>>
  1. 無料アクセス解析

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拳キチ

昨日のボクシング世界フライ級Wタイトルマッチ

WBAチャンピオンの坂田選手VS久高選手
WBCチャンピオンの内藤選手VS清水選手

いい試合でした。

ちなみにタイトルの「拳キチ」とは、
『あしたのジョー』に出てくる丹下段平が自らを称する時に使用した言葉で、
平たく言えば「拳キチガイ = ボクシングバカ」ってコトです。

そしてこの言葉は、
ボク自身にも当てはまる言葉でして・・・。

今までもココに何度か書いたコトがあるんですが、
ボクは兄貴たちの影響で、
小さい頃からボクシングの魅力に取りつかれ、
毎日のように兄貴たちとのスパーリングを繰り返すという環境で育ちました。

アレクシス・アルゲリョというニカラグアのボクサーに憧れ、
当時は数少ない彼の試合のビデオを繰り返し繰り返し見ては、
その動きをマネしたりしていました。

このアルゲリョという選手だけじゃなく、
好きなボクサーや好きな試合は、
それこそ数限りなくあるんですが、
それらをココに書いたらおそらく半年間毎日書いても足りないくらいなので(笑)、
テキトーに今後機会を見て、というコトにします。

そして昨日も、
ボクシングのおもしろさと凄さと怖さと・・・、
ココロ痺れる感動を味わいました。


久高選手。
負けてしまったけど、
彼がココまで積み上げてきたキャリアは戦績に現れています。

常に強い相手を選び、
その結果負け数は多いけれど、
その全てが世界チャンピオンになる為という“前向きな敗戦”だと思います。

昨日も、
総合的なキャリアで坂田チャンピオンには及ばなかったけれど、
センスは非常に良いものがあるので、
またこの敗戦を糧に這い上がってきてほしいです。

坂田チャンピオンは、
自信が表に現れるようになってきた感想を持ちました。

このチャンピオンのキャリアも、
語りだしたら止まらないくらい痺れるモノがあるんですけどね。


そして清水選手。
痺れました。
そして再び目にしたボクシングの怖さにせつなさがこみ上げてきました。

ショージキ、
これまではあまり好きな選手ではなかったし、
今回の挑戦も「え?もぅやるの?」って感じで冷めて見てましたけど、
吉田選手(前日本チャンピオン)に勝ち切ったコトが、
しっかりキャリアとなって現れていましたね。

昨日の試合は、
その吉田選手よりも内藤チャンピオンの方が強かった。
それだけだと思います。

やっぱり世界タイトルというのは、
そういう位置にあるモノなんだなーって改めて思いました。

あれだけ試合の終盤になっても、
カラダの軸がブレなかった内藤チャンピオン。

あの一発は、
彼自身が積み上げてきたキャリアの賜物でしょう。

初めての世界挑戦で、
1ラウンドわずか34秒でKOされた経験。

一発の怖さを骨身に沁みて知っているからこその、
アノ逆転パンチだったと思います。

今度は清水選手がその一発の怖さを知った。

これからが楽しみになるじゃないですか。
これからは応援します!


ボクシングだけではないけれど、
やっぱりスポーツはソコに至るまでのプロセスで決まるコトが多いですね。

華やかなリング上だけを見て語るコトも出来るけれど、
やはりソコに至るまでの経緯、
すなわち『人間力』が決め手であると思います。

また勇気を戴きました。


願わくは、
いま一度ボクシング人気が再燃するコトを!

世界戦は確かに華々しいけど、
その舞台を夢見るボクサーがホントにたくさんいます。

ボクはこれからも、
彼らから勇気を戴き、
応援していきたいと思います。


で、とりあえず明後日なんですが、
今度は日本タイトルマッチですけどおもしろい試合があります。

下田選手VS三浦選手

うぅ~・・・、見に行きてぇ~・・・。
スポンサーサイト

パパの笑顔が見たいから

「ぱぱ(まま)、R、といれいくぅ~」


このひと言が、
たとえ深い眠りについていようが、
バカ 親を思い通りに動かせるってコトを知ったウチのR。

って言っても、
背が届かないトイレの電気を点けさせる為だけなんですけどね。
(イスに登れば届くじゃ~ん!って言いたくなるコトもあるけど・・・(笑))

でも、
ひとりでトイレ出来るコトが親にとっての喜びでもあり、
また自分も誉められるってコトを覚えたんでしょう。

トイレから出てきたら必ず、
「おー、ひとりで出来てエラいなぁ~」って言うようにしているので。

なので例え夜中や早朝でも、
むくっと起き上がって「といれいくぅ~」って。

廊下が暗い夜だけは「てぇーちゅないでいくぅ~」
と手を繋いで引っ張っていくんですけどね(コワいのね(笑))

そしてパチンと電気を点けたら、
ソコでパパ(ママ)の役割は終わり。


「ぱぱ(まま)、ばいばーい」


とドアを閉めてひとりで用を足します。


カラカラカラ・・・。


お、トイレットペーパー出してるな(パパ心の声)
(たまに「いつまでカラカラさせとんねん!」ってトイレ内に踏み込むことも(笑))


ジャーーーーーーー


お、終わったな( 〃 )


ガチャッ。バタンッ!


