>>
  1. 無料アクセス解析

2008-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月に読んだ小説

2回目となりました、
超!私的備忘録。

今月に読んだ本たちはコレです。


ためらいもイエス (文春文庫 や 40-1) (山 マキコ)
たま~にあるコトなんですが、
本屋でボクを「呼んでいた」本です。
え?分からないですって?(笑)
えっと、
表紙なのかタイトルなのかは定かではないんですが、
ボクに「買って?」って呼びかけてるような錯覚を起こす本に出会うコトがあるんです。
仕事に生きる女性の前に現れたオトコ達。
仕事?オトコ?(結婚?)
ありきたりなテーマなりに軽妙で読みやすかったです。


さらわれたい女 (角川文庫) (歌野 昌午)
「私を誘拐してください」
世のダンナさん方、
奥様ににこんなコト言わせちゃいけませんよ(笑)
それは冗談として、
最初は「狂言」だった誘拐が殺人事件に・・・。
ラストはチョット好みではありませんが、
読んでる途中はグイグイといけました。


世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫) (歌野 昌午)
「葉桜の季節~」以来、
すっかりハマってしまった歌野ワールドです(笑)
人間の想像力というのは、
ココまで考えてしまうものなのですね。
ストーリー云々よりも歌野さんの想像能力に脱帽!です。
ただ歌野作品の唯一引っかかる点は、
ラストを無理やり希望に向かって進むようなスタイルにしちゃうこと・・・。
暗いまんま終わってもいいような気がしました。


インシテミル (米澤 穂信)
いわゆる「館モノ」の密室トリックを解き明かすミステリーです。
色んなトコで大絶賛されてたので、
前々から読みたいなぁ~と思っていたのをようやく読みました。
ところで皆さんは「ミステリー」と「サスペンス」の違いはご存知ですか?
「ミステリー」はラストにかけて犯人が明かされていく物語で、
「サスペンス」は冒頭で犯人が分かる(明かされる)んだけど、
動機やトリックやらが後半にかけて明かされる物語なんですって。
だから「コロンボ」や「古畑任三郎」は「サスペンス」なんですな。


子猫の涙~ひとりのボクサーと娘の物語 (竹書房文庫) (森岡 利行)
いや~泣けました。
ボクシングをこよなく愛するボクは一気読みでした。
(色んなモノを愛しちゃってるボクですが、
ボクシングは常に自分のイチバンです。)
現在「日本人最後」のボクシングでのオリンピックメダリストの物語です。
「三丁目」もいいけど、
ボクにとっての「昭和」はこういうニオイですわ。
大阪(西成)の方なんですが、
関西にお住まいの方はボクシングの好き嫌い問わずオススメですよ。


噂 (新潮文庫) (荻原 浩)
ショ~ジキ荻原作品は「もぅいっか」って思ってたんですが、
ミステリーとしての評価がケッコー高い作品というコトで読んでみました。
いや~、おもしろかったです(笑)
ある商品の販売戦略である「クチコミ」が引き起こす事件・・・。
ゾクッときます。


モルヒネ (祥伝社文庫) (安達 千夏)
「うずくまって泣きました」
前々から気にはなっていた「手書きポップ」の元祖ともいえるこの言葉。
ようやく読まれる順番が回ってきました。
文体が「ドコが会話で、ドコが内なる自分との対話なの?」
って分かりづらい部分はありますが、
読後はまるで映画を見終えたような感じ。
妙にココロに残る物語でした。


償い (幻冬舎文庫) (矢口 敦子)
プロローグから第一章にかけての段階でのめり込みました。
この作品を読む前にもっと何冊かの矢口作品を読んでおけば、
もっとのめり込めたかもしれない・・・。
そう思ってしまうくらいこの方に惚れ込んでしまいそうです。
あえて言えば、
ミステリーというジャンルで括る必要はないと個人的には思うんですが・・・。


う~ん、
今月も先月に引き続き8冊ですか・・・。

うん。
いいペースです。

(ちなみに先月のはコチラ

あえてランキングをつけるとすれば、
2月終了現在のトップは、

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


コノ作品を上回る本との出会いはあるのか?
楽しみです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

失神のちホラー(?)

元気満タンで帰った昨日、
やはり(笑)ボク以上の元気オトコが出迎えてくれました。

ダダダダダッ

「ぱぱだぁ~っ!おかえぃ~っ!!」

「おー、ただいま~」

「あぃえ~?おかしはぁ~?」
(あれ~?お菓子はぁ~?)

「ないけど、ゴソゴソ(カバンを開けて)コレあげる」

「わーっ!ぱぱ、あぃがとっ」

んぐんぐんぐんぐ
さっちんさん、『数量限定』がなかったょ・・・


ビタミンウォーターの飲みかけなんですが、
“カバンから出てきたモノ”ってトコが喜ぶミソですわ(笑)


「あんまり一気に飲むなよ?」

「ごくごく・・・。あぁ~~っ!」(オヤジ風)

「あぁ~~~、て(苦笑)」

んぐぐぐ
(まだまだ飲むよぉ~っ)


大した量は残ってなかったんですけどね。
一気に飲み干して・・・

あまりにウマくてさ・・・
(お、おいしすぎて失神しちゃった・・・)


そんな芸まで・・・。


で、
リビングに戻ると、
ナゼかトーマスのビデオを持ってキッチンの方までウロウロ・・・。

(ココからは怖いモノが苦手な方は読まないほうがいいかもです・・・)

「ナニしてんの?」

「ん?ぷっぷぅのおかーさん、きてぅの」
(ん?ぷっぷるのお母さん、来てるの)

※ぷっぷる = ヤマハ音楽教室のリンゴをモチーフにしたキャラクター

「へ?ぷっぷるってお母さんいるの?」

「うん、いま、きてぅの」

「ドコに?」

「あっち~」

と、キッチンを指差してます。

ま、まさか息子よ・・・。
オマエには『見える』のか・・・?

ってか、
見えたとこでなんで「ぷっぷるのお母さん」なんだ?


「へ~、アッチにいるんだ。それでビデオ見せてあげてんの?」

「うん、みせてあげてぅの」

「じゃーさ、ちゃんとご挨拶しといでよ。名前と何歳かって」

たたたたっ

「まぃえぁ Rです。にさいです」
(mada R です。二歳です)

「『よろしくお願いします』って言いな?」

「・・・・・・」


突然息子は黙っちゃいました・・・。


「ん?どした?」

「ぼく、まだちいさいかゃぁ~、いえないよ」
(ボク、まだ小さいから~、言えないよ)

「そっか~(笑)まだムズカシイか~」

「うん、よーちえん、いったゃ~、いえぅよ」
(うん、幼稚園、行ったら~、言えるよ)


ぜんっぜん怖くないんですよ、ホントはね(笑)
でもちゃんと『オチ』たでしょ?(笑)

結局一日の最後は、
息子クンに元気をもらった(奪われた?)パパなのでした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

tokyo

もうこんな時間になっちゃいました。

今日は丸一日働きました。
(え?普段は?(笑))

正確には、
丸一日『外で』働きました。


昨日は前日とうって変わって、
息子は昼寝なしで突っ走ったらしく、
帰った時にはすでに寝顔でした。

しかも今朝は、
「えほん、よんでぅのぉっ!
(なんでキレぎみやねん?)
ってお見送りもしてくれなくて・・・

なので傷心のまま家を出たんですが(ウソつけ!(笑))、
「おしごと」でまた子ども達からパワーをたっぷりもらってきました

ふっふっふっふ・・・
息子よ・・・、
今日のパパはフル充電でスンゴいぞ・・・

覚悟(笑)

ってことで、
まだ帰れないんですけどね・・・(涙)


今日は皆さんに、
帰り道に車から撮った写真を。

ホントは東京タワーも撮りたかったんですが、
位置と体勢が合わなくてですね・・・。


ヒルズ遠景
(六本木ヒルズが見えてきました)


真下から!

