>>
  1. 無料アクセス解析

2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休み突入!

昨日が仕事納めだった方も多いと思いますが、
ボクも通常業務は昨日までで、
今日は会社の大掃除というコトで出勤しています。

あとはテキトーに身の回りを整理して、
それが終わればいよいよ冬休み突入!です。

Rも昨日で年内の保育園は終わり。
よ~く頑張ってくれました。

家だけでは味わえない、
お友達との関係とか先生との関係とか・・・。

やっぱり保育園に行かせて良かったです。

ママも仕事復帰を果たして、
大変さの中にもドコかしら充実感も漂い・・・。

そんな色々あった今年のmada家ですが、
来年はさらなる激動の年になりそうです。


・・・え?何が起きるの?って聞きたいですか?


ままままま、
それはおいおい、ね(笑)


まずはゆっくりカラダとココロを休めたいと思います。
お疲れしたっ。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ さーて!R!遊ぶぞぉ~~っ!!


スポンサーサイト

まえだまえだ…まえだ?

我が家は今晩がクリスマスパーティ

ママお手製の普段着 ごちそうの他に、
Rがリクエストしたモノ、
それは・・・。


20081225212405.jpg
(ピザハットのダブルロール)


なんでもCMを見て食べたくなったんだとか・・・。
さすがはジャンクもの好きのパパの子・・・。

そしてそのCMに出ているのが、
ちびっ子漫才コンビの『まえだまえだ』

Rは彼らのファンにもなっちゃったらしいです。


いっそのコト弟子入りさせてもらって、
『まえだまえだまえだ』になっちゃえよ(笑)


で、
今日の昼間、
Rはケーキ作りもお手伝いしてくれたそうです。


画像 035
(いちごたっぷり・・・♪)


画像 036
(ひとりじめしてやるぅ~っくっくっくっく・・・)


このケーキ、
パルシステムで頼んだ『クラシックショコラ 純』ってヤツだったんですが、
そこらで買うケーキより数倍おいしかったです。


チョコ系がお好きな方、
これはオススメですよ。


そしていよいよケーキタイム。


画像 038
(粉砂糖をふりかけて完成♪)


楽しくおいしくいただきました。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ ごちそーさま~。


泣きべそクリスマス

行ってきました。
会社サボって 保育園のクリスマス会へ。


昨日の夜からRは大興奮!


「あした、パパとママとRの3にんでほいくえん、いこーねっ」


なんやなんや~。
楽しみにしてんのはパパだけちゃうんかいな?ってくらいに(笑)


お風呂の中でも、
クリスマス会で歌う歌をしっかり予習♪


あわてんぼうのサンタクロース♪


おもちゃのチャチャチャ♪


まいごのまいごのこネコちゃん♪


く・・・。
こいつぁハンカチが3枚は必要か?ってくらいに、
パパのテンションも高まります。


そして今朝、
3人で手をつないで園へ歩いていきました。

いよいよ会が始まります。


が、しかし・・・、



画像 020
(おい泣くな(苦笑))



目に涙をためて、
もぅボクからもママからも離れない離れない・・・。

やっとの思いで皆と一緒に整列させたものの、
結局一曲も・・・、
いやいや一言も歌うコトなく会は終了・・・。


恥ずかしさと甘えとが一緒に出ちゃったみたいでした。


ま、
何を隠そうボク(パパ)自身も、
小さいころはこんな感じだったのでね・・・。


誰?疑ってんの?