「ただいまぁ~」
(帰り道は廊下が暗くてもひとりで大丈夫らしい・・・)


とまぁ大体こういう感じなんですが、
ある時ボクは気づきました。

何回かに一回の割合で、
“ジャーーーーーー” が無い時があるコトを。

で、更にパターンを分析していくと(笑)、
おしっこの時はほぼ100% “ジャーーーーーー” があります。

じゃあウ○チの時か?・・・っていうと必ずしもそうではない。


そこで更に更に分析を深めていくと (他にやるコトあるだろ・・・)、
ある一つの答えにたどり着きました。


それは・・・、


ちっちゃいカスみたいなヤツの時は “ジャーーーーーー

長っが~くて大っきぃ~ヤツの時だけスルー(笑)
(お食事中の方スミマセ~ン)

答えは実にシンプルでした。


見せたかったのね?(爆)


おそらくですね~、
Rも過去のパターンを記憶していて、
大きいのが出た時にボクが嬉しそうな声を出したのを覚えていたんでしょうね。


ココで今日のタイトルです。


まぁ確かに嬉しいけどさ、
でもデッカいウ○チ見て喜ぶって思われてるのもなんかチガウぞ、R・・・(苦笑)


でも、
おかげで毎日楽しい生活をさせてもらってるワケだし、
ウ○チのひとつやふたつで文句言ったらバチ当たっちゃうな?

よーしわかった!
これからもデッカいの出たらスルーしてこいよ?
思いっきりサイコーの笑顔で出迎えてやるよチキショーめ(笑)




↑ オレは誇り高きパパだぞぉ~~~っ!!(説得力ねぇな~・・・)

新旧交代

お陰さまをもちまして、
この度カウンターが7,000を突破していました。

いつもイジってくださる ご覧いただいている皆様に、
心からのパンチ 感謝を申し上げます。

ココまで続けてこれたのは、
ひとえにボクの 皆様のお陰です。


サラバ!シートくん
(オイラのおかげでもあるでしょ?)


これからも皆様に支えられながら続けていきたいと思います。
あらためてよろしくお願いします。


さてこの度、
ウチのRの体重が15kgを超えたというコトで、
チャイルドシートを買い換えました。

↑の写真のヤツはこれまでも何回か登場したモノですが、
これからはコイツです。


よろしく!新シートくん
(汗っかきのオイラでも快適だぜ~)
参考:Apricaホームページ


「こんどR、コレのるの?」


「そぅ!Rがちゃ~んと大きくなってくれたからな」


って楽しみにしてるのかと思ったら、


「R、おおきくないよ。まだあかちゃんでしゅ、ばぁぶぅ~」


だって・・・。
最近はなにかしら答える時に必ずフザケるんですよね・・・。


夏休みの新潟帰省はコレに乗って帰るぞ~っ!




↑ ちなみにくわえているのはパパの折りたたみです。

コピー?

ひるね

(『縮小』 ・ 『拡大』 みたいな(笑))


土曜日ですが、
スーパーへ行って帰ってきた後のお昼寝を激写されました。

同じ格好しやがって・・・。
そんなにパパが好きなのかい?(笑)


同じ格好といえば、
夜寝てる時もRの“パパのコト好きなんじゃねーの?”と思わせる行動が。

↑の写真のように、
ボクが寝てる布団はシングルサイズで、
ママとRが寝てるのはセミダブル。
(この写真はR用のちっちゃいヤツですけど)

そのまんま寝てれば、
明らかにRはゆ~ったり寝れるはずなのに、
最近は気がつくとパパ側の布団にゴロ~ンって

しかもピターっとひっついてくるのです。


ママじゃなくてね


ショージキ暑苦しいんだけど(笑)
なんだかんだ言って、
寝てる時の無意識下の行動でしょ?


ココロにウソはつけないんだな~R?え?