ヒルズ見上げ
(てっぺん切れても~た~

早く帰りたいなぁ~。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ハダカのつきあい

昨日は午後4時からなんと!
7時半まで昼寝をしたそうで思いっきりリズムが崩れました。

ま、おかげでヘンな時間に一緒にお風呂に入れましたけどね。

お風呂には多少のおもちゃはあるものの、
貴重なおしゃべりタイムの場でもあるのでパパは楽しみなのです。

これまでにも、
「おっ!いつの間にそんな言葉覚えたんだ!?」
っていう嬉しい発見がお風呂の中では多かったんですが、
昨日もまた『名言』が生まれました。

話題は先日の“消防車に乗った”話。

やっぱりアノ体験は相当嬉しかったようで、
「しょーぼーしゃ、のったなっ」(タメ口 ← 別にいいじゃん(笑))
なんて言いながら再び思い出に浸ってました。

そこでvickyさんにコメントしていただいた時のように、
「なぁ、大っきくなったら消防士さんになりたい?」って聞いてみました。
(その時は「はしご車になる」って答えたんですけど・・・)

そしたら昨日の答えは、

「ひこーしになぅ」(飛行機になる)

「はははっ!飛行機かぁ!ずいぶん大っきいじゃん。
んじゃ、飛行機になってナニすんの?」

って聞いたら、

「こあぁのまーち、かってくぅの」
(コアラのマーチ、買ってくるの)

だって(笑)
カワイイ(アホ(笑))でしょ?

まぁ多分コレは、
コノ前のボクの兄貴の結婚式で、
おじいちゃんとおばあちゃんが飛行機でオーストラリアに行って、
そのお土産の中に「コアラの形したチョコ」があったコトがリンクしたんでしょう。

そんな断片的な記憶と自分の欲しいモノが、
彼の脳の中でくっついた瞬間だったんでしょうね(笑)

そこでパパ!

可愛さついでに、
彼が喜ぶと思って(っていうか前にやった時は喜んだので)
湯船の中でカラダを前後にスライドさせて、
「つなみぃ~っ(津波)」と言いながら波を起こしました(バカでしょ?)

そしたら、
またひとつ進化してましたよ。

喜ぶどころか怖かったようなんですが、

「やだ!やだ!」って言った後に、

「ぱぱ、やぃすぎっ!」(パパ、やりすぎっ!)

って言いながらデコをバシッと張られちゃいました

そんなコトも言えるようになったのね・・・
と、痛くも喜んだパパなのでした

皆さんもお風呂の中での悪フザケは控えましょうね。
(誰もそんなコトしないって?)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

傾向と対策

春が待ち遠しい今日この頃。

「春一番」が吹いたとはいえ、
昨日も、そして今日もまだ冷えますね~。

昨日は晴れてましたがまだ風が強かったので、
車でスーパーにお買い物に行っただけでした。

チャイルドシート坊主
(オイラをシバりつけるな~)

な~んて暴れたがるヤンチャくちゃも、
人がいっぱいのスーパーでは

ショッピングカート坊主
(「だっこ~」もしくは「カート」の中でおとなしく)

まだまだカワイイもんです(笑)


ということで、
オウチでじっくりと遊ばざるを得ない(イヤなのか?(笑))日曜日となりました。

先日の「ぱぱ、いななぁ~い」(パパ、いらな~い)
の一件以来、
ボクは家では沈みがちなんですが(ウソですよ(笑))、
最近はどういう時に「いななぁ~い」が出るのかが分かってきたので、
今日はその「対策」についてお話します。


くっだらね~(笑)


(おやすみの時)

「おっ、もう寝る?じゃ~パパと一緒に寝る?」

「ひとぃでねぅ」(一人で寝る)

「一人で寝るの?な~んだよテレるなよ~。パパのこと好きだろ?」

「ままがすきぃ~」

「ママ好きなの?パパは?」

「ぱぱ、いななぁ~い」


コレだといつもの「撃沈」パターンなので、
寝る時はパパ諦めました(笑)


(おやつの時)

「ぱぱ、なにたべてぅのぉ~?」(パパ、なに食べてるのぉ~?)

「ん?パパ、おせんべい食べてるの」

「Rもたべぅ~」

「ヤーだよぉ~ だってパパのこといらないんだろ?」

「ん?(そんなコト言ったっけ?みたいな顔)」

「なに?おせんべい食べたいの?」

「おせんべー、たべぅ~」(上目遣い)

「ふ~ん、パパのこと好き?」

「ぱぱ、すきぃ~」


カンペキです(笑)


くだらなくてスミマセン(笑)
最近チョット真面目なお話が多かったので、
もとに戻ってみました(笑)

これじゃ「親バカ」じゃなくて、
ただの「バカ親」ですね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

暴風襲来!

たっぷり寝て目覚めた土曜日の朝。

朝風呂に入って(は~幸せ
お昼を食べてから出かけました。


「よーし!今日も公園行くかー」

「こーえん、いきなーい」

「あ?」


また半笑いを浮かべてやがります。


「パパの車で行くよ?」

「ぱぱのくぅま、とよたのくぅま?」

「そーよ、Rの好きなトヨタやん」

「う~ん、R、あうでぃ(audi)がいいっ」

「じゃーヨソんちの子になれ」

などといつもの(いつもかいっ!?)軽口を叩きあいながら、
まずは注文した品を取りに電気屋さんへ

その後、
先週・・・じゃない、
え?もう2週間も経ってたっけ?
って時の流れにビックリなんですが、
2週間前に来た公園に着きました。

行くぜ
(3、2、1・・・)


今日は午前中は太陽も出ていいお天気だったんですが、
ど~にも雲行きがアヤシくなってきています。


「雨降ってくるかもな」

「あめ、ふぅの?」

「うん、なんか雲が出てきたよ」


なんて言いながらも、
夢中になって何回も滑り台を滑り降ります。

それそれ~
(ぱぱもおいでよぉ~)


そして、
何回目かの滑り台を登ったとき・・・、

ホントに突然!
「竜巻」でも起こったか?という強風、いや暴風が・・・!

公園内を暴風と共に砂嵐が巻き起こります。
(あまりにも突然で写真がない・・・)

目やら口やら鼻やら耳やら、
顔中の孔に砂が飛び込んできます。


「うわっ、うわっ、こわい~!こわい~!


