビが欲しいな~」

って言っておきました。

楽しみに待ってるぞっ。(オイオイ)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!



結局ボクからは

トミカ No.63 前田製作所 かにクレーン (箱)トミカ No.63 前田製作所 かにクレーン (箱)
(2007/08/19)
不明

商品詳細を見る


をプレゼントすることになりました。

笑顔の素

息子はお陰さまでだいぶ本調子に近付いてきました。

昨日は帰ると、
まだ玄関ダッシュはないものの、
リビングのドアを開けた瞬間に、

「ぱぱ、ばいばぁ~い」

と、してやったりの笑顔とともに廊下に押し出されてしまいました。

ね?だ~いぶ本調子でしょ?

まだほんのチョットのコトで泣き出す“打たれ弱さ”はあるものの、
ようやく笑顔が戻ってきました。

と同時に、ボクの笑顔も戻ってきた瞬間を実感しました。
(ママはまだ鼻づまりに苦しんでますが・・・)

小っちゃいくせに大っきい存在

・・・ありがたいです。

タテマエの部分では、
「子どもが苦しんでる時ほど親がしっかりリードせな」
って思うんですが、やっぱりどこかで
“子どもの苦しさに巻き込まれ振り回されてる”自分がいるんですよね。

あらためて、
親にならせてもらっているコトを感謝するとともに、
親としての成長を誓う日でした。

それでも寝る時は、
前の日同様

「ひとぃでねぅ~」

と一人で眠りにつきました。

コレを自立心の芽生えと捉えていいのかどうなのか・・・?
なんだか親としては少し寂しさも感じますが・・・。

そんなこんなで今朝、

「おしぇんたく、すぅ~」
(お洗濯、する~)

という気持ちの表れなんでしょうが、

部屋片してないのバレるやんっ!
(我が家ではコレは決してお手伝いとは呼びません)

もぅカンペキ!
かな・・・?




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

フキゲン大魔王

昨日、
年明け初仕事を終えて家に帰ると、

「もう寝たよ」

という妻の声が。

やっぱりまだ本調子じゃないのかな、
と思っていたら、

「ひとぃでねぅ~」
(ひとりで寝る~)

と言って、ママの添い寝を断って寝たんだそうです。

そう、
熱が下がってからのこの三日間、
とにかくフキゲン極まりない状態が続いています。

苦しかった記憶なのか、
思い通りにカラダが動かないもどかしさなのか、
小さいながらにストレスを感じているのでしょう・・・。

ボクとしたら、帰宅時の
全力「おかえぃ~!」ダッシュ復活を願うのですが、
そこは2歳児。
なんだかんだ言ったって、まだ2歳児。

歩くのだって喋るのだって寝るのだって体力がいるんですよね。

そこを分かってあげなイカンなぁ~と自分に言い聞かせました。

よしっ!ということで、
せめて朝起きた時に喜ばせてやろうと

もはや親のほうが楽しんでる!
(「きかんしゃトーマス」カプセルプラレール)

夏ぐらいからコツコツと集めたモノで組み立てました。


さて今朝の結果は・・・、

5秒で破壊です。

しかも笑顔で・・・。

チガウ・・・、チガウぞ息子よ。
パパが見たかったのはその笑顔じゃないんだ・・・。

でも、
ホント嬉しそうだったなぁ~。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

アタマがついてこない・・・

仕事始めです!

朝から会議が続き、
アタマがボーッとしています。

この休暇中は息子が寝込んでしまい、
(大したコトはしていませんが)あまり休んだ気がしないのですが、
やっぱりアタマもカラダもナマってたということですね。

あ、会議ギライは今に始まったことじゃないか・・・。

おっと!


え~今年は、
mada式『三ヵ年計画』の二年目。

営業と一緒に、
はたまた時には単独で、
“幼児期からの学ぶキッカケ作り”について
保護者の方々に直接お話をしていく機会を増やしていくつもりです。

ゆくゆくは、
全国を飛び回って伝えていけたらいいなと考えています。
(↑次期『三ヵ年計画』ってトコですかね。)

このブログにおいても、
親バカという基本スタンスは変わらないと思いますが、
何らかの形で子育てや幼児に携わる方々にとって、
役に立つ情報をどんどん発信していきたいと思っています。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

長かったです…

よ~やく息子の熱が引きました。

大晦日からですから丸6日間。
長かった…。

もちろん一番苦しかったのは彼自身ですが、
小さい体で苦しむ姿を見るのはツラかったです。

この間にコメントを下さった皆様、
ありがとうございました。
また、
この間はなかなか皆さんの記事にお邪魔できなくてスミマセンでした。

明日は休暇最終日。
(しゃ~ないけど、なんもできひんかった)
外に出るのはキビシーですが、
ナニしよっかな~。

なんか
「掃除してっ」
って声が聞こえてきましたが…。

今日のボクは怒っています

今日はお正月気分も抜け切らない日ですが、
ええかげんにせえよ郵便局!
ゆう怒りのお話になっています。

が、その前に・・・。

何とか実家から帰ってきました。
もう1~2日様子を見ようかという選択肢もありましたが、
やはり息子本人の慣れた環境に戻す方が良いだろうということで、
移動途中は辛かったと思いますが帰ってくることにしました。