ってニヤケながら寝てる日々が続いてるのであります。

でも注意しなきゃいけないコトもあるって気づきました。

それは調子に乗ってギューってしようなんて思わない方がイイってコト。
(ほら、スグにボクって調子に乗るでしょ?(笑))

一回腕を回したらこぅ言われました(やっぱりしたんかい)


「んもぉ~っ!ぱぱ、あっちゅいっ!!Rにのっかってこないでよぉ~」


無意識下とは思えないほど明確な言葉と明瞭な発音・・・。
やはりコレがオマエの本心なのか・・・(涙)




↑ アツいのはコッチのセリフだよ、ンニャローめ

手抜きついでに…

ね?ichigekiさん?(笑)

昨日遊びに行った、
通称「じゃぶじゃぶ池」での写真です。

ココは毎日でも行きたいみたいですよ。
(だって水が浅いから(うぷぷっ))


20080725105905.jpg
(いいカラダしてんなぁ~)




↑ 暑い時は手抜きに限りますね?(笑)皆さまのトコには夜お伺いしまーす

名を名乗れ!

20080724145404.jpg
(あやしすぎるだろ)


オマエは何者だ!?
正義の味方なのか悪の化身なのか、
ドッチなんだハッキリしろ!(笑)




↑ そりゃこんだけ暑いんだもん。

皆さんは車のカギと家のカギを一緒にしてませんか?

昨日は、
『ガス抜き』と称した飲みニケーションで帰りが遅くなりました。

ボクは相変わらず飲みませんけど。

いや~、
また最近になって“飲みニケーション”ってモノが見直されてきましたけど、
コレってホントにケッコー大事やと思いますね。


まぁ、それはそれとして・・・。


で、
帰りが遅くなったって話ですけど、
駅に着いた時には、
サスガにもぅバスもない・・・。

トーゼン家ではRもママも寝てる時間なワケです。

それじゃしょーがない。

夜風に吹かれて・・・、
な~んてオシャレな気候でもないけれど、
いつものように夜道をの~んびり歩いて帰ってきました。

どーせ飲まないんだから車で行けば良かったなー、
なんてコトも思いましたが、
ウチの車は今日車検で預けたんだっけと思い出しながら・・・。


ん?



んんんんんんんんんんんんんんん?????



車検・・・?




あ゛ぁ゛~~~~~~~っ!!!


家のカギ、
車のカギに付けっぱだぁ~~~~~っ!!!




おいおいおいおい。
いま背中に流れた汗は暑さのせいだけじゃないだろ?

どーすんだよ。
ゼッタイにママ起きねーよ。

電話掛けよーが、
ピンポン押そうが、
耳元で「あ○してる」って囁こうが、

・・・そんなコトしないけど、

とにかくゼッテー起きねーよ、どーすんだよ(汗)


焦ります。
パパ、モーレツに焦ります。

我が家を目の前にしながら、
玄関前で野宿か?

そんな覚悟と共に、
「いや、ママのコトだから」って、
ありがちな“カギの閉め忘れ”にわずかな期待も胸に・・・。


そして気がつくと、
目の前には我が家の玄関・・・。

すぅ~・・・。

はぁ~~~~~~~。


ふんっ! 

ガンッ! 


・・・なんでカギ掛けてんだよ~(当たり前だろ)


さぁ~困りました。

ダメと分かっていても、
電話?掛けました。
ピンポン?三回押しました。

マンションだけど、
ご近所に思いっきりメーワクだけど、
大きな声だそうか・・・。

思いっきりドアをノックしようか・・・。

いやいやダメだ。

しょーがない、
家は諦めて車中泊しよう・・・。


・・・ってだからソノ車がないんだろーがっ!!


もぅまともな思考回路ではありません。
人間っておもしろいですね~(笑)

そんな風にフッと自分を笑った瞬間のコトです。





ベランダだ!

ウチはカラダに悪いからって理由で、
(まぁもともとボクもママもエアコンが苦手なので)
夜寝る時は扇風機派なのです。

つまりベランダの窓は開いてるハズ!

ココからはあんまり詳しく書けないんですが(笑)
開いているのが確認出来ました。

ドコかから見られてよーが、
通報されよーが、
知ったコトではありません。

よっこらしょっとよじ登って、
無事に家の中に入ることが出来ました。

だからこうやってブログも書けてるんです(笑)

え?
ママですか?