と見ると、
滑り台のてっぺんで息子がパニックに・・・


「大丈夫。抱っこしてやるからコッチおいで」


と何とか助けあげると、
一目散に車へ

まるで黄砂
(空全体が茶色いんです)


写真だと分かりづらいんですが、
もうホントに空が一面「茶色」

こんな色の空は初めて見ました。

結局雨は降らなかったんですが、
風はなかなか止みませんでした。

気圧なのかなんなのか、
「急変」ってのはこういうコトを指す言葉なんだなと感じた日でした。

明日からはまた寒いようですね。
気温の変化にも人の体は弱いですから、
気をつけましょうね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

昨日と今日

昨日はなんだか気分が良くて、
仕事帰りに「飲めもしない(笑)」ビールを買って飲んだら、
気がついたら寝てました(笑)

確か息子とミニカーで遊んでたハズなんだけど、
記憶が・・・(汗)

(今朝)あれ?もう朝?
みたいな・・・(笑)

「ウマいなぁ~」とは思うんだけど、
ホントに弱い


昨日はまたいい写真が撮れたみたいなので、
皆さんに紹介してから寝るつもりだったのに・・・。


だから一日遅れですけど見てくださいね。

登れ登れ~
(カメラ目線で登れるくらいヨユーかましてみました)


広~い公園らしいんですが、
遊ぶ範囲は『限定』(笑)

お気に入りの滑り台を何回も滑って、
しまいには

自然派ドラマー
(わん、つー、しー、ほー)


今日もコチラはいい天気

午後からはパパと公園だ!!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

新型車登場!

昨日は暖かかったですね~

少ーしずつ春が近付いてきているようで、
ウチの子も外遊びをしたがる時間が増えてきているようです。
(まぁ親のせいもあるんでしょうが、寒いと出不精になってですね・・・)

そんな昨日、
またいい~写メが届きました。

その前に皆さんは、
「道路清掃車」ってご存知ですか?

大っきいブラシがついた車で、
文字通り道路上のゴミや汚れを水を出しながらキレイにする車です。

なんてマニアックな・・・(笑)

道路清掃車
(コンタクトを落としたワケじゃありません)

よーく見てください。

手前に跡がついてるでしょ?

枯山水みたいな砂紋が・・・(笑)

これが、
「道路清掃車」のブラシの跡なんですって。

で驚くことに、
この動きを含めて実に2時間近く遊んでたそうです。

フツーに立って歩くより疲れるだろ・・・。

いや~子どもの体力に改めて脱帽!です。

そうしてると、
ブーンと何かの音が・・・。

服キタネ~
(あ、ヒコーキだ!)

お天気を満喫!ですね。
砂も全身に満タン溜めて帰ったそうです。



風呂の中が真っ黒になっててビックリでした(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ムチャ旅 -その3-(最終回)

my little red book
(この前の福島『歩』旅行と今回の旅行記が記されたノートです)


ムチャ旅の最終回となる今回は、
『モンゴルひとり旅』です。

お友だちの出海さんもモンゴルには縁があって、
そのお話を聞いたら「よーしオレも書いちゃお」って思って・・・。

そもそもナゼ「モンゴル」なのか?
というと、
小学5年生の時に見たテレビ(NHKスペシャルだったような)の影響でした。

もう理屈じゃないんですね。
テレビに映された大草原の風景を見た瞬間に、

「オレはココに行かなくちゃいけない」

って、それはそれは強く思ったのです。

その瞬間から、
「モンゴルに行く」というコトが、
ボクにとっての最大の夢になりました。

しかし、
如何せん当時はまだ小学5年生。

結果的に夢が叶う23歳の夏まで、
その夢を胸に抱えた生活が続きました。

とはいえ、
ボクもそこらの兄ちゃんとなんら変わりなく、
いい服を着て、
いいモノを身につけて、
いい姉ちゃんを連れて歩きたいと願ういちオトコ。

時にはこの夢を忘れ、
モノの豊かさを求める時期もありました。

大学に入り、
ホントはモンゴル語を学べれば一番良かったんですが、
残念ながらありません。(専攻は英文科でしたが)

でもロシア語はありました。

モンゴル語に使用されているのは「ロシアンアルファベット」なんです。
(ね?出海センセ?)

再び夢にスイッチが入りました。

そしていよいよ大学生活最後の夏、
全ての準備が整ったボクはモンゴルへ向かいます。

上の写真の赤い手帳に記した当時の日記です。

’97,8,7
「夢がかなう時」

とうとう俺のこれまでの人生における最大・最高の夢がかなう時が確実に近付いている。今、北京の天橋賓館830号室でこれを書いている。時間はこちらでPM 10:30。日本はPM 11:30だ。
そして明日、俺の夢がかなう。モンゴルだ。
何故モンゴルなのか?そんなことはどうでもいい。夢がかなう、そのことがどうしようもないくらい心拍数をあげている。
夢なんてかなっちまえばただの現実だ。それはわかっているけど、たまらない。
「予行」とした福島歩行から丸2年。昨年の時点で一度あきらめかけた夢をようやくかなえる時がきた。
でもなんかあっさりとここまできた感じがする。金もたまって申し込んで、そして今、手前の北京にいる。しかも一人で。
ちょっと前なら考えられないね。一人で外に出るなんて。でも確実に今、俺はここにいる。
全く言葉もわからない。でも溶け込んでる気がする。不思議なくらい孤独感がない。驚くくらい不安感がない。どうしようもないくらいの期待感が俺の中にある。
明日、俺の夢はかなってしまう。
何があっても驚かないし、今は静かにカウントダウンをしよう。
夢が現実となる瞬間をしっかりと確実に自覚できるように。
そしてモンゴルの地に両足でしっかりとかみついてやろう。
夢じゃなくなるんだから。


クッサイなぁ~(笑)
でも本気だったですね。

そしていよいよ、
モンゴルの地に降り立ちます。

ガイドさんと運転手さんを見つけ、
この二人にボクの10日間は委ねられました。

基本的に遊牧民のゲルを回り、
家族のお手伝いをしながら泊めてもらう生活のスタートです。

モンゴルにて その1
(若っ!)

モンゴルにて その2
(馬に乗って犬と戯れてます)

カルパック
((車の)タイヤはモンゴル語で「カルパック」って言うんだよ、みたいなコトが書いてあります)

日中は40℃近い草原も、
夜になると体感的にはマイナスじゃないか?って思うくらい。

夜10時くらいまでは明るい草原での夜は、
片時も酒が手放せません。

ちなみにボクは酒飲めません(笑)
ビールをグラス一杯で空飛べちゃうくらい・・・。

でも飲まなきゃ凍え死んじゃうんじゃないか?ってくらいに寒い。

もうね、
生きるために飲みましたよ(笑)
ウォッカを。

あとは有名な馬乳酒。

最初は頑張って飲んでましたけど、
だんだんとあのニオイがガマンできなくなって・・・。

スイカが腐ったっぽいニオイなんです。
(好きな方がいたらゴメンナサイ)

そのかわり全天の星空には言葉を失いました。
その星空の下、
延々と歌いながら語らいながら過ごす夜は、
それはそれはステキな時間でした。

でもナゼでしょう?
毎朝起きると、
違うゲルで寝ているはずのガイドさん(女性)が、
必ずボクのベッドで寝てるんですよ(笑)

