>>
  1. 無料アクセス解析

2008-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月に読んだ小説

さすが年度末!という感じで、
忙しさにかまけて途中までかなりペースは遅かったんですが、
最後の最後に息子達が留守してくれたおかげで(笑)
なんとかペース維持出来ました。

3月に読んだ小説たちです。


水の迷宮 (光文社文庫 い 35-3) (石持 朝海)
1月に読んだ「月の扉」に続いての石持作品二作目でした。
ちょっとキレイすぎるなぁ~という印象は変わらず。
水族館のアイディアといいスケールは文句なしですが、
あまりにもスマート過ぎてイラッときちゃいました。
ちょっとネタバレになっちゃいますが、
キャラが立ってないので、
せっかくの殺人ナゾ解きの場面が「キレイ事」に写っちゃうんですね。
殺人を美化しちゃイカンよ・・・ってひとり言が出ちゃいました。


新宿鮫 (光文社文庫) (大沢 在昌)
いつかは読みたい!と思い続けていましたが、
ようやくシリーズ第1作目を読む日が来ました。
評判で聞いていたよりはソフトな印象で拍子抜けでしたが、
まだ1作目というコトで続編以降に期待したいと思います。
この「新宿鮫シリーズ」だけで9作?かな。
間違いなく全作読破すると思います。
それだけの期待感を持たせてくれる小説でした。


李欧 (講談社文庫) (高村 薫)
「マークスの山」「照柿」に続く高村作品3作目。
実はこの本は半年以上前には購入していました。
ただ高村さんの作品は一言で言えば「疲れる」ので、
読み始めるまでに相当の気合が必要で・・・(笑)
確実に登場人物の人生を追体験できるくらい、
描写が濃密で細かいことが分かっていたので尚更。
でも過去2作と比べたらかなり読み易かったです。
その代わり二人の友情が芽生える場面に物足りなさが・・・。


絆 (集英社文庫) (小杉 健治)
重版を待ちに待った作品です。
古本屋にもなくって・・・。
いわゆる「法廷モノ」が多い作家さんですが、
個人的には「家族モノ」を書かせたら右に出る者はいないんじゃないか?
って思っているくらいに好きな作家さんです。
で、コノ作品は「家族モノ」であり「法廷モノ」。
久々の超ヒット!でした。
ちなみに小杉さん作品のオススメは、
「父からの手紙」と「水無川」です。


あしたはうんと遠くへいこう (角川文庫) (角田 光代)
今やボクの中でイチバン好きな作家さんとなりつつある角田さん。
最低でもひと月に1冊のペースでは読もうと思っていますが、
クドいようですが「八日目の蝉」以前はもはや物足りないです。
まぁもともとは、
このテの「日常」を書かせたらコノ人!
みたいな感じだったんですが・・・。
やはり「八日目の~」のインパクトが強すぎますね。


閉鎖病棟 (新潮文庫) (帚木 蓬生)
「泣ける」というポップに釣られて読みました。
精神病院(当時)を舞台とした心優しい物語です。
しかしソコで起きてしまった事件。
そして裁判・・・。
クライマックスの法廷シーンは泣けます。
生きること(生かされていること)を考えるキッカケになるかもしれません。
実際の精神科(今では心療内科)医さんが書いた小説ということで、
描写にも確かなモノがあります。


しゃぼん玉 (新潮文庫 の 9-36) (乃南 アサ)
これまた良い作品と出会えました。
「先に進むためにはオトシマエをつけろ」
爺ちゃんの言葉が耳に残っています。
荒んだ心によって犯罪を起こすひとりの若者が再生する物語ですが、
色々と個人的にも思い当たるフシもあり、
かなり感情移入して読みました。
この方の作品ももっともっと読みたくなりました。



以上で今月は7冊ですか。
これで今年に入っての合計は23冊になりました。

今月は比較的「当たり」が多かったです。

運良くその時々の自分の心情に合った本と出会えた、
というコトが言えるかもしれません。

本も人も、
出会いはタイミングですね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

むふふのふ♪

まずは・・・、
久々に(そうでもないやろ(笑))親子の時間を堪能した為に、
お返事と更新が遅くなりましてスミマセンでした

え?タイトル?

そう。
むふふ♪だっだのですよコレが。

え?聞きたいですか?
しょ~がないな~(笑)

息子がいない間、
随分とみなさんにイジワルされてたボクですが、
残念ですがボクの勝ちでしたよ(笑)

まずは、
息子の誕生日が間近というコトもあり、
近くのトイザらスで待ち合わせることにしました。

待っていると、
駅の方からピョコピョコ跳ねながら歩く子が見えます。

傍らには疲れた表情の母親と思しき女性が・・・。


あ、ウチのじゃん(笑)


段々と近付いてきて、
お互いに存在を認めると、
なんと息子が駆け寄ってくるではありませんか!

確かイジワルしてくださった方の中には、
両腕を広げて待っているボクの脇を息子がスルーして・・・
なんていう予想をされてた方もいらっしゃいましたが(そうアナタです(笑))


「ぱぱぁ~っ!」


って言いながら胸に飛び込んできましたよ


「おー!おかえりぃ~。会いたかったよ~」


って、ぎゅ~ってしてやりました。

カワイイもんで、
たった4日間でしたけど離れていたせいか、
最初は目を合わそうとしないんですね。


「楽しかった?」

「うんっ」

「新幹線乗った?」

「うんっ」

「パパに会いたかった?」

「うんっ!」


ボクの勝ちです。
(だからなんだってんだ(笑))

そしてお店の中でおもちゃを見ている間も、
ボクの手を離そうとしません。

しかもママが近付くと、


「まま、あっちいってぇ~っ」


ってやる始末・・・。

サイコーです(誇)

誕生日プレゼントとしては、
予定していた通り自転車を買いました。
(写真は「初乗り」の時にアップしますね)

その後、
チョット早めの夕食を取ったんですが、
その間もニコニコ

食いまくるぜ
(おいしぃ~っ)


いわゆる「お土産話」もたっぷりと聞かせてもらいました。


昨日(日曜日)には、
おじいちゃん・おばあちゃんに名古屋で買ってもらった「プレゼント」が、
それこそ山のように届いて大喜び。

お天気が悪かったコトもあり、
たっぷりとオウチ遊びに付き合わされました。

花曇り
(チョット昨日は天気悪かったっす)


まだまだあるんですが、
これ以上お話しするとイヤミになるので、
(もうなってる?)
これくらいにしときますか。

また賑やかな日常が戻ってきて嬉しいです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

天下取ったる・・・

名古屋城だぎゃ~
(桜満開の名古屋城です)


天下布武を誓ったとか誓わなかったとか・・・。

クドいようですが明日帰ってきます




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。

声は聞けたけどさ・・・

おはようございます。

昨日はようやく息子と電話でお話が出来ました

なんでも、
また中途半端な時間に昼寝をしたらしく、
夜の8時頃に目覚めたとか・・・。

ボクも家に着いて、
ママケータイに「ただいま」メールをしたら、

今日はパパとお話しするって言ってたよ。
でも今イチゴ食べてるから待っててね。


という返信が。


今日『は』 ?

で、しかもパパに対して『待っててね』 ?


だとぉ・・・?



はい、待たせていただきます(ダメ親父への第一歩)


ということで、
待つコト10分。



来た来た来たっ!