踏みつけたって起きやしないですよ(爆)




↑ 車屋にいた時じゃ考えられないケアレスミスでした・・・。

暴力じゃナニも解決なんかしないんだっ

先週の土曜日にプールに行った時のコトです。

ボクにとっちゃど~ってことないお話なんですが、
どーしてもココで話せってウルサいのがウチにいてですね・・・(笑)


それは流れるプールでプカプカと浮かんでる時のコト。

の~んびり流されていると思われていたその舞台裏では、
実はひとつの浮き輪をめぐって、
大のオトナ二人による激しい争奪戦が繰り広げられていたのです。
(R用すなわち子供用のちっちゃい浮き輪なんですけどね・・・)

だって、
浮き輪で浮いてれば勝手に流れに身を任せてるだけでいいけど、
浮き輪がない方は、
足がつかないコトで「ややビビリ」のRを抱っこしてなきゃなんない。

この差は大きい。

オトナ二人は激しく争いました。

そしてやがて、
「半周交代で使おっか」という折衷案が。


「それがいい、それがいい」


二人は平和的に半周ごとに交替で浮き輪を使って浮いていました。
Rも交代で抱っこしながら。

しかし、
平和な時は長く続きません。

だんだん半分では物足りなくなってくるヤツが現れ始めるのです。


そう、ボクです(オマエかい・・・)


そうすると、
「半分をチョット超えた、い~や超えちゃいない」
という実に醜い言い争いが・・・。

だんだんガマン出来なくなってきたヤツ・・・、
あ、ボクは実力行使に出ます(サイテーと言うなら言うが良いさ)

ママが浮いている浮き輪の下から、
アッパーを打ち込むようになったのです(〃 partⅡ)


「やめて~。パパやめて~」


すると、
これまで黙って状況を見守っていた正義の味方が目を覚まします。

いや、
正確には「ややビビリ」で固まってたヤツのカラダがほぐれます(笑)


「やめるんだぁ~っ!」(アンパンマン調)


キッとパパを見据えて続けてこう言います。


「ぱぱ!どんどんしないのっ!ままはRのたからものなんだからっ」


“非暴力の勝利”の瞬間です。


パパは文字通り撃沈・・・。

カッコいいコト言うようになりやがって。
『宝物』ですって。

試しに(やめときゃいいのに)Rに聞いてみましたよ。


「R、パパは?」

「ぱぱ、あっちいった~」(過去形?)


ほらね。




↑ コレで気が済んだかい?ママ?(笑)

再会

昨日は札幌の悪友 親友と久々の再会を果たしてきました。
(ムチャ旅1&2を共に旅したヤツです)

どーにも勘違いされてる方が多いようですが(笑)
チョー健全な再会やったっちゅーねん。

数えてみたら4年だか5年ぶり。
でも全くその時の長さを感じさせないのが親友ですよね。

昨日も改めてそう思いました。

この会わない間に、
共に親になり、
ヤツにいたってはこの年内に第二子が誕生予定。

そんな子育ての話から仕事の話まで、
サスガに学生時代のようなバカっ話ばかりとはいかないけれど、
ちょっぴりオトナでちょっぴりガキ臭さのある時間を過ごすことが出来ました。


社会人となってから共に丸10年を過ぎ、
ヤツもいよいよ勤め先を変えて新しい道に進むことを決めたようです。

その新しい道に向かって具体的な行動を開始した姿に、
ボクもチョット刺激を受けてきました。

今はその仕事においても全く別の方向に進んでいるボクとヤツですが、
きっといつか一緒にナニかをやるんだろーな。

なんかね、
そのイメージだけはハッキリあるんですよね。

根拠はないんだけど。


次はいつ会えるかは分かりません。
でも会えないことは問題じゃない。

これからどういう方向にお互いが進もうが、
ベクトルが交わる点は“ニオイ”でわかる(笑)

その交わる時を楽しみに待ちたいと思います。


とりあえずは、
オマエばっかり二人の子持ちってなるのが悔しいから、
オレも頑張るわ(笑)




↑ 夏バテしてる場合じゃない(笑)

プールへ行きました!

三連休ですね。

日曜日の今日は、
夕方あたりからチョット暑さが和らいだ気がしますが、
梅雨も明けたそうで夏本番ですね~。

そんな中、
昨日の土曜日は朝からプールへ行ってきました。


よみうりランド WAI
(よみうりランドでーす)


肉体美?
(むしろ休憩中のお菓子の方が好き?)