そして日中は、
馬に乗って家畜である羊や牛、馬などを餌場である草原に連れて行きます。

時計が全く必要ない、
ホントにゆっくり流れる時間と、
見渡す限りの草原の緑・緑・緑。

この時にボクは一つのコトを悟った気がしました。

ひと言で言えば、
「なんにもない所にこそ、いちばん大切なモノがある」ってこと。

コレ全部書いても伝えられる自信がないので書きませんけど、
間違いなく今を生きる自分の指針になっているコトです。

10日間に渡る草原での生活は、
見事にそれまでのボクの人生観を180度変えてくれました。

全くいらないワケではないけれど、
人生を豊かにしてくれるのはモノじゃないって。

このコトは、
おそらく今後の人生で忘れることはないと思います。

でも時々は思い出すために、
もう一度といわず何度でもモンゴルには行きたいです。


この数年で随分とモンゴルの暮らしは変わったようです。
市場経済の波が押し寄せ、
ボクが行った当時では考えられない「草原での交通死亡事故」も増えているそうです。

とっても可哀想なコトだけど、
でも生きるためには彼らも選択をしなくてはいけない。

そういった現実も見てきたいです。


これにて、
ココに書いていい(笑)旅行記は終わりです。

最後まで読んでいただいた方々、
ホントにありがとうございました。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

消防車に乗りました!

子どもらしいイイ写真が撮れました。

昨日のコトです。

ご近所の幼稚園の園庭開放というコトで、
園庭の砂場に穴を掘って水を流して・・・。

ブルドーザー出動!
(アタマにまで泥かぶってます)

ひぇ~
こりゃ洗濯がタイヘンだぁ~。

でもいいのです。
そんなコト気にしていてはいけません。

こういう姿を見ると、
なんでしょう・・・。
ホッとします(ボクだけですかね?)

「やっぱり子どもはこうでなくっちゃ」
って思うんですよね。

そうやって泥んこ遊びをしていると、

あ、消防車だ。

ポンプ車(ホンモノ)登場!
(わぁっ!しょーぼーしゃ、ぽんぷしゃだぁ~っ)

コレ、
実はこの近所に住んでいる子どもが、
イタズラで呼んでしまった消防車。

消防士さんに怒られているその子を脇目に、
ウチの子は大喜び。

するとその消防士さん、
今度はウチの子に向かって
「乗るかい?」

目つむってもーたー
(カメラマンは消防士さん)

またチョット怖がったらしく、
見事に目をつむって(笑)パチリ

消防士さん、ありがとう!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

決定的瞬間(クイズ付き)

昨日の続きです。

昨日の体験授業に、
「左書き」の子が一人いました。

あとでお母さんから聞いたんですが、
実はその子、
前の日の夜に「行きたくない~」って泣いてたそうです。

ずっとオウチでもお母さんが
「『右書き』にしよう」ってやっていたらしいんですが、
右で鉛筆を持った途端にポイッ!だったらしいんです。

それでもお教室に来てくれた。

それだけでホントは充分やと思うんです。
それだけで「よく来てくれたね~!ありがとう!」なんです。

ところが、
それだけで終わらないのが、
コドモノチカラ -partⅡ-(笑)

鉛筆の持ち方から始まり、
筆に持ち替えて水書き、
再び鉛筆を持ってお手本文字をなぞり、

こういったコトをひとつ出来ては誉め、
またひとつ出来ては誉め、
を繰り返してるうちに、
どんどんその子の表情が変わってきます。

何度も言いますが、
ほとんど生まれて初めて(しっかりと)右手で鉛筆を持った子が、
ですよ。

どんどんどんどん自信をつけていく様子が分かるんです。

ハッキリ言って、
授業始まりの時とは「別人」のよう。

カッコよかったです。

必ずしも「右書き」を強制するものではなく、
右で書いた方が特に日本語は書きやすいので、
というコトは以前にココでも書きました。(コチラ

たかが「読み書き」ですけど、
こういう瞬間に立ち会えるというのは、
ホントに嬉しいモンです。

子どもの素直さ、
一所懸命さ、
そして出来た時の笑顔。

もぉサイコーです(笑)


さて、
ウチの子は、といいますと・・・。

ただいま直後の決定的瞬間です。

あいかわらず笑わせるのぉ~
(ボクのカバンに頭突っ込んでます)


ではココで問題です

このアホちゃん(笑)はこの時なんと言っているでしょう?

① 「あで~(あれ~)、おかし、ないなぁ~」

② 「ぱぱ~!どこにかくぇてう(隠れてる)のぉ~!?」

③ 「くっちゃ~いっ」

正解は明日!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

コドモノチカラ

今日も午後から都内の幼稚園さんにお邪魔してきます。

ココのところ連日のように行なっている保護者さん向けの説明会に限らず、
ちょうど今の時期は新年度に向けた体験授業もあって、
年少~年中の子ども達と直接触れ合う機会も多いです。

子A : 「おじちゃん何しに来たの~?」

m : 「おじちゃんだってぇ~??

子B : 「おにいさん何やってんの?」

m :「ん?お兄ちゃんな、み~んなに会いに来たんだよ」(満面笑)


と、
子Bの頭をくしゃくしゃにするトコからスタートです(笑)

積極的に話しかけてくる子、
引っ込み思案な子、
体当たりしてくる子、
しがみついてくる子、
おとなしく席に座って本を読んでる子、

いろいろですけど、
やっぱり年中さんともなると元気さもハンパではありません。

で、
ひとつ確かなコトは、
ボクもその元気をもらえるというコト。

比べるわけではないけれど、
ウチの子がホントにかわいく(ひ弱に)見えるくらい。

自分が子育ての真っ最中に、
こういう世界で働けるということは、
ものスゴい財産になっているんだろうな~。

今日もいっぱい子ども達のパワーをもらってこようと思います。
いってきまーす。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ムチャ旅 -その2- と『間違い探し』回答

まずは、
先日の『間違い探し』の回答を。

正解は、
って言ってもほとんどの方が正解されてましたが、
“靴下の左右がチガウ”でした~♪

右足はつま先の部分までストライプなのに対し、
左足は(やや隠れてますが)くるぶしの辺りからつま先部分がソリッドなんですね。

まぁ微妙な違いですから、
自分でこの靴下をセットで持ってきた息子はエライとしておきましょう(笑)

ご回答をお寄せいただいた皆々様、
ありがとうございました~。


さて、
今日は『ムチャ旅』その2です。

“その1”同様、
親友との二人旅なんですが、
ズバリ!富士山登頂です。

言うまでもなく日本一の山。
皆さんの中にも登られた方は多いのではないでしょうか?