ココにご心配をおかけした皆様、
このブログのみならず温かいお言葉をいただいた方々に御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


さて家に着いてポストを開けると、
そこには入っていました年賀状。

しかし・・・。

この年賀状、
ど~見てもありえないくらい束が厚い・・・。

ど~考えてもウチにはこんなに友達はいない・・・ハズ。

それもそのはず。

出てくる出てくる。
同じマンションに住む方たち宛ての年賀状がゴッソリと!

(なんやコレ?ウチらに仕分けて配達せえ言うとんのか?)

との思いを抱えて早速管轄の郵便局へ電話を掛けました。

「はい。こちら○○郵送係(←だったと思います。)でございます。」

「あの~、かくかくしかじかで、こういう状態で年賀状が届いてるんですが?」

「あ!では『配送課』にお電話おつなぎ致します。」

♪~(保留音)

(なんやねん。肝心の一言も無いまんまつなぐんか。)

「はい。お電話変わりました、配送課ですが。」

「あの~、△△に住んでる者ですが、
かくかくしかじかで、こういう状態で年賀状が届いてるんですが?」

「あら~っ、どうしてそういうことになってしまったのかしら?おかしいですね~。
詳しいご住所教えていただけますか?」

again)

「『おかしいですね』やなくて、まずは詫びるのが先ちゃいますか?
最初に電話取次いだ人といいアナタといい・・・」

と、この電話に出た50代と思しき女性は、
しばらくボクのやんちゃな言葉を聞く破目になってしまうのです。

結局「大至急」配達員を寄越してもらうこととなり、
約束どおり5分ほどでバイトさんでしょう、
男性の方が取りに来てくれました。

(ええか?アンタが配ったかどうかは知らん。
でもな、このマンションはまだ小学生とか、園児とか、
小さい子たちがいっぱい住んでんねん。な?
そういう子ぉたちにしてみたら、年賀状いうんは正月のささやかな楽しみの一つや。
な?わかるか?アンタも昔はそうやったやろ?
その子ぉたちの気持ちを考えたってくれんか?
正月3日過ぎても一枚も年賀状が来てへん子ぉがどんな思いでいると思う?
たまたまウチらが今日、田舎から帰ってきて気づいたからいいようなものを、
これが5日や6日になってからの話やったら、アンタらどないして責任取んねん?)


という思いを込めて、

「アナタにしたら、
『損な役回り』と思ってるかもしれないから申し訳ないけど、
アナタが責任もって仕分けし直して、大至急届けてくれるか?」

と、極力感情を抑えて6~70枚の束を渡しました。
が、部屋の中で聞いていた妻は、

「(子どもに聞かせられないくらい)言葉が怖かった」

そうです。

仕分けた人なのか配達した人なのかは分かりませんが、
この思いやりも気配りも、そしてヤル気のカケラも無い束を見たら、
とってもとっても悲しくなりました。

そして、電話口で真っ先に出た責任逃れの言葉も。

日本中に同じ思いをした人がいないことを祈りますが、
ここのところ毎年、年賀状にまつわるつまらないニュースが多いですよね?

それでいいのか民間会社さんよ?
そんな程度のサービス精神で今の世の中生き残ろうなんて、
あまりにも甘すぎやしないか?

と言いたくもなるわけです。

何も特別な感動やサービスを求めてるワケじゃない。
当たり前のことを当たり前にやってほしいだけなのですから。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!今年もどうぞよろしくお願い致します!

峠は昨晩

結局38.6℃まで熱が上がりました。

食欲もなく、
最後の砦だったアイスも、
病院でもらった抗生物質を混ぜて食べさせていましたが、
やはり苦味がヤだったか、3度目からまったく食べたがらず・・・。

水分も取りたがらないので心配しましたが、
今朝、明け方近くにようやく自力でお茶を飲みました。

お昼になってから、
じぃじとばぁばが買ってきてくれたイチゴをヨーグルトに混ぜたら完食。

まだまだ小さくしたモノしかあげられませんが、
徐々に回復傾向です。

明日には新潟を離れ、
家に戻る予定ですが、大丈夫かなぁ・・・?

結果的に寝正月となりましたが、
夜中も寝たり起きたりで、あんまり休んだ気がしない・・・。

でも子どもの元気が一番ですね。

食べて飲んで寝る

これが生きる基本だと改めて感じた正月でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。