なるべくならRに付き合って、
水と戯れる姿を見ていようと思っていましたが、
それを許してくれないあまりにも暑い太陽クン・・・。

ボクもママもカメラそっちのけで、
一緒になってプール漬けの一日でした。

そしてこの日は、
アンパンマンショーもある日。


アンパンマンどアップ
(握手もしてもらったぜ)


突然プールサイドから表れたアンパンマンに大興奮!
この後バイキンマンにも握手してもらいました。


アンパンマンショー
(ショーも満喫)


プールでのRは、
なかなか顔を水につけようとしないで、
どっちかと言うとまだ水に対して怖さがあるようでした。

でも今回はボクもママも一緒になってプールに入って、
時には頭まで水に浸かる姿を見たからか、
最後の方は噴水みたく水が出てるトコに自分から頭を突っ込んでいくようになりました。

最後は三人で“流れるプール”に流されるコト4周。
ココは深さもあってRは自分では足が付かないので、
チョット顔が強張ってましたが、
抱っこされながら「きもちいいね~」って満喫したようでした。

たま~にパパが意地悪して、
手を離そうとするとマジギレしてましたけどね・・・(笑)


そしてそして、
『水があるトコ』ってコトでチョットだけ心配していた発熱も、
今回はプールだったからなのか休憩を無理やりでも取らせたからなのか、
な~んにも起こりませんでした。

むしろ水で疲れたのは親の方ばかりで、
今日はグダグダのパパママを尻目に、
しっかり公園でも泥んこになって走り回ってました。

すっげ~体力・・・


明日で三連休もおしまい。

パパは明日、
学生時代に一緒にムチャやった親友クンが東京に遊びに来ているので、
久々の再会をしてきます。

これも楽しみだ。

来週はパパがRの面倒見るから、
明日もママよろしくね




↑ 肌がヒリヒリしてます・・・。

世界の中心はボクだ!

最近は公園とかに遊びに行って、
知らないお友だちばっかりでもズカズカとその輪に入っていくようになった逞しいR。

たとえ、
いや、事実『常に』相手にされなくても(笑)それは変わりません。

懸命に話しかけて、
勝手におもちゃを奪って一緒に遊んでる「つもり」になっています。

も少し大きくなったら、
この「つもり」って意味がオマエにも分かるからな?(笑)

しかも何よりボクを“頼もしい感”で満たしてくれるのが、
その「つもり」の相手が男の子でも女の子でもカンケーないってコト。

この頃ってまだあんまり区別がついてないのかもしれませんが・・・。

そんな中で昨日、
またまたボクを満たしてくれる「つもり」っぷりをママから聞きました。

やはり公園で遊んでる時のコト。

・・・あ、一緒に遊んでる「つもり」の時のコトでした(笑)

とある女の子がお花を摘んでいたそうです。
そこにまたさりげな~く忍び寄るR・・・。

そして言った言葉が、


「そのおはな、Rにぷれじぇんと、してくれるの?」


どーですか?
コノ『オレが世界の中心!』感あふれるセリフ。

どんだけ皆に愛されてると思てんねん(笑)

でもね、
コレ聞いた時にチョットだけですけど、
“ボクらの子育ては間違えてへん”って思いました。

え?間違うてる?(笑)

今度はゼヒ、
ボクと一緒の時にこういう場に立ち会いたいものです。

勉強させてもらわなね




↑ かつてはボクが中心やった・・・。

おっ!お誘い?

今日パパ早く帰ってくる?
(パパお気に入りの)Lちゃんが一緒に花火やろうって
パパも一緒にって



昨日の仕事中に、
ママからこんなメールが届きました。


な、なにぃ~~~~~~っ!!
アノLちゃん(ココ参照)直々にお誘いだとぉ~っ!?

帰ります!帰りますとも!
Lちゃんのお誘いとあればウチのRを質に入れてでも!

・・・いや、
質に入れるのは他にいたな・・・(ニヤリ)

っつーか、
「質に入れる」って言い方古い?

まぁそんなコトはどーでもいい。

とにかく早く帰る為にさっさと仕事を切り上げよう。
そんなコトを考えていたらメールにはこんな続きが・・・。


【火を付ける係で】

・・・オレの火は消えたよチキショーめ(涙)



花火
(昔っから花火は怖がらないんだよな?)


火遊びが好きなのかい?(笑)


今年初!の花火でした。


おまけ
チャリ
(チョット暗いけど二人並んで自転車に乗る図が印象的でした




↑ 花火誘ってくれてありがとー!

絵本の園

またチョットご無沙汰しちゃいました。

この時期、
セミナーが立て込んでましてね・・・。

その全てで企画~DM発送~参加申し込み管理・・・、
もっとヒト入れてくれや~っ!!って叫びたくなること多数(苦笑)

そんなこんなでmadaは元気にやっております。


マンセー!!
(ボクもハジケて元気ぃ~っ!!)