なのでインパクトにはやや欠けますが、
行き当たりバッタリの無計画さは“その1”同様です。
しかも日帰り。

大学3年の8月も終わりが見えてきた頃、
キッカケはやはり「どっか行かね~?」の一言。

テキトーにレンタカー借りて、
夜中の中央道を走り、
富士山スカイラインの開通時間まで車中で約2時間ほどの仮眠。

夜が明け、
富士山スカイラインの開通と共に新五合目まで。

と、
最初はココまでで帰ってくるつもりだったんです。

だって、
とてもじゃないけれど山を登るとは思えない格好。

すでに放心状態
(ほとんど手ぶら)

当時のフィルム写真を写したので分かりづらいですが、
ジーンズにスニーカーです。

山をナメてるとしか言いようがないこの格好。
でもココからが若気の至り。

「チョットだけ登山口の先だけ覗いてこね?」

だって最初はなだらかなんです。(当たり前だ)

でも気がついた頃には、
引き返すには惜しい気がしてくるトコまで来てるし・・・。

「行っちゃうか!」

「おぅ!行っちゃえ行っちゃえ!」

と、
おバカ二人はペットボトルの水だけを持って登り始めます。

当時はまだまだヘビースモーカーだったボクは、
休憩となってはスグにタバコに火をつけていたんですが、
8合目辺りからでしょうか?
ライターが点かなくなってくるんですね。

モノが燃える為には酸素が必要

う~ん、
理科で習ったコトをこんなトコで実感しました。

9合目を過ぎ、
そこからは2歩足を進めるだけで息が上がり、
頭はガンガン。

いよいよ完全なる酸欠です。
8月だってのに寒さも尋常じゃない。

恥ずかしい話、
こんなコトすら後で知ったんですが、
慣れてらっしゃる方でも山小屋泊をしながら『高地順応』するらしいですね。

どうりですれ違う登山客の方々の視線が厳しいワケだ

「ナメくさった若造が・・・」

そう言われてるようでした。

そんなこんなで、
なんとか頂上へ。

一応証拠写真を(笑)

笑ってられるのは2秒だけ
(石碑には富士山頂上浅間大社奥院って書いてあります)

コレも後で知りましたが、
富士山の高さ3,776メートルは、
『剣が峰』と呼ばれる頂の部分を指すそうで、
ボク等が辿りついたのは3,770メートル付近の富士宮登山道の終点。

え~っ!頂上でいいじゃん(笑)

実に登り始めて8時間が経過していました。

この(自称(笑))頂上での滞在時間は5分そこそこ。

ソッコー下山の開始です。

ほぼノンストップで3時間半。
文字通り新5合目までを駆け下りてきました。

これで日帰り富士登山の完成です(笑)

結論。
やっぱり富士は眺めるに限ります(笑)

今後山に登るとすれば、
息子と手をつなぎながら登れる手頃な山にしようと思います。





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

休ママ日

えっと、
こんな書き方をすると、
またパパの株が上がっちゃうのでイヤミかな~と思うんですが・・・、
(誰かこの自画自賛B型オトコを叩いて下さい(笑))


お酒を飲まない日を休肝日と言うように、
今日はママがママ業をお休みする『休ママ日』でした。

ほらまた「いいパパ」って皆様にバレてもうた・・・。

あ、
あと昨日は『間違い探し』に多数ご参加いただきまして、
本当にありがとうございます。

もったいつけるような問題ではないんですが、
回答は明日発表します。はい。


えー・・・。

『休ママ日』というからには、
『活パパ日』なワケで・・・。

まずはスーパーにお買い物。

おらおらおら~
(キミは買い物よりガチャガチャへ直行!なんだよな)


その後はスーパー隣の公園で。

ケッコー高い階段よコレ
(この階段を登ると・・・)

ん?
(ん?コレは?)

すべりが悪いぜ
(イマイチすべりが悪いぜ)

今日も親子で泥というか砂まみれになりました。

帰ってきてお昼を食べて、
その後はプラレール遊び。


へんなヤツ
(ポーズはええからプラレールで遊べや)

いや~疲れました(笑)


ママってホント大変ね~




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

の~んびりの日

昨日は、
一日中幼稚園にお邪魔して周ったせいか、
帰ったらスグに布団に直行!でした。

なんだか営業職を離れてから、
対人体力が落ちてきた気がします。

もっと外に出ねば!

なので、
せっかく頂いてたコメントへの返信も遅れ、
失礼しました。

今日は、
というか昨日から息子の体にじんましんが表れ、
午前中は念のためにと皮膚科へ行き、
午後はお買い物を兼ねてお散歩に行きました。

暖かかったお陰か、
小走りしながら元気に歩きました。

しかしその元気は、
暖かいからという理由ではなく・・・、



パパと行くと、
ガチャガチャが出来るから。

という理由だったようです(笑)

なあ?
オレたちはモノでつながってるのかい?

なーんてのは冗談ですけど、
いっぱい歩いて、
いっぱいお昼寝もしました。
(パパもね

そのお昼寝から覚めたら、
パパはパソコンへ。

そこに息子もやってきて、

パパ椅子から降りてくださーい
(トーマスのホームページ)

「ぱぱ、どいて~」

「なんでやねん、一緒に見たらええやんか」

ってことでヒザの上に。

新しい仲間たち見ようよ~
(パパ、指だけ失礼しまーす)

「ぼくもやるぅ~」

「おっ、やってみるか?」

カチカチできるよ~
(どう?じょうずでしょ?)


こ~んな感じでジャマされた一緒にやってたので、
更新がこんな時間になっちゃいました(笑)


明日も晴れるかな?



おまけ。

下の写真、
一ヶ所だけ「おかしい」トコがあります。

ちなみにコレは風呂上りの写真で、
パジャマも靴下もぜ~んぶひとりで用意して、
ひとりで着たんですよ。

(仕上げはパパですけどね(笑))

でも、
だからこその間違いがあるんです。

さあドコでしょう?

正解は明日かあさって(いいかげん(笑))発表します!

しゃかしゃかハミガキ~
(ケッコー難しいかも・・・)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ムチャ旅 -その1-

ボクの親友との思い出話です。

そいつとは大学の同じ学部で知り合ったんですが、
初対面の第一印象は、
お互いに

「コイツとだけは友だちになりたくね~な」

それが今でも
血の濃さを超えた(と勝手に思ってますけどね)
付き合いが続くんですからおもしろいもんです。

その親友であるオトコとのムチャ旅の思い出をお話します。

今日はその1

大学2年の夏のお話です。

どっちからともなく
「どっか行かね~?」の一言から始まった旅。

「ドコ行くよ?」という問題も、
日本地図を「せーの!」で開いたトコに決定。

選んだ選ばれた場所は福島県。

と、
ココまでなら全然ムチャ旅じゃない。

ボク等の旅は、
この福島のいわきから会津若松までの約150kmを歩こう!
という旅でした。

所持金1万円。
テントと寝袋で野宿。
期間は7月の終わりから8月の頭にかけての6泊7日。

今から思うと自殺行為ですね・・・。

青春18キップを持って、
上野発の始発でいわきに向かいます


いよいよ歩き始め。

で、また楽しいんですコレが。

二人ともハイテンションで。

でもそれは最初だけ。
普段なら尽きることのない会話も段々なくなります。

むしろ時間が経つにつれ、
お互いの存在がウザく感じられるように・・・。

後悔。
体力の限界。

真夏の太陽が照りつける中、
2時間歩いても自販機の一台もない。

何度手を挙げてヒッチハイクしようと思ったことか・・・。

腹が減ってもコンビニもない。

「そろそろ寝床を探そうか」って思っても、
テントが貼れそうな場所なんてない。

6泊7日中、
結局まともにテントが貼れたのは、わずかに2日。

あとは国道脇の崖の上、
ゲートボール場(しかも早朝にお爺お婆に起こされ)
お寺の境内(住職さん、ありがとーっ)