ウソのようなホントの話ですが、
ここでワタクシ焦ってケータイを落とします(笑)

ピッ


「もしもーっし」

「ラーメン食べてきたでしょ~?」

「なんやねん、オマエの声はど~でもええねん。Rに代われや」


・・・あ、訂正します。
今のはボクの(ココロの声)なので「  」ではありませんでした


再度ボク「んおっ?おーん、食ってきたで」

「ふ~ん、じゃRに代わるね~」

「・・・・」

「R~!聞こえるぅ~?パパだぞぉ~」

「・・・・」

「R・・っ」

「また一人の世界に入っちゃったよ(笑 ← ムカつく)」

「R~!R~!」

「ほらR、パパとお話しするって言ってたじゃん。ほら」


すると再び電話を持ったのでしょう。
ガサガサって音の後に、


「だーだー、どどーどー」

「だーだー、にぃーっ」

「だーだー、ぼーぼー」


出ましたよ。
最近のお得意ワザが。

イントネーションだけは合ってるけど、
言葉はメチャクチャってヤツ。

翻訳するとですね、
(後ろでママが言わせてたから分かるんですけど)
最初のは、
「パパー、おかえりー」
で次が、
「パパー、好きー」
最後が、
「パパー、バイバーイ」

コレ、
良かったら正しい言葉を頭で言いながら、
息子が話した通りに口に出してみて下さい。

イントネーションは合ってるから、
なんとなく分かると思うんですけど・・・。

でもね、
コレ言われた方はムカつくんすわ(笑)

これも成長・発達?
まぁ、そうしておきましょうか。

そんなこんなで、
明日には生身の息子と再会です

駆け寄ってきたら・・・、


思いっきり「ほっぺたビヨ~ン」してやるんだ(笑)





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。

おーいっ

昨日は結局電話も来ませんでした

まぁ別にボクだって、
1日や2日くらい声聞かなくたってヘ~キですけどっ(笑)


べぇ~
(こんなツラ写メしてきやがって)

ちなみに土曜日に帰ってくるそうです





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

ココロの支え

昨日は皆さん、
もてあそぶ やさしいお言葉をありがとうございました(笑)

また今日も陽は昇りました
今日こそ!今日こそは!
いい一日となりますよーに(電話でいい一日?)

さて、
昨日からの寂しい生活によって、
な~んとなくですが、
果たして自分の心の支えってなんなんだろう?ってコトを考えてみました。

息子、家族・・・。
それはもちろんのコトとして、
今までの自分を支えてくれたモノ、ヒト・・・。

な~んだろう?って。

これまでも「旅」とか「兄貴」とか「親友」とか色々書いてきましたが、
まだ他にないかな~って考えた時に出てきたのが、
『恩師』の存在でした。

これまで出会ってきた数多の方たち、
その全てが『師』である、という言い方ももちろん出来るけれど、
その中で一人に集中するとなると・・・。

とグルグル考えた結果、
中学時代の野球部顧問の先生に行き着きました。

前もってお断りしておきますが、
今日のお話は相当長くなると思います。
(最近はいつも長いじゃん)


ボクが中学2年の頃までは、
それは優しくて、人情派の監督さんが野球部の顧問でした。

しかし3年生になる時に、
隣の隣くらいの学校から、
「やり手」として有名な先生がウチの学校に転任してきました。

これまでも何人もの甲子園出場選手を育ててきた監督さんです。

それまでの「やさしさ」「人情」、
そういったモノとは完全に対極にいる(と当初は見受けられた)方でした。

3年生の新学期、
全校集会で「新しい野球部顧問」としてその先生の名が発表された時に、
大~きなどよめきと、
「えぇ~マジかよ~」という声が上がったコトを今でもハッキリ覚えています。

そして練習初日。

しかし新しく顧問となった監督さんがなかなかグラウンドに現れません。

当時ボクはジャンケンによって(笑)副キャプテンをやっていたんですが、
たまたまその日は正キャプテンが風邪で休んでいたために、
代わりに職員室へ行き、
練習開始のお願いをしました。

次の瞬間。

「しっかり挨拶をせいっ!やりなおし!」

という怒号が。

どうやらボクのドアの開け方と、
入室時の礼の仕方がなってないと・・・。

そしてつかつかと近付いてきて、
当時の野球部としては長めだったボクの後ろ髪をつかんで、

「なんだぁ?この髪は?」

いやぁ~怖かったです。

そんなこんなで、
グラウンドでの初練習が始まりましたが、
その大半が守備練習にあてられました。

そして最後に、
各ポジションからホームへの返球をする時です。

セカンドをやっていたボクは、
セカンドベースからホームまで返球をするんですが、
どう見たってストライクの返球をしたのに、

「ダメーッ!やりなおーしっ!もう一球!」

とダメ出しが。

そのやり直しは20球ほどになったんですが、
やり直すたびにホームへ呼ばれ、
「ケツバット」(ご存知ですか?文字通りバットで尻を打つ罰ですね)
をされては、またポジションに戻って返球。
そしてまたやり直し・・・。

その日の練習後、
ボクが部室で大いに荒れたことは想像に難くないでしょう?

ふざけんな!
って意識(言葉)と同時に、
ぜってぇ見返してやんよっていう一心でした。

その後バッティングにおいても、
当時やたら引っ張りたがってたボクにひと言。

「オマエは右に(流し)打て」

その後はもちろん一球でも引っ張って打ったら怒られ・・・の毎日でした。
当時5番を打つことが多かったボクが、
大して足は速くないのに1番を打たされるようになったのもこの時からでした。

そして迎えた春の大会。

それまでもウチの学校は、
「そこそこ」の成績は毎年あげていたものの、
決して「強豪」ではありませんでした。

その一回戦。
ボクらはいきなり負けます。

しかも最後のアウトはボク。

一塁ランナーとして出ていたボクは、
牽制で戻れずタッチアウト。
試合終了です。

しかしこの時ボクは脳震盪を起こし立ち上がれません。
救急車が呼ばれ、
病院に向かう道中でボクは意識を取り戻しました。

あとで聞いた話ですが、
ボクがヘッドスライディングで戻ったときに、
相手チームのファーストが、
ボクの頭をヒジとヒザでサンドイッチするようにタッチしたんだそうです。

このファーストは、
その試合以降、
大会(チームは結局優勝しましたが)出場停止処分が下りました。

そしてその危険プレーに対し、
抗議をしてくれたのが監督さんだったそうです。


時は流れ、
土日返上で毎週のように練習試合(時には大人相手にも)を繰り返し、
いよいよ中学生活最後となる秋の大会がやってきました。

一回戦、二回戦・・・。
今度は順調に勝ち上がります。

しかも自分たちで言うのもなんですが、
ブッちぎりで勝ち上がります。

ボクの1番打者としての右打ちの技術も向上し、
打率・出塁率も相当高くなり、
ほぼ必ず先制点のホームを踏むようになっていました。

そしてとうとう決勝戦にコマを進めます。
(ドラマみたいでしょ?)

泣いても笑っても、
コレが中学生活最後の一試合です。

その試合、
最後の1点が届かず負けてしまいました。

準優勝です。

試合後のロッカールームで、
ボクらは泣きじゃくります。

その最後に、
監督さんから言われたひと言は今でも耳に残っています。

「オマエは最高のセカンドだった」

もうね、
初日の練習の時の、
その時は理不尽極まりないって思ってたコトとか、
この半年間のありとあらゆるコトが思い出されて・・・。

走馬灯ってヤツですね。

もう立ってられませんでした(涙)


結局この監督さんは、
ボクが大学1年の時だったと思いますが他界されます。

その時にはボクは東京に出ていましたので、
葬儀に出席することは出来ませんでしたが、
残された娘さんがいらっしゃると聞き、
お手紙書いてを送りました。

その娘さんからはわざわざお返事も頂きましたが、
かつての教え子たちから、
それこそ山のようにお手紙が届いたそうです。


そして今、
この監督さんが教えてくれたコトを思い出します。

多分、
一瞬でボクなりチームのコトを見抜いたんでしょう。

現状がどうで、
その現状をベースとして、
それをどう変えたらより良くなるのか?

ボク個人で考えれば、
「多少は守備にも自信があるようだから、一回鼻折っておくか」
「右打ちが出来るようにあれば、コイツは伸びるぞ」

ボクがもともと持っていたものを、
モノによっては一度壊し、
モノによっては新しい方法を取り入れさせることで更に良くしよう、と。

そうやって、
ボクに新しくて更に大きな世界を見せてくれたんだと思います。


なんだか、
息子がいない寂しいキモチが、
ど~ってことない気分になってきましたね~(笑)

ホントに長いことお付き合いいただき、
ありがとうございました。

ボクがこれから出来ること。
それは、
かつて『恩師』が教えてくれたコトを、
今度は息子に対し示してあげることだと思います。

だから早く帰ってこ~い。


名古屋の夕日
(昨日写メで届いた名古屋の夕日です)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。

ウチのコにかかれば新幹線の座席もこうなります

とうとう妻が息子を連れて名古屋へ帰ってしまいました。

そこで!
今日のお話は、
ドキュメント
“妻と息子が名古屋に着くまで”をお送りいたします。

以下は全て妻からのメール原文のままです。


10:52
出かける前に疲れたクソガキ

はやく服着ろぉ~っ!
(果たして片してから出かけたんでしょうか?)