しかしホントに暑いですね、毎日毎日。
今日ウチのRはプールに行ってるそうですよ
底は浅めだけど滑り台があるプールで大ハシャギですって(うらやましいゾ)

帰ってからの報告を聞くのが楽しみです。


さて最近はというと、
通っている保育園の近くにある(通称)「文庫」というトコで、
絵本を借りてこれるようになりました。

あまり詳しくは知らないんですが(夫婦の会話が足りないんじゃないの?(笑))
絵本がたくさんある部屋に入って、
どの絵本を選ぶかは完全に子ども任せ。

親は一切口も手も出さずに、
子どもが選ぶ本を持ち帰って読んでくるってモノらしいです。

そのセレクションがまたシブいことシブいこと・・・。


シブいゼ
(小学校中~高学年向きだって(笑))


でも「文庫」でもジーーーーっと見つめていたとかで、
今晩あたりパパも読んでやろうと思ってます。

絵本といえば、
この前「東京国際ブックフェア」なるトコに、
一応仕事も絡めて遊びに 見に行きました。
(花姥さ~ん!ボクは初日に行きましたよ~)

ソコで買ったのはこの絵本。


おまえうまそうだな (絵本の時間)おまえうまそうだな (絵本の時間)
(2003/03)
宮西 達也

商品詳細を見る
(宮西達也さんの大ファンなもんで)


この宮西さん、
パパと子の関係を描いた絵本が多くて大好きなのです。

Rも宮西さんの絵を見ると「あっ」て反応するし、
この方の絵本はパパが読むって決まってるみたい(笑)


これからも、
どんな絵本を彼が選んでくるのかが楽しみです。

いっぱい読もうな?




↑ ご無沙汰の皆さんトコに遊びに行きまーす。

ママを救え! ~夜の散歩~

ど~にもココのところ体調が戻らないママ。

大人にとっても、
ここ最近の天気はキツいモノがありますね。

昨日もボクが帰ると、
「頭痛くて気持ち悪~い」と言うので、
せめて頭痛薬でもってコトでドラッグストアに行くことにしました。


「Rもいくぅ~」


「んじゃーお外暗いけどパパと一緒行くか?」


「てーつないでいこっか?」


というコトで束の間の、
そして思いがけない夜のお散歩になりました。


20080708215913.jpg
(え~っと、ママのアタマのおくすりかうんだよな~)



帰り道はサスガに眠気も襲ってきたか、


「だっこしたほうが、はやくオウチつくんじゃなーい?」


なんて言ってましたが、
ママのお薬をしっかり持って歩き切りました。


20080708215916.jpg
(ちゃっかりご褒美もおねだりしたし)


Rにとっても、
多分外遊びも足りてなかっただろうから、
嬉しいお散歩になったようです。

夜のお出かけって、
なんとな~く気分が高まるんですかね。

ボクも小さい頃そうだったなぁ~なんて思い出しました。

昼間はもぅ暑いけど、
ケッコー今の時期は夜のお出かけがイイかもしれませんね。


心配なのはママだけど、
そんな体調にも関わらず、
ちゃ~んと(?(笑))ご飯作ってくれてありがとなー。




↑ 早くよくなれ~(Rとパパより)

かかと落とし

やはり土曜日はチョット暑すぎたのか、
その日の夜から軽~く発熱がありました。

見たところ、
風邪をこじらせたとか、
そういう風には見えなかったんですが、
念のためにと日曜日もやってる小児科へ連れて行きました。

ゴメンな~。
いくら楽しそうに遊んでても、
やっぱ気温と体調のバランス考えて、
もっと早く切り上げたら良かったな~

なかなかムズカシイ・・・。

で、お医者さん曰く、
「チョットだけ耳の奥が赤いので耳鼻科にも行ってください」

ってコトで、
併設の耳鼻科へ行くと、
「(なんとかの)中耳炎になってます」

と、
ゼンゼン軽いんですが、そう診断されました。
ただ発熱も長続きはしないでしょうとのコトでひと安心。

なので昨日はオウチでゴロゴロ日曜日でした。
(それはそれでパパとしてはケッコー助かるねん(笑))


結局、
先生の言うとおり今朝にはほとんど熱は下がっていましたが、
まぁ~夜中の寝相の良かったコト良かったコト!(笑)

熱があってダルい。
熱があるから風呂に入れずカラダがベタつく。
追い討ちをかけるように夜も寝苦しい。
汗もかく。
なおさらカラダがベタついてかゆい・・・。


「うわぁ~~~~~~~っ!!」


の掛け声一発!

思いっきりボクの左目に彼のかかとが・・・


「オトナ」なボクは(笑)
そのコトには一言も触れずに、
朝起きてきた息子におはようの挨拶をしました(ハグ付きで)

それがまぁ~フキゲンでらっしゃるコト!