などなど・・・。

夜中に幼稚園に忍び込んで、
水道を借りて体洗ったり・・・。

やっと見つけた銭湯では、
日焼けした足が火を噴き湯には入れず・・・。

お互いに、
あとはどのタイミングでギブアップするか?
といった腹の探りあいみたいな感じが続きました。

でも結局、
お互いにオマエにだけは負けねえ!
っていう一心なんですよね、オトコって。

ようやく4日目くらいでしょうか。
ホントの意味でこの旅を楽しめるようになってきました。

畑からきゅうりを失敬したり、
(きゅうりがこんなにウマいとは知らなかった!)
トマトをもいだり、
(これがジュース用だったのか、マズかったのなんの!)
井戸水が飲み放題の場所があったり。

車で通ってたんではゼッタイに味わえない味がありました。

あとは、
こんな好き勝手に福島まで来て、
小汚いカッコで歩いてるボク等に声を掛けてくれる人たち。

中には、
車の中から冷ややかに物珍しそうに眺める人もいましたが、
「兄ちゃん達どっから来たの?」
って言いながら果物やお小遣い(!)までくれたり、
ゴールである会津若松に近付くにつれ、
「ほえっ?いわきから!?あっらー!」とか、
「頑張って下さい!感動しちゃって」って言いながら、
ホントに涙を流しながら握手をしてきたキレイなお姉さんとか・・・。
(結局このお姉さんとの出会いが一番の思い出だった気がしますケド・・・(笑))

人の温かさを骨身に沁みて知ったのは、
この時が初めてだったと思います。


最終日は土砂降りでした。

真夏に寒さで凍えたのも人生で唯一この時です。

そして会津の町並みが見えてきました。

ゴールです。

不思議なもので、
達成感も満足感も何もありませんでした。

ただただホッとしただけ。

この時、
ボク等は誓い合いました。

「二度とこんなコトしねえ!」って。

でも今でもたまに電話で連絡を取ると、
必ず、

「また何かやんねえ?」

が合言葉です。

お互いに子育て中の身だし、
神奈川と北海道で遠く離れてはいるけれど、
またいつか。

オレより先に死ぬなよ。



それから息子よ!

オトコなら旅をしろ。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ぱぱ、いなな~い

うちひしがれています・・・
立ち直れそうもありません・・・

こんなに好きなのに・・・。
こんなに大切に思っているのに・・・。

なぁ教えてくれないか?
オレのドコが悪かったんだ?
何が気に食わなかったんだ?

ただオマエが寝る前に、

「パパのこと好きだろ~?」

って聞いただけじゃないか。

それをオマエは・・・、

「まま、すきぃ~」

って・・・

「え~っ!(Boo !)パパは?」

「ん~、ぱぱ、いなな~い」
(ん~、パパ、いらな~い)


なんでそこで半笑いなんだ?

なんで・・・?

なんで・・・


こんなくっだらない安いドラマも、
mada家の日常です(笑)





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

お腹の上の怪獣

この怪獣は、
パパのお腹と背中の上が大好きです。

そしてパパの日課をジャマするのです

ボクには、
中学の頃からですから、
かれこれ20年近く続けている夕飯前と入浴前の日課があります。

それは「筋トレ」
(と呼べるほどの本格的なメニューはもぅやってませんけどね)

怪獣が現れるのは、
夕飯前のコト・・・。
(ま、入浴前はヤツはもぅ寝てますから)

腹筋と背筋をしている時です。

お尻を支点として、
足と上半身を床から浮かし、
ヒザとアタマを近づける
「ひとり腹筋」を始めると、
それまでカワイイ顔をしていたソイツは、
いきなり怪獣に豹変します。

「がおぉ~っ」

最初はマウントポジション。
そこからおもむろに立ち上がると、
まるでパパのお腹の上で波乗りをしているよう。

「あはは。みて~。まま、みて~」

「おースゴいね~」(ママ)

(スゴいね~あらへんがな。
大事な日課をジャマしてんねんから退くように言えや) ← 言えない

腹筋が終わると、
今度はうつ伏せになってお腹を支点とした状態から、
両足首をつかんでお腹でジャンプするような
「ひとり背筋」の番です。

すると、

「かーきゃぃーだ」
(カーキャリーだ) 

※参考「カーキャリー」

トミカギフトセット トミカいっぱいカーキャリアセットトミカギフトセット トミカいっぱいカーキャリアセット
(2002/10/17)
不明

商品詳細を見る


あれ?
怪獣が変身しました。

どうやら今度は車に変身して、
カーキャリーに見立てたパパの背中に乗ってくるようです。

「あぃえ~?うごきないなぁ~」
(あれ~?動かないなぁ~)

当たり前です。
そんな体勢でカラダを密着されたら、
パパ飛べません・・・。

「おかね、いぇてみよっか」
(お金、入れてみよっか)

パパはデパート屋上の遊具ではありません!

そう言って車を振り落とし、
しぶとく這い上がってこようとするのを退けて、
これでようやくパパはご飯にありつけるのです。

これもmada家の日常です(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

泥んこ親子

「ぱぱ~っ!いいおてんきゃよぉ~っ!」

の掛け声いっぱつ!
昨日も目覚めはサイコーでした(笑)

「よーし、今日は久しぶりに公園行くか?」

「ひさささしぶぃに、こーえん、いこっか?」

「公園行く?」

「こーえん、いくぅ~っ!」

ということで、
お買い物ついでに滑り台のある公園に行きました。


ママじゃましちゃダメ~っ
(ロープを使って坂を上るので、ケッコー腕力がいります)

登りきると・・・、

びゅ~んすべるよぉ~っ
(よ~く滑る滑り台でした)

何回繰り返しましたかね~・・・。
ボクも一緒に滑ってたんですが、
靴もお尻も泥んこまみれ・・・。

二人して汗かきながら遊びました。

ここのところ寒い日が続いていたので、
家にこもってるコトが多かったですが、
やっぱり子どもは外遊びに限りますね。

表情からして違います。

最後は階段ジャンプ!

とぉっ!
(段差もへっちゃらだぜ~)

来週も公園に行くことを約束させられました(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ゆき~

お散歩の途中、
少~しだけ残ってる雪の上で。

こころなしか「そんなのカンケーねえ!」っぽくね?
(おー!ゆちだぁ~っ!)


「ポーズとって~」
って言ったら、

あ~っ!
(どんなポーズやねん)


ちなみに、
左手に持っているのはガチャガチャです。
(もう既に2個持ってるモノが出ました(涙))

今回の雪は、
西日本のほうがすごかったようですね?

あ~、
早く春にならないかな~・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!