ウチに帰るのがシンパイになってきたぞ・・・。


12:48
新幹線乗り間違えして 品川まで行ったよ

お土産のひよこ買って再び 新幹線で横浜へ


12:57
お陰で 窓際ゲット
ハハハハハ


知り合った当初からおもろいヤツやとは思ってましたが、
ココまで天然やとは思わなかったですね~。


13:24
テーブルを閉めたくてのっていた伊右衛門ペットボトルを座席に置いたクソガキ

蓋が閉まってなくて・・・・・そこへ丁度切符確認に来てた車掌さんが
『座席取り替えますよ』で写真の状態に

ギャグマンガです。
へえ~こうやるんや~
(初めて見ました。こうなってるんですね~)


ま、
コノ親にしてコノ子あり
ってコトでしょうか?

今日からこの二人がいない我が家。

寂しいんですって、ホント。

ある意味せいせいするけど(笑)




最後に、
昨日の夜の話ですけど、
息子とボクは小さな約束を交わしました。

いや、
正確には交わせなかったんですが・・・


「なあ?明日おばあちゃん家から電話かけてな?パパと電話でお話しよーぜ」

「でんわ、しなぁーい」

「な~んでよ~?パパとおしゃべりしよーぜー」

「ぱぱとは、おしゃべぃ、しなーい」


果たしてコノ約束は果たされるのでしょうか?
今晩が楽しみです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。

休日は公園に限るな~

昨日は息子イチバンのお気に入りの公園に行きました。

到着すると、
ホーホケキョって鶯の声がお出迎え。

春です!
しかも昨日は汗ばむくらい

半そでTシャツでもよかったくらい。

そして親子連れがうじゃうじゃと・・・(笑)

「さあ~!遊んで来~い!」


よじ登るぜ
(チョット腰引けてね?(笑))


最初は子どもの多さに遠慮がちでしたが、
後半はお得意の『泥まみれ』にもなり、


いい子モード
(足見て~)


「な~んかオマエかしこまってない?」

って言ったら、


おちゃらけモード
(歌いだした~


チャイルドシートも泥だらけ・・・
はよ車洗わなアカンな~・・・。


今週は、
昨日も皆様より励ましの(?)コメントをいただきましたが、
明日から土曜日まで束の間の独身生活
息子とママが名古屋に『リフレッシュ帰省』をするので、
思い残しのないように一緒に遊んできました。
(いや、またスグ会えるし・・・大げさな・・・)

この笑顔を心に焼き付けて、
これからも頑張って生きていこうと思います。
(いや、だからまたスグ会えるって・・・)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

実家に帰られちゃいます(涙)♪

おーい!
ココの管理人さーん!

チョット
タイトルの『♪』
あれはマズいって(汗)

はよ外して~~~~~っ!



というコトで、
ママと息子の里帰りが火曜日からに決定致しました!

めっちゃ寂しい・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。

くれぐれも『仕事』です

みなとみらい2
(みなとみらい です)


快晴!の土曜日、
横浜に行ってきました。

仕事で、ですよ?


20080322211205.jpg
(向こうに見えるはベイブリッジです)


研修会場となった部屋からは、
ベイブリッジあり、
海上を走る船あり。

景色といい天気といい、
いや~仕事してる場合じゃなかったですね~(笑)

せっかくなので、
お昼休みには中華街まで足を伸ばして、


20080322135809.jpg
(載っけさせていただきましたよ、先輩)


せっかくなので(PartⅡ)、
中華まんのお土産も買って。

くれぐれも言っておきますけど、
仕事のついでで、ですからね?(笑)

帰り道の車の中からは、


20080322205307.jpg
(コスモクロック(だっけ?)とランドマークタワー)


夕日を浴びてキレイでしょ?

こ~んな感じで、
楽しんで 仕事してきました。
(いや、仕事のシーンがないじゃん(汗))


できれば仕事じゃなくて行きたかったなぁ~・・・。
(だから仕事してきたって信じてもらえないってコレじゃ!)

でも先生方もお疲れさまでした!


ボク個人としては、
横浜の駅周辺よりも、
コノ辺りの方がずっと“横浜”っぽくて好きなんです。

空いてれば自宅から車で30分くらいで着きますしね。

ただ、
ただですね~。

偶然かもしれないんですが、
ウチの息子を海に連れて行くと、
必ず熱を出しちゃうんですね。

ホントに偶然かもしれないんですが、
3回連れてって、
3回ともその日の内に熱出してるんです。

んで、
そのうちの一回は「熱性ケイレン」起こして救急車騒ぎ・・・。
(ダイアップ<座薬ですね>を「お守り」としてますよ、まささん

↑日々の健康と美貌の秘訣はココにおまかせ!
まささんブログはコチラから!

(また予告無しですけど、まささん、お許しを!)


なのでホント偶然かもしれませんが、
今のところは「近くて遠い横浜」です。


一緒に行って大っきい観覧車乗ろうな、息子よ。


20080322205308.jpg
(トイレ後の手洗いシーンを特別に!)


明日も晴れるかなぁ~?




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます!

日替わり偏食?

最近あんなに好きだった朝食のパンを食べなくなってきました。

イマイチ食いつきが悪いな~・・・
って時でも必ず食べていたレーズンパンですら、
最近はレーズン「だけ」食べて、
パンの部分を残すように・・・。


ボクまだ眠たいねん
(だから海苔チーズ食べてんねん)


大好きだと思っていたお肉も、
カレーやハンバーグは大喜びで食べますが、
野菜炒めとかに入ってる肉は食べない・・・。

魚も鮭は食べるけど、
その他は食べない・・・。

ただ日によって気分によって、なので、
いわゆる「偏食」というレベルではないそうですが。

子どもってこんなモンですかね?


いや、
チョット気になっただけで。


ふわぁ~あ。
そろそろ寝ます。

明日は朝から横浜でとある研修会に参加してきます。

寝よ寝よ。

おやすみなさい。

皆さん、よい週末を!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

その質問にはお答えできません!

昨日は一日雨

今朝もそうですけど風が強いですね~。

なので昨日はおうちデーでした。

うっかり間違って仕事に行こうとしたボクですが(笑)
(週の半ばに祝日なんて設定すなや!・・・ってまだ言ってるし・・・
しっかりお昼寝も出来たし、
ゆっくり(だらだら)休むコトが出来ました。

息子とプラレールで遊んだり、
たまったビデオを見たり、
本を読んだり・・・。

久しぶりに、
ソファの上で息子と並んでビデオを見たんですが、
途中でこっくりこっくりと眠りに落ちる息子にも遭遇しました。

「もたれかかりやがって、そんなにパパと一緒だと居心地いいのか~?」

なんてニヤけながら・・・(笑)

チトあぶね~パパ。

そんなこんなで、
こういう日は運動不足になっちゃいますね。

なのでチョット早めの夕飯を取ったあと、
お風呂に入るまでの時間で、
ボクはバイクを漕ぐことにしました

今やボクの物置き 兼 トレーニングルームと化したかつての寝室で、
お気に入りの音楽を聴きながら&歌いながら汗を流します。

息子は息子で、
ボクがトレーニングに篭もると構ってもらえないので、
おもちゃをカゴに入れて持ってきて、

「おもちゃやよぉ~」

って売りに来たり、

ボクの折りたたみ傘を引っ張り出して、

「じゃ、おかいもん、いってくぅかやぁ~」
(じゃ、お買い物、行ってくるからぁ~)

ってドアを開けて出て行っては、

「ただゃいま~」

と帰ってきたりで、
手を変え品を変えボクの気を引こうと必死です。

ホントにジャマ カワイイ(笑)


その途中のコト、
リビングのドアがバーン!と開いた音が聞こえたかと思うと、
廊下をダッシュし、
ボクの部屋に息を切らして再び息子が入ってきました。

「ぱぱ~っ!!」

今度はなんや?って思ってたら、
ひと言。


「ぱぱ、お○ん○ん、おっきぃの、ついてぅのぉ~?」


もぅボクの目は点。
バイクを漕ぐ足も完全ストップ。

「はぁ~~~~~~~~~~~~?」

って大爆笑なんですけど。

またナニかが脳の中でつながったんでしょうか?