ったく・・・。
教えたつもりはないのに似やがって・・・。


でもそれくらいの方が、
20年~30年後に何事も楽しめるオトコになれるからな。

それで、
オマエはオマエで自分の子を見て思うんだ。


「ったく・・・。オレに似やがって・・・」って。



こうしてひと通り歌が終わると会は終了。

ボクはココで切り上げて仕事へ向かったんですが(ちぇっ)、
皆はこの後ケーキをたらふく食べたそうです。



画像 034
(ナニさっきからオマエないてんだよぉ~)



って言ったかどうかはわかりませんが、
大親友のMクンと絡めばこの笑顔。

Mクン、
いつもホントにどうもありがとー。

チョット悔しいけど、
キミの笑顔はRよりサイコーだよ


こんな感じだったので、
全開バリバリのRは来年のお楽しみとなりました。


多分ボクの経験上ですけど、
来年あたりだな

自分からマイク持って離さなくなるのは・・・(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 皆さんにもメリークリスマス♪です。


キミは神経衰弱でマジ泣きしたコトがあるか!?

一昨日の日曜日、
公園へのお散歩(遊び)が終わり、
家に帰ってお昼寝も済ませたあとのコト。


「ぱぱ~、ゲームしよ?」


と取り出してきたのは、
雑誌の付録で付いてきたトーマスのトランプ。

それを全部裏返して始まったのは、
そう『神経衰弱』


すでにこのテの “記憶系” には自信がないボク(苦笑)
案の定Rは次々と取っていき、
序盤はマジ負けの予感・・・。

しかし、
ボクもチョットしたキッカケで連続で取り始めるようになりました。


すると・・・。


081221_1504~01
(固まってる?)


ちなみに手前がRが取った山で、奥っ側がボクの山です。


「おーい、Rの番だぞ」

「・・・」

「R?」

「・・・」


081221_1518~01
(15分経過・・・)


このあと一人でお布団のトコへ行き、
聞こえてきたのは大泣きの声・・・。


悔しかったようですね~。
なんちゅう負けず嫌いヤローだ(^_^;)


ワンワンワンワン泣きまくって一息ついたのか、
夜になって言ってきました。


「パパが、とりすぎて、Rくやしかった・・・」


リッパな理由じゃないですか(親バカ?)


この負けず嫌い魂は、
保育園でもジューブンに発揮されてるらしく、
園の先生からの連絡帳にもよく書かれています。

鬼ごっこや大縄跳び・・・。

「うまくいかないとスッゴく悔しがりますね」って。


ボクとしては、
この負けず嫌いをどぅ活かしてやろうか?

楽しみは尽きません♪




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 冬休みに入ったらもっといっぱい泣かせてやるぜ(笑)


こんな晴れた日は

冬至だってのに、
この週末は信じられないくらい暖かかったですね。

そんな天気のせいもあって、
この土日は、
近所の公園でもチョット動いただけで汗をかきました。


20081221143904.jpg
(まずは土曜日。コートが暑そう・・・)


20081221143909.jpg
(いや・・・「はいどーぞ」やなくて一緒に蹴ろうや・・・。なぁ・・・)


20081221143912.jpg
(そっちの方がええの・・・)


公園にでっかくアンパンマンを書き残したRでした。



20081221143917.jpg
(そして日曜日。その帽子も脱いだら?)


日曜日はさらに暖かい日でした。


20081221143920.jpg
(おそらがあおいね~)


冬はいずこ・・・?
って思ってしまいますが、
今晩からまた冷え込むようですね。

ゼンソク持ちとしては気温差に弱いので、
あんまり寒かったり暖かかったりするとイヤなんですが、
『子どもは風の子!』で強くなっていってほしいモンです。


さーて!
いよいよ仕事納めの週に突入ですね。

終わりよければ・・・で頑張りましょう!!




明日はボクシングの日ですよ~
ボクの予想はコチラ




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 冬休みがチョ~待ち遠しい・・・(笑)



トロッコ問題

チョット(というかケッコー)前ですけど、
テレビでもやってましたね。

『たけしの教育白書』で、だったかな?