トイレトレーニング

トイレトレーニング中です

おしっこに関しては、
昼間はほとんど100%トイレで出来るようになりました。

なので昼間はもうほとんどオムツを外し、

「ぱんつまんやよ」
(パンツマンだよ)

状態で、
トイレに行きたくなると、
もじもじしながら

「といぇいくぅ~っ」
(トイレ行く~っ)

って言って、
ひとりで出来るようになりました。
(ズボンとパンツの上げ下ろしはチョット手伝いが必要ですが・・・)

しかし難しかったのはウンチの方。

ちょっと昔のコトをお話しすると・・・、

つかまり立ちの時期を過ぎ、
ひとりで動き回れるようになって、
言葉が出始めた頃から、
彼はウンチの際に独特の動きを見せていました。

一緒に遊んでいたかと思うと、
突然立ち上がり、
カーテンの裏側に入っていくのです
(時にはキッチンのゴミ箱の陰)

「ぱぱ(まま)、ばいばーい」
って手を振りながら。

「あれ~、どうしたの?」
なんて言いながら追いかけようものなら、
世界の終わりみたいな必死の形相で、

「ぱぱ(まま)、ばいばーい!ばいばーい!」

と、
それはそれは必死に追い返そうとするのです。

恥ずかしかったんですかね?小さいながらに。

そんなんだったので、
トイレでおしっこ出来るようになってもしばらく、
ウンチだけは出せませんでした。

しかも若干ストレスだったのか、
パンツを履いてるうちは、
(汚いですけど)漏らそうともしなくなっちゃって・・・。

「おむちゅがいい・・・」
(オムツがいい・・・)

なんて消え入りそうな声で言うようになった時期もありました。

まぁそんな時期を過ぎまして、
昨日?一昨日?くらいからです。


もう出るわ出るわ(笑)


しかも超~喜んでるボクら親を尻目に、
さも「トーゼン」みたいな顔で、ですよ。

ま、
お陰で“トイレでウンチ記念に”と約束していた


プラレール さらにたのしくなった ビックトーマスプラレール さらにたのしくなった ビックトーマス
(1999/08/28)
不明

商品詳細を見る


のコトは忘れてるみたいなのでいいんですけど・・・(笑)

で、
またこの出るようになったキッカケというのが、
お友達のママからもらった『魔法のオクスリ』

我が家に遊びに来てくれてる時に、
息子が少しもよおしたらしいんです。

でも履いてるのはパンツだし、
お友達とはいえ他人さんだし・・・。

何回かトイレに駆け込んだらしいんですが、
おしっこは出ても肝腎のウンチが出ない・・・(涙)

「おなかいた~い

って泣きっ面になった時に、
お友達ママさんが、

「ほら、『魔法のオクスリ』だよ~」

と言って手渡してくれたのが・・・、


ピルクル(ヤクルトみたいなヤツです)


「コレ飲んだらす~ぐだよ~」と言われ、

(ゴクゴクゴク・・・)

(5秒後)

「といぇいくぅ~っ」

ダダダッ

「うんち、でたぁ~っ」

ってホントに出たんですって。

「そんな早く効くワケねーだろ」(byママ)
には同感(笑)ですが、
Yくんママさん、ありがとうございました。

いのちのウンチの恩人です


ということで、
ウンチウンチとこんなに長く書いてしまいましたが、
ひとまずホッとしました。

また急にオムツに戻りたがるかもしれませんが、
それはそれとして、
“三歩進んで二歩下がる”子育てライフを送っていこう!
と決意を新たにするこの頃です。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
↑ いつも応援ありがとうございます!よい3連休となりますよーに!

次男坊の話

明日からオーストラリアに行きます

あ、ボクじゃないですよ。

ボクの兄貴。
mada家の次男坊です。

ナニしにって?

(2度目の)結婚式を挙げに、です

え?ボク?

フツーは誘うだろうよ。
え?兄貴さんよ?(笑)

それは冗談として、
次男と、そのお嫁さん(ようこそ!mada家へ!
ウチと向こうのご両親の計6人で渡豪です。

実は・・・、
ウチの母親にとっては人生初の海外旅行。

「飛行機がイヤでねぇ~」

楽しんできてね~。


さて、
我が家にも(時おり)『次男坊』が出現します。

その『彼』は、
ボクと息子が遊んでる(イタズラしてる)時に現れます。


ママ : 「もぉ~!ヤダぁ~っ、パパまでぇ~っ!
      もぅ子どもが二人いるみたいじゃ~んっ

パパ : 「次男で~す!

息子 : 「Rで~っす!

パパ : 「二人揃って、兄弟で~っす!」

兄弟(笑) : 「ね~~~~~っ!


寝起きの直後
(ボクのお兄ちゃんです(笑))




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

禁煙したい人は決して読まないで下さい

昨日はまた雪がちらつきました。

午後からは外出していたんですが、
雪が舞う都内の様子もなかなかいいもんだなぁ~と思いましたよ。

高層ビル群が霞んで見えたりして・・・。

天気予報では、
今週末も全国的に雪のマークが出てますね

3連休の方も多いと思いますが、
事故ったりケガしたりする人がいませんよーに。

そしてその3連休が明けると、
ボクの「禁煙記念日」がやってきます。

先日、
いつも仲良くさせていただいている
まささんが禁煙効果について書かれていましたが、
(まささん、勝手に書かせてもらいました
早いモノで「禁煙二周年」となります。

最初はカッコつけで吸い始めたタバコは、
いつしか2箱をくだることがなくなり、
妻の妊娠を知り、
出産後にいたっても、
そのペースに変わりは一切ありませんでした。

そう、
今からすれば申し訳ないコトですが、
息子が産まれてもボクの頭に「禁煙」の文字はなかったです。
一切なかったです。

タバコとウォークマンさえあれば生きていける!

な~んて言ってた時期もあったなぁ・・・。

そのボクが、
2年前の今の時期に、
完全にタバコを手放す決心をしたキッカケについて、
今日はお話したいと思います。

と言っても、
実はなんてコトないんですけど・・・。

コレです。

禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる (ムックセレクト)
(1996/05)
アレン カー

商品詳細を見る



しかも、
自分で買ったワケではありません。

ある日帰ったら、
テーブルの上に無造作に置かれていただけです。
(犯人は妻ですわ)

それなのに、
もう自分でも見事!と言えるほど、
この本を読み終えると同時に吸っていた一本が、
人生最後の一本になりました。


でね、
ボクは思うんですよ。

ナゼ「禁煙しよう」と一切思ってもいなかったのに、
スパッと止めることが出来たのか?と。

ボクなりの結論ですけど、
それは、
「禁煙したい!と思ってなかったから」
なんじゃないかと。

ボクはこの本を「禁煙」目的ではなく、
単なる「読み物」として読んだからだと思うんです。

これは個々人の性格とか、
色んな要素があると思うので、
一概にこの結論が正しいとは言いません。

でも少なくともボクの場合は、
「禁煙」を自分へのノルマとして課していたなら、
この本を読んだことで成功することはなかったと思います。

書いてあるコトに、
いちいち「んなワケねーじゃんかよっ」って言ってたと思いますね~。

まったく禁煙の意思がなかったから、
不意打ちのようにココに書かれていることが素直に心に届いたんだと思います。

実際、
「禁煙したいんすよ~」と言ってこの本を借りていった後輩クンは、
見事に今でも吸ってます(笑)

ね~、Aクン。

もちろん、
中には「止めよう!」と決意して読んで成功した人も多いと思いますがね。

なので、
あくまでもボクなりの結論としてお話させてもらいました。

あとは、
(コレはあんまり言いたくないんだけれど・・・)
きっとボクにタバコを止めてほしいと思っていた妻へ。

アナタの勝ちです。
ボクの性格を熟知していたからこそ、
あの日、テーブルに置いてたんでしょ?