なんの脈絡もなくいきなり
「お○ん○ん大きいか?」だと~?(笑)

悪いが息子よ、
その問いの答えは自分で見つけるがよい。


まぁ、
ゆくゆくはこのテのコトも、
しっかり教えてあげなきゃいけない時が来るんでしょうね。

にしても、
親にも心の準備ってモンが必要なんだからさ。

ホントにおそるべしです、子どもって。

でもフツーはさ、
「コレ何?」くらいのレベルからじゃないの?

いきなり「大きさ」を聞くオマエって何者?(笑)

それともパパへのイヤミか?(爆


はぁ~。
ヘンなネタでスミマセン。


でもマジメに考えれば、
ホントいずれは性教育ってしなきゃいけませんもんね。

いつもは子どもに教えてもらってばかりの毎日ですけど、
親が教えてあげなきゃいけないコトもいくつもあるワケで・・・。

チョット考えはじめなな・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

ちゃんと前もって言ってくれなこまるわぁ~

今日祝日や~ん!!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます。頑張って二度寝します。

チガウというコトに感謝できるオトナに・・・

ふと気がつけば、
いや、
なるべく気がつかないフリをしていた、と言うべきか・・・。

まぁいいや。

社会人となって丸10年が経とうとしています。


っかしぃ~なぁ~。
もっとオトナになってるハズだったのに・・・。

とはココロの叫び。

というコトで、
今日は10年前に思いを馳せてみたいと思います。

そしてコレは、
この4月から『本命』ではないけれど、
新社会人として、
有意義な遠回りをするコトになった若者に捧げるお話でもあります。

なんてね(笑)


行きます。

ボクは何度かココでも書いているように、
社会人の最初を新車販売の営業としてスタートしました。

そして配属された営業所には、
同期の男が一緒でした。

この同期。
入社2ヶ月目にして、
早くも一台を売ってきたツワモノ。

ボクはといえば、
上司・先輩からの「じっくり時間をかけて回ればいい」
という言葉を信じ、
ひたすら軒並み(飛び込み)訪問を繰り返していました。

そんな中、
再び同期の彼が商談となる話を持ってきました。

その後も順調に彼は商談を重ねていきます。

結局、
彼はその年の新入社員から選ばれる「新人賞」を獲得することになるのですが、
ボクは7月にようやく1号車が売れ、
その年の終わりまででもわずかな台数が売れただけ。

「オレとアイツでドコがどう違うんだ?」

という焦りが生まれてきました。

見たところ、
彼は「直感型」
ボクは「コツコツ型」
(そう決めつけてしまうと彼には怒られますが・・・)

明らかにボクとはやり方が違うのです。

「そうか、オレもアイツみたいにやればいいんだな」



・・・ヤッちゃいました(苦笑)
なんでその時は気づかないんでしょうかね~?

と~ぜん『負スパイラル』に陥ります。

結局このスパイラルを抜けたのは、
3年目を迎えようとする頃でした。

最終的に丸8年に渡り新車販売の世界にいられたのは、
この時の経験があったからだと思っています。

最初は何でも人のマネをするしかないけれど、
マネることで自分を見失ってはいけないのだ、と。

そして、
人と自分を比べることには、
なんの意味もないのだ、と。

違っていいんだ。

オレはアイツじゃないし、
アイツもオレじゃない。

まずは「違い」を認めるコトですね。


そして、
今ならわかる“あの時の自分に足りてなかったコト”がもう一つ。

それは、
ボク以外の「全てのアナタたち」への“感謝”をする心の余裕がなかった。

ソコが大成はしなかった理由かな。


で、今です。

何台も新車を買ってくれた当時のお得意先にボクは勤めています。

仕事をしていれば、
不満・不安・・・、
そりゃ色々あるでしょう。

当たり前だよ、そんなの。

そんな時は、
“感謝”を忘れていないか?
そう自分に言い聞かせています。

自分が感謝すべき「アナタ」は誰なのか?

その意識だけは忘れずにいるつもりです。


どれにしようかな~
(キミも「アナタ」)

子どもの世界だってそう。

誰々ちゃんはもぅ○○が出来る。
でもウチの子は・・・。

そんなのはゼンゼン大したコトじゃない。

比べることにはなんの意味もない。

だって、
人間生きてるだけで儲けモン。

キミがいるという奇跡は、
それだけで世界一の感謝モン。


だから今日もボクは、
ボクではない「全てのアナタたち」に感謝します。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

ひとりでできるよシリーズ

ガラガラ1
(「ブクブク」しか出来なかったのにスゴいね~)


ガラガラ2
(スゴいでしょ~)


ほんの一昨日くらいからでしょうか?
いきなり「ガラガラうがい」が出来るようになりました。

昨日もボクが家に帰って、
手洗いとうがいをしていると、

「ぼくも、ぶくぶくぺぇ~、すぅ~」
(ボクも、ブクブクペェ~、する~)

と言いながらコップを持ち、

「ぱぱ、どいて~」

とボクを脇に追いやった後は、

「(みず)だして」

と言わんばかりに“無言で”蛇口の下で待ち構えるようになってました。

何様?(笑)


やっぱり一人で出来るようになると、
態度がデカくなるんですね。

親に似て。


ソコ誰?笑ってんの?(笑)


トイレトレーニングも順調で、
24時間パンツでも大丈夫になってきました。


コレがつい一昨日くらいまでは、
トイレに行く時はパパ(ママ)と一緒に行って、

「ぱ~ぱ!(ま~ま!)でんき、つけてくぇうよぉ~」
(パ~パ!電気、つけてくれるよぉ~)


※ 翻訳(笑)
「電気つけて~」の意。
しかも最初の「ぱ~ぱ!(ま~ま!)」は、(早よせぇや!)のニュアンスを含む。


と言いながらトイレのドアを開けて、

「じゅぼん、ぬいでっ」
(ズボン、脱いでっ)


※ 翻訳その②
「ズボン脱がせて」の意。決してパパ(ママ)が脱いではいけません。


って脱がせてあげたら一人でおしっこもうんちも出来る。
そんな感じだったんです。


それがこの2~3日は、
ひとりでトイレに行って、
ひとりで椅子によじ登って電気をつけて、
ドアを閉めて、(「ぱぱ、ばいばぁ~い」やて・・・)
中で一人でズボンもパンツも脱いで、

「ふぅ~~~」

なんてため息まで聞こえてきます(笑)

するとお水ジャーの音が聞こえてきて・・・。


「おしっこ、でたぁ~~~っ!!」


とダッシュで戻ってきます。
(不適切な表現が含まれるため、写真は載せません(笑))

いや~、
なんだか自慢っぽくなりますけど、
ホント手のかからないコですわ。

ど~やらじぃじ、ばぁばが遊びに来た時の、
「Rくん、お兄ちゃんになったねぇ~」
の一言が自信になったみたいなんですけどね。

だからボクら親も、
“ここぞ!”とばかりに誉めまくって、

「スッゴいな~!お兄ちゃんやな~!もぅ一人で寝れるんちゃう?」

って聞いたら、

「むぃ」
(ムリ)

だって(笑)

ママ、
添い寝はもう少しのシンボーだ。

いつか「その日」は来るさっ
(パパはラクやけど(笑))




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

すばらしき出会い

昨日は無事に、
次男の結婚報告会(毎回呼び名がチガウけど気にしないで(笑))と称して、
両家のご対面を兼ねた会食に行ってきました。

まずは待ち合わせ。


銀座
(銀座です)


お嫁さん以外の向こうのご家族とは初対面。
息子は想像通り固まります(笑)

初対面の方に限らず、
未だにじぃじ、ばぁばと会っても最初は固まるんですけどね。

やっぱり近くに住んでないと、
慣れるまでの時間が必要みたいです。

さて、
到着したのはとある中華料理店。


全員集合~
(両家お食事中~)


チャーハン
(キンチョ~してても腹は減るぜ)


「はぁ~、おいしかった~」

「おいしかった?良かったな~」

「じゃ~、おうち、かえぉっか?」
(じゃ~、オウチ、帰ろっか?)