ちなみに
トロッコ問題”(ウィキペディアより)


簡単に言うと・・・、

線路上を暴走してくるトロッコが近づいてきました。
見るとその線路の先には5人の人が・・・。

このままでは線路の先にいる5人が犠牲になってしまいます。
しかしアナタの前にはポイントを切り替えられるレバーがある。

そのレバーを引けば5人の命は救われます。
が、しかししかし、
そのレバーを引いて切り替えた先の線路には人が1人・・・。

アナタなら5人の命を救うために1人の命を犠牲にしますか?
それとも・・・?

・・・という、
人の倫理観を問う歴史ある問題(問い)です。


ボクはこういう答えの出ない問題が好きでして・・・。
「考える行為にこそ価値がある」みたいな・・・。


ちなみにボク自身の回答としては、
『そのままにしておく』
つまり5人を犠牲にするのは致し方ないというコトです。

運命論を信じるワケではないけれど、
あるがまま、
手を加えない・・・。

言葉の使い方としては間違ってるかもしれないけれど、
(あとはビートルズファンに怒られそうだけど)
『Let it be』 的な考え方です。

はじめから彼らはそういう運命にあったのだと・・・。
そこに手を加えるコトはボクにはできない・・・。

そういうコトです。


まぁ色んなケースが考えられるので、
(その5人の中に家族がいたら?とか etc・・・)
その都度答えも変わるかもしれませんが、
基本的な考え方としては“手は加えずあるがまま”です。



さて、
なんだか育児ブログには相応しくない空気が流れてきましたが・・・(笑)


今度は、
というか実は今日のひとりごとで言いたいコトはこれから書くコト。


え~!まだ続くのぉ~?とか言わないっ


そのために一回、
その『倫理観』云々・・・からは完全に視点と立ち位置を変えます。

その変えた視点と立ち位置は、
(選択問題を与えられた時の)『考え方』であり『思考回路』とします。


今日のトロッコ問題でもそうですけど、
答えを“AかBか?”で問われる選択問題。

こういった問題に、
ウチのRもこれから数多く遭遇していくコトでしょう。
(学校のテストとかではないよ)

この時に、
ボクの願いとしてRに身につけてほしい『考え方』(思考回路)


ほら?
なんとなく育児っぽいテーマに戻ってきたでしょ?(笑)


続けま~す。


それは、
“常に第3、第4の選択肢をアタマで作り出せ”というコト。

そういうクセをつけろ、というコトです。


人ってケッコー他人に選択肢を与えられると、
そのドチラか?だけでアタマがいっぱいになってしまいがちなもの。

でもボクがRに身につけてほしいのは、
このトロッコ問題で言えば、
“石を線路に置いてトロッコを脱線させる”とか、
“5人(1人)に大声を掛けて逃げさせる”とか、
はたまたあるいは、
“自分を犠牲にしてトロッコを止める”とか・・・。

そういった選択肢を常に作り出せる思考回路を持て。

そういうコトです。


こんな話を、
近い将来Rとしていきたいなぁ~と思っています。



本来のトロッコ問題の趣旨からは大いに外れてしまいましたけど、
ちょいと今日はこの問題をダシにして、
ボクからRへのメッセージとしてみました。


本来の趣旨については、
もしご興味があれば皆さんの色んな意見を聞きたいと思うので、
コメントとして残してくださるとかなり喜びます(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ お願いしまーす。


Jagabee はひとりでは歩いてきませんから

昨日はママもお仕事お休みで、
Rとママ二人でお出かけするのを楽しみにしていたそうですが、
一日中冷たい雨が降り続けたせいで出かけられなかったそうです。


17:44
(from ママ)
今日お出かけできなかったから、
ジャガビーとチョコレート買ってきて



18:33
(from パパ)
はいよー帰るよ



~パパ帰途中

(お菓子名が書かれてるってコトはRのリクエストだな



19:25頃




19:30頃

「ただいま~。ケッコー降ってるわぁ~」



「あ!じゃがびーかえってきたっ!」



081217_1933~02
(帰ってきたのはジャガビーじゃねぇ、パパ様だ)


081217_1933~03
(我が家はかなりコレが好きです)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ またつまらぬモノを書いてしまった・・・(笑)


未熟親

昨日からの続きのようなお話ですが、
先週の金曜日、
Rの風邪が治って久しぶりに保育園に行った時のコト。

その久しぶりというコトが理由だったのか、
かなり激しく登園泣きをしたそうです。


「ヤだ!ヤだ!バイバイしないぃ~っ!
ママといっしょに、おしごとのトコいくぅ~っ!!