なんの前触れも前フリもなく。


止めるつもりなかったんだけどなぁ~・・・。


でも今では、
止めて大正解だったと言えるよ。

すっごい遠回しで言うけど、
ありがとね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

くっちゃ~い

「おなら」の話です。

いや、
のっけからスミマセン・・・。

昨日の晩御飯の最中です。

息子と妻はすでに食べ終わっており、
ボクが食べている間、
なかよくテレビを見ていました。

「じゃ~パパ、いっただっきま~す」

食べ始めてしばらくすると、
ちょっと「出そう」な感じが・・・。



出ました。
すると、

「んっ?なんのおと?なんのおと?」(超~笑顔)

「パパ、プリッしてん」

「ぶぃっ、したの?くっちゃ~い」(超~笑顔)

「臭くないよ、ナニ言ってんだよ~。
パパのおならはイイ~香りがするって有名なんだぞ~」

「いやだいやだ、くっちゃ~いよ」

「臭くないって~」

と言ってたら、
トコトコ近付いてきて、
ボクのお尻に顔を近づけてきやがりました。

するとスグにママのところに引き返したんですが、

「あははははっ、くっちゃかった~」(超超超~笑顔)

だって。

まったく!
どんな教育してんだ、ココの親は

おかげで毎日が楽しいじゃないか


楽しいついでに、も一つお伝えしますけどね。

朝、息子の方が早く目覚めた日のことです。(ほとんどじゃん)

「ぱぱ、ま~だねてぅのぉ~?」
(パパ、ま~だ寝てるのぉ~?)

「う~ん・・・」

「ぱぱ、いっぱ~い、はなくそ、ついてぅよぉ~」

「コレはホクロっちゅうんじゃい~っ!!!」

と言いながらガバっと起き上がり、
息子の脇をくすぐるように抱きかかえて起きてます。

ほぼ毎日のコトです。
日常です。

mada家、楽しいです(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

お散歩にて

お気に入りのお散歩コースです。
交番にて
(いつか乗ってやるんだ。)

後部席じゃない席にしてね(笑)


今回は、
我が家のある神奈川でも積雪がありました。

これで、
ようやく『雪』を実感・体感したようです。

クドいようですが、
今年のお正月の新潟帰省は、
発熱によるダウンで外出できなかったので・・・。


「しぉいね~」
(白いね~)

「ちめたいね~」
(冷たいね~)

そう。
それが『雪』だぞ。

やっぱり四季のある国に生まれたからには、
桜も、
灼熱の太陽も、
紅葉も、
そして雪も、
ひと通りは味わってほしいものです。

小さいうちからね。


いい具合に日の光が当たってんじゃん
(ちめたいけどクールに


この写真、
ママいわく
「(顔はアタシだけど)たたずまいと雰囲気がパパそっくり」
だそ~です。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

実演版トーマス

でてこいヘンリー
(やめて~!それキッチン用ゴミ箱~!


えっと、
ちょっと解説するとですね、

ウチの子が
「きかんしゃトーマス」
のマニアであることは何度か書いているのですが、
そのお話の中に、

でてこいヘンリー

というお話があります。

キレイ好きで、
雨に濡れることもイヤがる『ヘンリー』が、
トンネルに閉じこもったまま出たがらない、
っていうお話です。

ま、
早い話が、
今朝このビデオを見たんですね。

妻からの写メなので、
なんて言ったかはわかりませんが・・・、


いや、わかります(断言!)

きっとね、

「でてこいへんぃーっていって?」
(出てこいヘンリーって言って?)

って言ってますね。
この表情から推理すると。

そう、
最近は「ごっこ遊び」をしていると、
「なにしてぅの?っていって?」

とか、
「○○っていって?」と、
質問を催促するようになりました。

言う通りにすると、
延々と解説されるし、

「イヤだよ~言わないよ~」

ってイジワルすると泣くし(苦笑)

もぅね、
おしゃべりしたくてしょうがないんでしょうね。

今日は帰ったら、
どんな解説が待ってるのかな?

あ、また写メだ。

もっと嬉しそうにせーや(笑)


今日はやっぱり『雪ネタ』ですかね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!凍結路は歩幅を狭くして歩きましょう!

気になるもの

電話が気になってしょうがないようです。

電話で話していると、

「おはなしすぅ~っ」
(お話する~っ)

と体にしがみつき、
受話器を奪いにきます。

といっても、
相手が「じぃじ」「ばぁば」「(義)姉さん」限定ですが。

ちゃんとした電話の相手だと(↑ 3名がそうではないワケではありませんよ)
その辺は察知するんですかね、
おとなしく待ってるので、
KYっ子ではないようで安心しています。


「おはなしすぅ~っ」

「あ~、じゃチョット待って。
しゃべりたがってるから代わるね」

「・・・・・」


黙るんかい~っ!

ってオチなんですけどね。

でも向こうも息子とは喋りたいので、
コチラでリードしながら会話を進めていきます。

(もしもし)
「もしもし~」

(じぃじ元気?)
「じぃじ、げんき?」

(ボク元気だよ)
「ぼくげんきやょ~」

(今日、トミカ買ったんだよ)
「きょう、ぽいか、かったんやよ」

(一人でお会計出来たんだよ)
「ひとぃで、おかいけー、できたんやょ」

(じぃじ、テレビ買って?)
「じぃじ、ていぇび、買ってっ?

(バイバーイ)
「ばいばーい、またあしょぼーねぇ~」


という感じなんですが、
(なんで「テレビ買って」はボクが言わせてるってわかるんだろ~?)
毎日聞いているボクにしろ妻はそれほどではないんですが、
やはりたまーに声を聞く「じぃじ」「ばぁば」は、

「(発音が)ずいぶんハッキリしてきたね~」

と喜んでいます。

ホントは、
みんなが一緒にではなくても、
せめて近くに住めれば一番いいんですけどね~。

なので、
これからもコトあるごとに電話するからね、
じーちゃん、ばーちゃん。


あとはメールです

メールの着信音(バイブ)にも彼は敏感に反応します。

ボクが日中(仕事中)妻に連絡するのは、
そのほとんどがメールでなんですが、
その回数が多いんですかね。(うん、多いと思う)

ママケータイが鳴ると、

「ぱぱだ」

って条件反射で口にするんだそうです。


とある休みの日の昼食。
家族3人でお昼を食べている時です。

Burururu!とママケータイが鳴りました。

「ぱぱだ」



んじゃ~、ココでお行儀良く飯食ってんのはオマエのパパちゃうんかい~っ!

って心で突っ込みながら(泣きながら)

「はははっ!パパからなの?

って言うパパなのでした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

迷っちゃうな・・・

なんとかドッチも手に入れられないもんだろうか・・・?
(固まってます)





トミカにするか・・・、


ガチャガチャにするか・・・、


それがモンダイだ・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!迷わず両方押してくださいね~!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。