「んもぉ~お!ぱぱ、すきじゃないかやぁ~っ!!」


アレは「無意識」じゃなかったの??(涙)
朝から凹んだパパなのでした。




↑ コレを「ふんだりけったり」って言うんでしょうね。

幼稚園バザー

夏っ!ですね

もぉ~どう考えても夏っ!としか言いようのない暑さですね。

そんな土曜日、
近所の幼稚園でのバザーに行ってきました。

来年ウチのコを通わせようか?
その候補の園の一つであります。

何より徒歩5分!っていう近さがイイ


20080705213507.jpg
(まずはナニはさておき「カキ氷」)


「R、多かったら残したっていいんだぞ」


「やだ。ぜ~んぶたべぅ」


20080705213520.jpg
(ドコかの星の方ですか?)


ハイ。
正解は「ブルーハワイ」でした。
(いつ問題出てたん??(笑))

じっとしてても汗が流れてくる暑さの中、
やっぱり子どものパワーとエネルギーってスゴいですね。


20080705213526.jpg
(もぅドコだって登っちゃうぜ)


一時間チョット、
休むことなく滑り台で遊びました。


20080705213524.jpg
(ブレちゃったけどイイ顔してるでしょ?)


いつもは「幼稚園に行く」なんて言うと、
仕事目線になっちゃうんですけど、
今日は「イチ親」として楽しんできました。

あ、でも気になってたか・・・。
先生たちの挨拶とか言葉遣いとか・・・(ははは)




↑ 自分の子どもを通わせるかも?と思うとなおさらね

メシがうまいのは…

20080704084204.jpg
(この顔のおかげ)


昨日は3人揃って夕飯を食べられました


では皆様、
また後ほど、です

チョット慌しいですが、いってきま~す




↑ 今日はまた一段と暑い日ですね~。

寝顔にただいま

昨日は、
元同僚クンと一年半ぶりに会ってきました。

今は「主夫」してるとのコトで、
お互いの子育てのコトや仕事のコト、
保育園でのコトやこれからのコト。

ロクに酒も飲まない三十路オトコ二人が、
渋谷のお好み焼き屋で三時間

メーワク客だったんだろうな~(笑)

やっぱイイですね。
同年代同士でのこういうメシって。

またね~。

というコトで、
昨日はRの寝顔に「ただいま」でした。

布団蹴っ飛ばして寝やがって・・・

んで朝起きたら、
「あ、なんだ。パパいたんだ」みたいな顔しやがって・・・(笑)

あぁ、いたさ。いましたとも。
今日は起きてる時間に(もちろん(笑))帰るからな~。




↑ ちゃんとオウチに入れてね?(弱っ)

「ほめる」について考えてみる

昨日のクレヨン事件について、
いつもお世話になっているちょこクロさんからのコメントを読んで、
ふと考えました。
(ちょこクロさん、お名前勝手に出させていただきました)

子育てにおいて、
盛んに言われている「ほめる」コトの大切さ。

でも、
子どもの「イタズラ」という現場に立ち合った時って、
真っ先に「感情」が先走るモンじゃないですか?

ボクだってそうだし、
きっと多くの方がそうだと思うんです。

でも「ほめる」?

どうやって?

そんなコトをグルグルグルグル考えてみました。

ま、
幼児教育の世界に身を置いている以上、
また自らが「子育て世代」真っ最中でもある以上、
避けては通れないテーマなのでチョット考えてみます。

事例はそのまま「クレヨン事件」を引用しますね。

で、
その前に、
基本的な部分というか“大・大前提”の部分として、

どんなコトをやらかしても必ず「ほめる」部分を探す

という心構えが親として必要だと思っています。
(社会的・道義的「悪」でなければ、というのはもちろんですよ)

では吟じます! じゃなくて行きます。


部屋一面に子どもがクレヨンでイタズラ描きをしてしまった。


ココで「ほめる」トコを探します。

当然「やってはいけない」と最終的には教えなければいけないんだけど、
それは「ほめた」後にします。

①「なーにやってんだよっ!ダメでしょ!そんなトコに描いちゃっ!」

②「うわ~!随分思いっきり描いたな~。なに?もうお絵かき帳じゃ物足りひんの?
そっかー。この辺なんてホント太~いイイ線描けるようになったもんな~。
チカラもついたんやな~」


言葉の言い回しは人それぞれだとしても、
①が感情的で、②が「ほめる」(もしくは「認める」)