と、
なかなかママから離れなかったそうなんです。

するとそこに園長が現れ、


「いつまでうだうだ泣いてるんだ!
ほかの子も泣き出しちゃうでしょ!!」



と一喝。


その時ママは初めて見たそうです。
泣きながら園長の顔をしっかり見て「はいっ」って返事するRを。

この保育園では、
3歳とはいえどちらかといえば“お兄ちゃん”になるR。

その自覚なんでしょうか。


でもウチじゃそんな「はいっ」なんて返事、
聞いたコトないよなぁ。

なぁ?ママ?(笑)


でもこのコトをママから聞いた時、
色んな思いがボクの胸にも湧いてきました。


「そのセリフはホントは親が言うべき言葉だよなぁ」


ってコトと、


「果たしてボクがお見送りに行ったとして園長と同じコトがボクに言えたか?」


ってコト。


(ダレ?『オマエにゃムリ』とか言うてんのは?(笑))


あのぉ~・・・。
あと決してコレはママを責めてるとかちゃうからね?


(ダレ?『弱っ』とか言うてんの?)


いち親として、
いち父親として、
そして何よりRの父親として、

「ホントはオレがそういうコトは言わなな」って思いと、
「ええねん、園に任すトコは任せとけば」って思いがごっちゃになってるいうか。


こう・・・。
色々考えてしまったワケです。


こんな感じでチョット立ち止まり気味な親なんでありますが、
昨日もspiralcoachさんからコメをいただいたように、
(spiralcoachさん、いきなり勝手にお名前を出してスミマセン)
こういう状況を楽しんじゃってる部分もあるんですね。


うん。
なので立ち止まったって走りまくったって、
それでもLife goes on!なのじゃ。


だから未熟であって当たり前、
ボクもママもRもそうやって生きていくのだ!

というところで締め括りたいと思います。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ こんな思いを味わったことがある方からのアドバイスがあればゼヒお願いします。


ヤだヤだ攻撃

この週末もまたバトル満載!(苦笑)でした。

まずは土曜日、
スーパーにお買い物に行く時はゴキゲンで、


081213_1149~01
(おーい、あんまり先走るなよぉ~)


くらいの勢いだったんですが、
その帰り道には疲れたらしく「だっこ、だっこぉ~


しかしパパは両手に買い物袋、
ママはRが乗り捨てた(笑)キックボード。

抱っこなんてできるワケがない・・・。


「両手いっぱいなんだからムリに決まってんでしょぉ~っ!」

「ヤぁだ~!ヤだ、だっこぉ~っ!

「ムリだって。歩きなさい!」

「ヤぁだ~!ヤぁだ~!ヤぁだ~!ヤぁだ~!


家までの数百メートル、
住宅街に響き渡るRの泣き声とわめき声に、
少々気恥ずかしさを感じながらも引きずるように帰りました。


しかし帰ってきた瞬間、
「お昼用に」と買ってきた大好物のメロンパンを前にすると、
ピタリと泣き止みます。


オマエはドラミちゃんか・・・。


その後お昼寝をしたら、
キゲンもすっかり回復。

とまぁ土曜日はこんな一日だったんですが、
明くる日曜日も同様でした。


081214_1216~03
(お昼を食べ終わるまではゼッコーチョー)