「オマエが決めんなや」


なんて言いながら、
徐々に両家の笑いを引き出していきます。

しかし段々と・・・、
食べ終わっても話が盛り上がる大人たちをよそに、


ヒマなの~
(ボクたいくつなの)


部屋をうろうろ・・・。


早く外に出たくてしょ~がないみたい。


それでも結局3時間近かった会食をいい子で過ごしました。


お別れした後、
mada家は日比谷公園へ。

じぃじ、ばぁば+長男とのお遊びタイムです。


噴水
(孫と噴水)


滑り台
(やっぱ滑り台は外せないぜ)


公園内をピョンピョン跳ねるように走り回る息子に、
お年寄り達(笑)はクタクタ・・・。

今年のお正月の帰省時には、
寝込んでしまって披露できなかった体力を、
「これでもか!」と見せつけました。

ず~っとキンチョー状態が続いてようなので、
開放された途端のハジけっぷりたるや、スゴかったです。


昨日も、
息子にとってはなにかと初めてづくしの一日となりました。

疲れたんでしょう。
帰りの電車の中ではグッスリ・・・。

おかげでずっと抱っこしてたパパの左腕は、
今日もぷるぷる震えています(笑)

なので昨日はブログ更新できずに、
コメントへのお返事も遅れてスミマセンでした~


最後に。
両家の健康を願って。

これからのお付き合い、
よろしくお願いします~。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援していただいてありがとうございます!

寝てほしいのに寝ない時には

イケメンはナニしてもサマになんねん
(土曜日の目覚め。目の前にこんな顔があったらアナタならど~しますか?(笑))


兄貴の結婚パーティーを明日に控えて、
ボクの両親がひと足お先にコチラに出てきました。

なので夕方に待ち合わせて、
夕食を一緒に食べる約束をしました。

そうすると困るのは、


1、日中の外遊びが足りなくなる。

2、そうするとお昼寝をしなくなる。

3、そうするとお食事中に寝やがる可能性がある。


ま、昨日みたいに「こっくりこっくり」になってもおもしろいんですけどね(笑)


でも息子に会うのを何よりも楽しみに来てくれる両親と楽しくお食事が出来るように、
名づけて『昼寝をさせよう!大作戦』を決行しました。

まずは定番。


進んでる?
(お散歩へゴー!)


この写真、
ドコかおかしいと思いません?


じゃー次。


なんかぎこちなくね?
(ほらほら、なんかおかしー)


コレ、
実は前向きに進んでません。

後ろ向きに歩いてます。

お散歩に出たのはいいのだけれど、
200メートルくらい歩いたトコからいきなり、


「おうち、かえぉっか?」
(オウチ、帰ろっか?)


と、Uターン(って言うのかな?)を始めやがったんです。
(振り向いて歩きゃいいのにさ(笑))


「えーーー!?もぅ帰んの?公園行こうぜ~」

「こーえん、いきなーい」


エリカ様は最初の写真だけではないようです。


さあ困りました。

このままお散歩をしなければ、
ノー昼寝は決定的です。




閃きました。


「そーだ。じぃじ、ばぁばに会いに行く前に車にガソリン入れに行くか?」

「じょーもー?」

「そう、JOMO」

「じゃー、いこっか」


ということで、
大好きな車に乗せることにしました。


秒殺!
(秒殺!)


このまま無事に2時間コースのお昼寝となって、
おかげで楽しくお食事してきました。

じぃじ、ばぁば、
ごちそーさまでした!

明日もヨロシクね。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつもありがとうございます

通じたねがい

雨の一日でした

でもおかげさまで今日のお仕事は大成功
子どもたちと一緒にめいっぱい楽しんできました。

また会おーね~。

それと、
3コマ連チャンで授業やった我が同志である姐さん、
ホントお疲れっ。
サイッコーの授業でした!



さて、
帰り道には再びえらい雨に降られてズブ濡れで帰りました。
(明後日のお食事会にあわせてボクも髪切って帰ったんですよ、まささん(笑))


「ただいま~。冷てぇ~~~」

「んじゃ、いっしょにおふぉ、はいぉっか~」
(んじゃ、一緒にお風呂、入ろっか~)

「おー沸いてんの?入ろ入ろ」


ということでご飯前に一緒にお風呂に入りました。

息子は今日はお友だち宅に遊びに行って、
ノーお昼寝デーだったとか。

お風呂途中でも何回かあくびを繰り返します。


ここでオモシロ写真!(笑)
動画でないのがもったいない・・・。


眠いのに食べたい1
(ね、ねむい・・・)

眠いのに食べたい2
(けど、たべたい・・・)


写真撮ってるヒマがあるんやったら、
布団連れてったれやって声が聞こえてきそうですけど・・・(笑)

こんな感じでフラフラになってきました。


「もぅお布団行く?」

「おふとん、いく」


と横になりました。

しばらくしてボクが様子を見に行くと、
まだ息子は目を開けています。


「あーゴメンゴメン、起こしちゃったな。おやすみ」

「・・か・・・いで・・・」

「ん?」

いかないで・・・

「ん~~~?(大声)今なんて言ったの~~?(満面の笑顔)」

「ぱぱ、いかないで」




(脳内イメージ「サクラサク」・・・?(笑))
やっとボクに春が来ました(アホ)


「ちょっとママ聞いた?今の?」(デカい声)

「もぉ~寝たがってんだから寝させてあげなよ


ごもっとも・・・(反省)

でもチョットくらい喜んだっていいじゃん(←面と向かっては言えない・・・(笑))


眠かったとはいえ、
初めてですからね、息子がボクにこんなコト言うのは。

しかもママも隣の部屋にいるのに。


思わず聞き返しちゃいました。


「パパでいいの?」


オマエは初恋の中学生か?(笑)
思わぬ言葉にすっかり舞い上がってしまったパパでした。

あーイイ一日だった。

おやすみなさーい。
皆様もよい週末を。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

ボクの人生に影響を与え続ける者

今週末、
東京に一家が勢揃いします。

なんのために?

この前オーストラリアで(二度目の)結婚式を挙げた、
次男夫婦の披露パーティ(お食事会)のためです。

なので『一家』だけではなく『両家』ですね。

楽しみです。


車掌さんだじょ~
今回オマエは主役じゃないけど、いっそのこと主役の座奪っちまうか?(笑)


さて、
このmada家次男である我が兄貴。

不思議なくらいボクはこの兄貴と同じルートを歩んできました。

幼稚園、小学校、中学校・・・。

この辺までは珍しくもないけれど、

高校、(ボクだけ一浪挟んでるけど)大学・・・。

大学に至っては学部・学科まで全く一緒。


浪人したコトをいいことに、
大学だけでも違うトコ行くつもりだったのにな・・・。


なんかね、
『憧れ』だなんて口が裂けても言いませんよ。

だって『オレはオレの道を行く』って男なら言いたいじゃないですか?
なのにボクは兄貴と同じルートを歩んできました。

ボクが小学3~4年生の頃から、
既に中学生になっていた長男・次男を含む我ら3兄弟は、
学校から帰るとほぼ毎日、
3分15ラウンドのボクシング(スパーリング)をするような兄弟でした。

なんだか元祖「○田三兄弟」みたいでしょ?ねぇ?ichigekiさん?(笑)

なのでボクはよく目を腫らしたまんまとか、
歯がない状態で学校へ行ってたモンです。

そんなんだから80年代のボクサーが大好きだったり、
聴く音楽も80年代にやたら詳しかったりする、
それはそれは生意気な小学生が出来上がったワケです。


誰ですか?今でもジュ~ブン生意気や言ってるのは?(笑)


ずっとやってきた野球にしても、
兄貴の代は『弱小』として有名な母校(高校)史上最強と呼ばれたチームだったし。
(関東一校ともやりましたからね)

だからボクも、
『オレの代で追い越してやる!』って張り切って同じ高校へ行きましたけど、
結局超えられなかった・・・。

や~っと違うルートを歩みだしたのは就職してから。
結果8年に及ぶ新車営業の世界へボクは進みます。

といっても兄貴は、
大学卒業後も就職はせず「海外に永住する!」と宣言して、
カナダ行ったりオーストラリア行ったり・・・。

結局グリーンカードは取れなかったけど・・・。

で、今です。

兄貴は英会話教室を経営。
(リンク貼ってま~す。新潟の方、よろしくです~(笑))

ボクは幼児教育の世界へ。


広く見れば同じ教育業界でしょ?