つい①で言っちゃいそうになるんだけど、
ココはグッと忍耐で②のように言うように心がけます。
(大・大前提を思い出します)

だって、
やっちゃったモンはもぅしょうがない。
時が戻るワケでもないし。

であれば、
まず「ほめる」(認める)トコを探す。

そして口に出す。

その上で次の言葉へ行きます。

①「もぅアンタが消しなさいっ!」

②「でもココはさぁ、お絵かきしていい場所じゃないよな?
お絵かきはドコにするんやったっけ?(お絵かき帳を手元に置きながら)」

「これ(お絵かき帳)」

「そうやんな?よぅ分かってるやん。エライエライ。
でも分かってるんやけど思いっきり描きたかったんや?」

「うん」


スッゴいキレイ事に聞こえるかも知れないんですが、
ココでのポイントは、
「お絵かきはお絵かき帳にする」というコトを分かってもらうコト。

その為に、
いわば“誘導尋問”で「お絵かき帳」と答えさせる質問をするのがミソです。

そしてその質問への正解に対して「ほめる」


①「消さないんだったら押入れに入ってなさいっ!(ピシャッ!)」

②「じゃーコレどうやって消そか?ちょっとコレで拭いてみ?(雑巾を渡す)
(ゴシゴシ)落ちひんよな~。な?クレヨンってなっかなか落ちひんねん」


一緒にやるコトで“大変さ”を理解しあいます。

そして消し終わったら、


①「わかった!?大変なんだからもぅやるんじゃないよっ!」

②「ふぃ~っ。疲れたな~。でも頑張ってキレイにしたな。よしよし」

繰り返しますが、
かなりのキレイ事やとは思います。

この通りにするには、
その時の精神状態やらもろもろの条件が必要でしょう。

でもココロの奥底に、
「必ず『ほめる』トコを探すんだ!」っていう意識があれば、
少しは口から出てくる言葉も変わってくると思っています。

そして子どもは繰り返す生き物であるということを理解するコト。

「楽しい」と思うコトほど繰り返す。

これは理屈じゃない。
『質』として子どもが生まれつき持っている特性です。

そしてその『質』は、
シングルエイジと呼ばれる9歳頃まで続くと言われています。

だから逆に言えば、
今までは感情的にばかり叱っていたとしても、
シングルエイジ期間であれば取り返せるというコトも言えます。

このコトを親が理解しているだけでも随分とチガウと思います。


なんだか最後は熱が入って説教クサくなっちゃいましたが、
そう言っているボク自身、
こうやって書くことで気持ちを整理してる部分があるのでね。

それをなにかの参考としていただければ、
それはそれは嬉しいです。




↑ いつもココロに余裕を!と言いながらまた感情が・・・(笑)

うたた寝もできやしねぇっ(ママのキモチ)

ちょいとココ数日、
更新とオジャマが滞りがちでございます。

そんな中、
(ボクにしたら)笑える出来事が・・・。

昨日のコトなんですが、
ママとRが髪を切りに行こうと、
いつもの託児も出来る美容院に予約を入れようとしました。

しかし希望の時間は予約がいっぱい。
チョットした「空き時間」が生じました。


「はぁ~~~~~(ココロからのため息)チョットひとやすみ」


ママにしたら貴重な時間となるハズでした。


zzz・・・。


そりゃ眠くもなるだろうさ(ね?世のママさん方?)

でも・・・。
うとうとと眠りに落ちていくママを尻目に、
怪獣三歳児の企みがちゃくちゃくと進行していることを、
ママは知らなかったのです。

ハッと目を覚ましたその時、
部屋の様子が一変しています。

床・ふすま・そしてテレビ・・・。


すべてが青クレヨンまみれ だよ~ん。


やられました・・・。

とうとう「書きたい欲」がはみ出ちゃいました。


ボクじゃないよ~
(だれがやったんだろうね~)


ま、
怒るママのキモチもわかるし、
はみ出したいRのキモチもわかる。

これからも「忍耐」の二文字がキーワードになりそうですね~。


「なにR?思いっきり書きたかったの?」


「うん」


「そっかー。でもママ消すの大変そうだっただろ?」


「うん」


「今度書きたくなったら、お絵かき帳い~っぱい広げて書くようにしような」


「うん」


チョ~空返事っぽかったですけど(笑)
こういうコトの繰り返しなんでしょうね。

“三歳児っぽくていいじゃないか”

ま、
なかなかそうは思えないだろうけど、
Rのその「書きたいんじゃオラー!」なキモチを汲んであげてさ、
頑張れママー




↑ でもボクはRの味方でもあるのだ(ははははは)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。