しかしこの後、
遊んでいたおもちゃでボクの頭を叩いてしまったR。

「謝る」「謝らない」で言い争った後(どんな親子だ(苦笑))、


「あー!じゃーもぉいい!パパは『ゴメンナサイ』言えない子とは遊ばない!」


ってボクがそのおもちゃをポーンと投げ捨てました。


その瞬間、
『ヤだヤだスイッチON』です(笑)


ま、結局は眠くなったサインのようなモンなんですが、
ココのところはチョットその激しさが増してきていて、
パパもママもお疲れ気味です・・・

しばらく風邪で保育園を休んで、
家の居心地がいいからなのかどうなのか、
園に行く日は朝からスイッチ入るし。


チョットRにも不安やらなんやら、
いろいろ溜まってきているのかな・・・?


こういう時の接し方ってのも、
抱きしめてやるのがいいのか?
あえて突き放した方がいいのか?


ったく!
考えさせてくれるじゃないか(笑)


ま、考えるより感じたまま接すりゃいいんでしょうけどね。


そんな親を尻目に、
スパーン!とキモチよく接してくれた保育園の園長のお話があるんですが、
それはまた次回にでも。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 親も階段一歩ずつだぜ・・・。


ふっかーつっ!

回復!
復活!です。


20081212092808.jpg
(ご心配いただきありがとうございました)


今週はずっと家にいたせいか、
今朝の登園泣きは久々に大爆発だったようです(笑)

でもすっかり元気になりました。

また今晩、
保育園の連絡帳を見てお話を聞くのが楽しみです♪

明日明後日は、
またベッタリ甘えん坊かなぁ・・・?




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 復活記念のポチポチ応援をお願いしまーす。


余談。
来年のカレンダーが届きました。


081211_1948~01
(セゾンカードからのプレゼントです)


私はピアノ

Rが寝込んでしまってヒマだから・・・
というワケではないんですが、
ふと気がつくといつもアタマの中で流れているメロディがあります♪





コレ、
ボクが小学校に入るか入らないかくらいの時だよなぁ・・・。

でもホントに気がつくと、
アタマの中でいつも流れてるんです♪

お風呂に入ってると口笛吹いてたり・・・。

で、
な~んか切ない思いになっちゃう・・・。


そんなひとりごとでした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 何か引きずる思いでもあるのかい?(爆)


※本日Japanの10番はオレが背負う!更新です。


どーした?!R?

Bububububu~

仕事中にママからメールが入りました。


うげぇ~!39℃だって~
病院行くよ



おぉ・・・。
治ったと思ったらまたなのかR・・・。

そう言いたくなる気持ちをグッと抑えて、
ボクも早めに帰りました。


何ができるワケではないんですが・・・。


幸いにもかかりつけでスグに見てもらって、
『風邪』の診断だったとのコト。

ひとまず「ほっ」ですが、
明後日もう一度見せに来なさいと言われたとか。


喘息が出なければいいんですが・・・。


しかし、
今年は続くなぁ・・・。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 食欲はあったそうなので、あとはぐっすり寝るんだぞ~。


カ、カワイイ・・・

息子が行ってる保育園に、
とうとう初めて行ってきたんです。

『蕎麦打ち大会』で。

ソコで出会った先生たち 子どもたちがカワイイてカワイイて・・・


園にて
(パパ、どこみてんの?


園に着いたばかりの時は、
他のパパもママもいる様子に慣れなかったのか、
Rも不安そうな表情も見せて目にはうっすら涙も・・・。

でもいつも仲良くしてくれているお友だちと会ったあたりから、
「あぁ、普段もこうして遊んでんねやろな~」
って想像つくくらいに表情も柔らかくなってくれました。


そしてお蕎麦のおいしかったコト!


保育士先生の旦那さんが、
趣味が高じて毎年“振舞って”下さってるそうなんですが、
趣味でココまでやられる姿を見せられると、
「なんやコッチもやりたくなってくるや~ん」
ってチョット刺激もされちゃったり・・・(笑)

なので今回の蕎麦打ちは「見てるだけ~」だったんですが、
今月はまだクリスマス会もあるでしょ?