なんだかな~・・・ですよ(苦笑)
影響受けまくりの人生です。


で、きょうのオチです。


繰り返しますけど、
今回、兄貴は二回目の結婚=再婚なんですよ。

ボクはまだ初婚なんですよ。


え?(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!


愛してるよ、ママ

「あくむ」その後・・・

この前の「あくむ」以来、
ひとりで寝るコトが出来なくなっちゃったみたいです。

ある時期から、


「ひとぃでねぅ~」
(ひとりで寝る~)

「ぱぱ、まま、あっちいってぇ~っ」

「ぱぱ、いななぁ~い」(もういいって?(笑))


ってひとりで寝れるようになったのは良かったんですが、
よっぽど『虫』が怖かったみたいですね~。

あいかわらず『虫』の正体はわからないまんまなんですが、
最近は、


「ひとぃでねなぁ~い」

「いっしょにねよ?」(ハニカミ)


と言ってはママを道連れにしていきます。
(そしてママもそのまま朝まで・・・)

おかげでいらない パパは一人の夜時間を満喫!

わーい(笑)


こんな感じなので、
最近ではイタズラが過ぎたとき、


「そういうコトすると一緒に寝ないよ!


っていうママの普段通り 怒り声がよ~く我が家には響いています。

おかげで、
「ごめんなさい」が素直(ってほどでもないけど)に言えるようになったとか・・・。


「一緒に寝たいんなら『ゴメンナサイ』は?」


このひと言が効きまくってるらしいですね(脅し?(笑))


そういう時のボクですか?

ひと言で言うと「傍観者」ですかね。

ていうか、「チラチラ脇目で見てる」傍観者ですか。

だって、
怒られてる息子が助けを求めに来るかもしれないじゃないですか?(爆!)


「なんだよ~。やっぱりパパがいいか~?」


って言う準備をしてるんです(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

たちなおるキッカケ

ただいまです(笑)

ウチの息子、
昨日はまた午後3時から6時くらいまでお昼寝をしたそうで、
夜はなっかなか寝ませんでした。

なんだか寝る日もあれば寝ない日もあり、
寝たと思ったら長かったり短かったり・・・。


当の本人はそんなコトな~んも考えてないハズなワケで・・・。

寝たくなったら寝て、
遊びたい時は思いっきり遊んで、
じっとしてたかったらじ~っとして・・・。

思わずうらやんでしまう究極のシンプルライフ。

ボクもそうやってシンプルに行けばよかったのに、
ど~も昨日までの何日間かは、
いろんないろんないろ~んなコトが頭の中をグルグルグルグルしていてですね・・・。

仕事における、
俗にいう『生みの苦しみ』ってヤツなんですけどね。

どーもムズカシク考え過ぎていたようで・・・、

そういうコトに気づかせてくれるのも息子ちゃんであって、
いやいや、またまた反省と感謝です。


「ぱぱ~、まてまて~っていって?」

「ナニ?鬼ごっこすんの?」

「よーい、しゅたーとっ!」


つかまえにおいで~っ
(つかまえにおいで~)


近っ
(近ぇよ。逃げろや)


ココだよ~っ
(こっちだよぉ~っ)


「おりゃっ!捕っかま~えた~!」

ドサッ


押し倒してナニする気?
(やさしくしてね?(笑))



コレ、
実はソファの上か下かだけの“半径1メートルの鬼ごっこ”(笑)

でも、この笑顔がパパの元気のもとだよ、ホント(涙)
ありがとな。


ピピピピッ、ピピピピッ


「おっ、風呂沸いたぞ」

「おふぉ、いってきまーす!」
(お風呂、いってきまーす!)

「おー、行っといで。んじゃ服脱いで?」

「ひとぃでぬぐ~」



ヘンな子ども2
(スゴいでしょ~)


「おぉ~っ!一人で脱げるようになったんや~。スッゴいな~」

「んひゃひゃひゃひゃひゃ~っ

「待てや~っ」


ヘンな子ども1
(なにしてんねん、はよ脱げや)


気がつくとアタマの中がスッキリしてました(笑)

そっか
笑えばよかったんだ。

うん、もぅ大丈夫




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

とぶよぉ~っ!

飛ぶよ~っ
(3、2、1・・・)


昨日の雨上がりのお散歩の様子です。

この後どうなったかはご自由にご想像下さい(笑)


さて!今日はパパもトぶぞぉ~っ!!
(昨日までのとは見事バイバイできましたニッ


またあとでお会いしましょう。
いってきまーす!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

であい

ボクが本好きであるコトは、
ココにも何度か書いてきましたが、
今イチバン気になっている本がコレ。

乳と卵乳と卵
(2008/02/22)
川上 未映子

商品詳細を見る


言うまでもなく、
今年の芥川賞受賞作です。

ま、「『受賞作』だから」というよりは、
「ストライクゾーンど真ん中!の女性だから」
という理由のような気もしますが・・・(笑)

でもそれだけではなくて、
ある日の新聞に載った受賞後の川上さんの手記がキッカケでした。
ひと言で言えば、
ソレを読んで惚れちゃったんですね、ボクは。

ソコに書かれてたことを記す前に、
チョット脱線・・・。


宮本サイコーッ!
(桜の花、舞い上がる道を)


突然ですが、
ホントに久しぶりに
「お金を払って買いたくなった」CDです。

ずーっと彼らのコトは気にはなっていたんです。
でも「買いたい」って思わせるにはナニかが足りてなかった。

誤解のないように言うと、
『足りないモノ』は彼らの歌に対してではなくて、
あくまでもボク自身の中に聞くには足りない『ナニか』があったということ。

それがこの歌を一度聴いた瞬間、
「今だ!」って思ったんですね。

それはとても幸せな瞬間で、
歌詞も声も、
すべてがボクのココロに入り込んだ瞬間でした。

理屈じゃなくって・・・。

ナゼこんなコトをお話しするかというと、
ボクが音楽を聴きまくってた学生の頃に出会った言葉があるからです。

それは、

『歌は声である』という言葉。


名曲が名曲たるには、
詞や曲が優れているだけでは足りない。

おなじ言葉なのに、
違う人間が言うだけで人の受け取り方は変わる。

それは人生で積み重ねてきたナニかがそうさせるのだ。

だからこそ『歌は声である』

そして『歌』自身は、
その『歌』を歌うに値する歌い手を「待っている」だけなのだ。



確かこんな言葉でした。

単純に「いい歌詞」や「いいメロディ」なのではく、
「好きな歌手が歌うからイイ歌」なのでもなくて、
「歌うにふさわしい歌手が歌うからイイ」ということですね。

しかし果たしてボク自身が、
「聞くにふさわしい聞き手」となれたのかどうか?はアレですが・・・。


そこで川上さんの手記の中の言葉。

うろ覚えですが、


過去の数多の名作と呼ばれる作品然り、
物語(ストーリー)自身は、
ふさわしい書き手を古の頃より待っていて・・・(中略)

今回の「乳と卵」の受賞はもちろん嬉しいことだけれど、
この作品でさえ、
上記のように「物語」自身はずーっと昔からそこにあって、
たまたま私が今回は書かせてもらっただけ・・・。



こんな内容でした。

なんというんですかね、
物語というか、
小説というものに対する畏敬の念とでも言うんでしょうか。

これだけ謙虚な姿勢で書くことに取り組んでる人なんだってコトを思いました。

だから惚れたんですね。


実際にはまだこの本買ってないし、
その前に部屋の本棚に積まれた「読まれ待ち」の本を早く読破せい!
っていう話なんですが、
こうやって特別な感情でもって“出会ってしまった”モノ。

なんだか宝物になりそうな予感です。


雨の月曜日、
(ありゃ?今は晴れてるぞ)
通勤しながらこんなコトを考えて会社に来ました。

そして素晴らしい出会いは、
まずは自分が出会うに足る人間にならなくてはいけない
ということも。

新しい一週間のスタートです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

春の足音をお届けします

今日は自宅から10kmほどのトコにある公園へ行きました。

初めて行く公園ということで、
ちょいとテンションも高め


はやく出発しよ~ぜ~
(しゅっぱ~つ、しんこぉ~っ)


公園内では、
キレイな花たちが迎えてくれました。


お花のトンネル
(青空と梅の花)


キレイでしょ?
今日は風もなくってホントにあたたか


「うわぁ~っ、広い芝生だぁ~。よーし!チョット暴れてみっか?」


「ん~、まって。ごぁん、たべてかゃにすぅ~」
(ん~、待って。ご飯、食べてからにする)


ってことで、
まずはお弁当広げてピクニックです。


お外で食べるとおいしーねー
(っつーかさ、カメラ向けた時だけ正座すんのヤメてくんね?(笑))


そしてお弁当も食べ終え、
いよいよ『放牧タイム』です(笑)


「さぁ~!好きなだけ走り回ってこーい!」


「ぱぱ、いっしょにいこーよーっ」


「え?


足速ぇ
(ぱ~ぱ~!はやくおいでよぉ~っ!)


パパ、のんびり写真撮ってる場合じゃありません。
「ならば!」ってコトで、
息子相手に大人気ない『全力疾走』という名のケンカを売ります(笑)


「おらおら~!遅ぇぞ~っ!早く来~い!」


ぱぱぁ~っ
(先回りしてカメラを向けるパパ(笑))


しかし、
既に体力は彼のほうが上だというコトが判明・・・。

この公園にいた2時間チョット。
お弁当食べてた時間を差し引いても1時間半近く、
ホントに彼は走りっぱなし

このあと「探検」と称して、
散策コースとなっている山道(ト~ゼン登り道っす)も、
そのほとんどを走って制覇しました。


「そろそろ帰ろっか~?」

「まだ、あしょぶ~っ」


マジかよ?です(笑)


そんなトコに、


もう咲いてる?
(桜?)


「ぱぱ、こぅいぇ、なにぃ~?」
(パパ。これ、何ぃ~?)

「コレ、桜じゃん」


詳しい種類はわかりませんが、
確かに桜の木。

ひと花だけ大きく開いていました。

しかもその他の蕾も、
そのほとんどが大きく育っていました。


「おー、もうスグ春だぞ~」

「あっちゅくなぅかな~?」
(暑っつくなるかな~?)

「暑くなる前にあたたかくなる、だな」

「あたたたたたたたたたたたたたかく、なぅの?」
(言えねえでやんの(笑))


やめて~!
(ソコは夏になってから入ろうな)


こんな感じで、
今日は確かに春が近付いてるコトを実感してきました。

にしても、
この子は日ごとに体力が増しているようです。

帰り道の車の中で20分ほどウトウトしただけで、
あとはさっき(夜9時過ぎ)まで元気いっぱいでしたからね。


楽しかったけど、
パパ&ママは疲れたよ~。





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

偉大なるマンネリ

最近ようやくわかってきました。

アンパンマンのおもしろさに。

もうね、
息子が一所懸命になって見てるので見ちゃうんです

「いい話だ・・・」

って素直に思ってしまう自分がいました。

この前テレビでもやってましたけど、
アンパンマンの主題歌の歌詞って、
大人が聞いても、というより大人になった今だからこそ、
その歌詞の良さに気づく自分がいて、
あらためてファンになっちゃいました。

で、見終わると、
部屋の隅っこからドコかでもらってきた風船を持ってきて、


「あたゃしいかおゃよぉ~!」


って言いながらその風船をボクに投げるんです。

コレわかります?(笑)

ボク最初わかんなくてボーっとしてたら、


「もー」


ってダメだしされて・・・(笑)


なんのコトかって、
アンパンマンのシーンを再現してたんですね。

アンパンマンがピンチになると、
ジャムおじさん(その他)から新しい顔が届けられるっていうシーン。

そう。
息子は「新しい顔だよぉー」って言いながら風船を投げてたんです。

いや~息子よ、スマン。
ゼンッゼンなんのコトかわからへんかった・・・(笑)

でも、
この風船をただ受け取るだけではまた足りなくて。

そこで、はい!困った時のママ登場!


「元気100倍!アンパンマン!」


って風船を顔のトコでブルブルさせてから
ココまで言わないと彼は納得しないんですわ。

ごっこ遊びもココまで進化したか・・・ってビックリです。

ここまでやると、
あとは勝手に(笑)


「あ~んぱ~んち!」

「ばいばいき~ん」


まで演じてくれるんですけどね。


なんだか「子供だまし」と言ってしまいがちですが、
いやいや、なかなかどーして。

この毎回の決まりきったパターンの中にこそ、
大事なコトが隠されてるんやないか?と最近は強く思うのです。

感性を子どもに戻したい時には特に。

そんなコトを考えながら今日の新聞を見ていたら、
ドラえもんの新作映画が明日から公開!て。

そろそろ映画館デビューさせたろっかな?なんてコトも思っております。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

のど飴?いやいや『飴のど』です

焦りました・・・。

昨日の夕方、
妻からメールが・・・。

『病院に来ている』と。


ナニゴトか?と思ったら、
舐めてた飴がノドに詰まったって。

結果的には、
「溶けるのを待ちましょう」というコトで済んだようです。


はぁ~~~~~~です。


いっちょまえになったトコもありますが、
やっぱりまだまだ目が離せないんだなーって思いました。

最近はもぅ「はいっ」って飴を渡して、
一人で舐めさせてるコトもあるので・・・。


身をよじって・・・
(チョット身をよじって「あめ、ちょ~だい」のポーズ)


いやはや、
気をつけましょ(汗)


さて!
気を取り直して、
今日はこれから千葉の上の方(アバウトやな~(笑))まで行ってきます

またまたチカラもらってきますよ~
なのでチョットいってきまーす!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

学習するとメンドーなコトは省略しちゃう、というお話

オトコの浪漫だぜ・・・
(もっとデッカイ家に住まなきゃな~)


昨日はおもちゃ屋さん巡りをして、
『雰囲気』だけは存分に味わってきたそうです(笑)

ボクが帰ると、
おもちゃ屋さんの帰りに買ったというミスドのドーナツが。


「お?ドーナツ買ったの?」

「うん、ままと、かったの」

「へ~、パパのもあるんだ。やったー。んじゃ、あとで食べるね」


と夕飯を(軽~く)食べ、


「パパのドーナツ~


と、コーヒーを持って席に戻りました。

で、いつもだったら来るじゃないですか?ヤツが(笑)
お決まりの掛け合いが始まる!ってコッチも身構えるわけですよ。

そしたらやっぱり来ました。
部屋のすみっこから駆け寄り、
ボクのヒザの上によじ登ってきます・・・。
視線はドーナツの入った袋に一直線・・・!


(来るっ)


すると、


「ぱぱだいすきー」


(・・・え?それだけ?)


もっと・・・、こう・・・、いつもの・・・、ないの?
「ちょーだい」とかさ、「たべぅ」とか・・・。

パパは食べるまでのプロセスを楽しみにしてたのに・・・。

しかも、
「ぱぱ、だいすき」でも「ぱぱ、だ~いすき」でもない・・・。



「ぱぱだいすきー」
「ぱぱだいすきー」

「ぱぱだいすきー」
(棒読み)・・・。


チョ~やっつけじゃん(笑)

これじゃ手ぇつなぐ前にキスしちゃうようなもんじゃん(笑)


これって、
ただの「オウム返し」の時期から、
自分の頭で考えて、
過去の経験もふまえて、(←パパはワンパターンやから、という(笑))
最良(最短)の言葉を出せるようになったということでしょか。

なんだか寂しいやら嬉しいやら、ですね~。

多分これからまた急速に言葉が発達してくるんでしょう。

いつまでもワンパターンやってたらアカンってのはこのコトやったんですね。

次のパターン考えなきゃ・・・!(チガウだろ(笑))




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

動物レストラン

昨日の風呂上がりのコトです。

ママとお風呂に入った息子を、
パパがタオルを持って迎えます。

なかなかパジャマを着ようとせず、
ひたすらスッパダカのまんま逃げ回る息子を捕まえると、

「わんわんなのっ!

と一蹴され(ホントに足蹴りもくらった・・・(笑))
四つん這いのまんま布団の上をグルグルグルグル周り、
時折ジャンプもし始めました。

そう。
ひとり動物芝居の開演です(笑)

次々と色々な動物に変身しては、
セリフもしゃべります。

昨日の設定は、
どうやら「レストラン」のようでした。


「わんわーんっ!わんわーんっ!」

「おー、ワンワン元気いっぱいだなぁ~」

「でんち、いっぱいゃよぉ~」


しかも機械仕掛けのようです(笑)


「ほらぁ~、そろそろパジャマ着んとカゼひくぞぉ~」

「い~やっ!いま、ごはんつくってゅかやぁ~」
(イ~ヤッ!今、ご飯作ってるからぁ~)


・・・ついてこれますか?(笑)
ココから先は、
かなり特殊な『ワールド』になっておりますのでご了承下さい(笑)


「ご飯作ってんの?」

「うん、ぱぱもたべゆぅ?」
(うん、パパも食べる?)

「おー食べる~。ナニ作ってんの?」

「んー、しょーせーじと~、めややまやき」
(んー、ソーセージと~、目玉焼き)


ずいぶんとリッパなレストランのようです(笑)


「できたよぉ~~~っ」

「おー!やったぁ~っ!おいしそぉ~っ!」

「おしゃやにいぇてぇ~。はいどーじょっ」
(お皿に入れて~。はいどーぞっ)

「いっただっきまーす!う~ん、おいしー!コレ、ワンワン作ったの?」

「ん?こぅいぇ、ぱんださん、つくったの」
(ん?これ、パンダさん、作ったの)


さぁ~!ついてきて下さいね~(笑)

この後も、
ゾウさん・ライオン・コアラ・カメ・ブタ・・・が、
入れ替わり立ち代り現れました。


「ふぅ~。もぅパパお腹いっぱいだぁ~」

「ぱぱ、いっぱ~い、たべたぁ~?」

「おー。もぅお腹いっぱい。パパもそろそろお風呂入んなきゃ」


そう言って切り上げようとすると、


「いま、きぃんさん、もーたん、つくってくぇてぅかゃあ~」
(今、キリンさん、もーたん(ヨーグルトのこと)、作ってくれてるから~)


どうやらデザートがまだのようです。
いつも食後に『ゼンソク』のお薬をヨーグルトに入れて飲んでるので(実話)


しかし、
待てど暮らせどキリンさんが現れません・・・。


「キリンさん、遅いなぁ~」

「・・・・」


見ると息子が伏目がちで指をイジってます。


「パパ、そろそろお風呂入りたいんやけどなぁ~」

「・・・・」


ピンときました。

この時間を終わらせたくないんだって。

いつもだったらボクも
「うわっ!ナニそんな悲しそうな顔してぇ~。
わかった。ず~っとパパと遊んでたいんだろぉ~?(うりゃうりゃ)」

みたいにイジメるんですけど、
昨日は彼のちっちゃなプライドを守ってあげることにしました。


「おいで?」

(おっ!やっぱり(笑)素直にぎゅ~ってされに来おった来おった(笑))


「い~っぱいご飯作ってくれてありがとな~。おいしかったよ~」

って、
それはそれは長いこと(笑)ぎゅ~ってしてあげました。


「んじゃ、パパお風呂行ってくるかんな。またなっ」


って言ったらお風呂までついてきて、


「あしたは、ぱんださんと、ちゅみきゃよっ」
(明日は、パンダさんと、積み木だよっ)


って約束させられちゃいました。

というコトで、
今日も体力温存!(働けや(笑))

早く帰るぞぉ~。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

実家に帰らせていただかれちゃうんでしょうか?

なんのこっちゃ?って話ですけど、
「リフレッシュ」と称して、
妻と息子が名古屋に一時帰省を予定しています。

あくまでも『一時(いっとき)』ですよ?(強調(笑))

ボクら夫婦お互いに実家を離れてコッチに出てきた者同士。

理想を言えば、
せめてどちらかの両親のそばで暮らせれば良いのですが、
そうでない以上、
なかなか気軽に帰省というワケにはいきません。

ましてや46時中『ニギヤカ』怪獣と一緒のママはね、
「ツマって」しまうコトもあれば、
「クタクタ」にもなっちゃうってコトで・・・。

そんなこんなで「リフレッシュ」です。


え?ボクですか?

ボクのキモチは息子に代弁してもらいましょうか。





う゛わ゛ぁ゛~~~~っ゛!
(ひとりにしないでぇ~~~っ!)


寝起き泣き
(ひとりの目覚めはイヤだよぉ~~~っ!)


ってトコでしょうか(笑)


でも心のドコかでは・・・、


でも半分うれしい、みたいな
(半ニヤケ)


ラッキーみたいな(笑)


ま、フクザツだってことです(まとめた!)


で、イツから行くの?
いや踊ってないって、別に。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

もうスグ3歳!

3歳の誕生日まであと1ヶ月を切りました。

なんてったって4月2日生まれ。

これがあと十何時間か早く産まれていたら、
この4月から「幼稚園だ~っ」ってなってたかと思うと、
チョット不思議な気分・・・。


うぎゃ~
(もう3年も経つんやね~)


へその緒が二重に首に巻き付いて出てきたコイツ。

この瞬間からです。
ボクの涙腺がゆるみっぱなしになったのは・・・(笑)

それから3年・・・。


なに遊んでんねん
(人のケータイでナニしてんねん)


「カワイイ」「おもろい」だけでココまで来た感じですけど、
ちゃ~んと自己主張もするし、
感情豊かに育ってくれて・・・。

今朝もね、
ボクが出かける時に
しましまとらのしまじろう
ってテレビを真剣に見てるワケですよ。


「ナニ見てんのぉ~?」(顔スリスリしながら(笑))

「ぱぱ、あっちいってぇ~っ。おしごと、いくんでしょぉ~っ!」


ってまるでテレビを見るコトが自分の仕事だ!
みたいな態度をとるわけですよ。
「じゃますんな~!」みたいな。


「なんだよ~。イーだ (←つーかオマエが一番ガキ(笑))
じゃ~パパ、行ってくるかんね~


って玄関行って、
靴履いて、
玄関開けようとノブに手を掛けた瞬間を狙って(としか思えないタイミングで)


「おみおくぃ、すぅ~っ!」
{お見送り、する~っ!)


と廊下をダッシュしてきやがるんですわ。

もぉね、わきまえてるでしょ?

仕事行く気、失せますわ(笑)


でもまぁ、
あと1ヶ月しかない「2歳児」を、
これからも楽しませてもらうとしますか!


ちなみに、
なにげな~く最初に「幼稚園」って単語出しましたけど、
こういう仕事やってますでしょ?

いざ自分の子供を!
って考えると、色々考えるコト多いんですよ(笑)
願書提出までのコノ半年くらいは悩みますね、きっと・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。