んで年が明ければ餅つき大会も・・・。

カワイイ先生たち 子どもたちにもまた会えるワケだ


餅なんて、
そりゃもぉ~張り切ってついちゃうからね~


先生たち 子どもたちにカッコいい姿をみせてやるんだっ(笑)


とまぁこ~んな感じで、
いつもRがどんなトコで何をしてるのか?
その様子の一端でも見るコトができた嬉しい週末でした。





嬉しいついでに・・・。


20081206143534.jpg
(帰ってから急に「さっかーぼーる、けろっか?」って


この時パパはまだ知らなかった・・・。
この一球によってRがサッカーに目覚めるコトを・・・。



・・・な~んて具合にウマくいきゃいいんだけどなぁ・・・(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ なんなら毎日のお迎えもパパが行こっか?(笑)


三角食べ

最近Rが家でも三角食べをするようになりました。

っていうか、
おかずを(あんまり)残さずに食べてくれるようになりました。

これも保育園効果のひとつですね~。

そんなのは家で教えるコト!
ってアタマではわかっていても、
家では好きなモノは全部食べるけれど、
『食わず嫌い』も含めてケッコー苦労していました。


白いご飯にふりかけ、
それを海苔巻きにしたモノだけ、の日も・・・。


でもこうやって完食してくれる姿を見ると、
これまであまり厳しく言ってこなかったという反省と共に、
やっぱり保育園には感謝のキモチが湧いてきます。


ママからは、
今日もおかず食べてる~
ってメールが来るし(嬉泣)


園の連絡帳には、
毎日の給食を必ず100%食べましたって書いてあるんです。

そんな積み重ねなのかな?


(「ちゃんと家で教えろ!」ってお叱りが飛んできそう・・・(苦笑)」




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 全部食べたときの誇らしげな顔がまたいいわぁ
   きっと園では毎日そんな顔してんねやろなぁ・・・(笑)

「はずかしい・・・」その意味は?

どーしても解けない問題があるんです・・・。

どう考えても答えが出ないんです。
なので皆さんのお力を貸していただけませんか?



昨日の夜、
風呂上りのRと絵本を読んで、
「じゃー寝よっか」って電気を消した時のコトです。


「あした、ほいくえん、いきたくなーい」

「あら行きたくないんだ?どーして?」

「さみしぃー」

「そっか寂しいか。でも明日と明後日行ったらお休みだぜ~」

「・・・」

「そしたらパパ・ママ・Rの三人で保育園行くでしょ?お蕎麦作りにさ」

「いやだ、パパいかない。ママとRだけいくぅ~」

「なんでよぉ~?パパ楽しみにしてんだからね~」

「ママとRだけ」

「なんで?パパ行っちゃいけないの?なんで?」

「はずかしい・・・」



問1
以上の会話の文脈から、
Rが述べた「はずかしい」の最も適切と思われる解釈を答えよ



① Rが保育園での生活の一端をパパに見られるコトが「はずかしい」

② 「はずかしい」パパには保育園には来てほしくない。
  もしくは、「はずかしい」パパに先生を会わせたくはない。


皆さまのお力を・・・
(もちろん真剣になんて考えないでくださいね?(笑))




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 気になって夜も眠れない・・・(爆)



※ おしらせ
『Japanの10番プロジェクト』は、
ホームページをやめてブログ形式として再アップ(リンク)しました。

Japanの10番はオレが背負う!
(もしご興味があればどうぞあし@名は『mada (plus α)』です)


行かないワケがない

今週末の“蕎麦打ち”に引き続き、
保育園での“クリスマス会”にも参加するコトとしました。


当たり前じゃん(^_^)v


あれ?
でも24日(水)?


・・・平日?


仕事・・・。





ま、いっかぁ~ (笑)





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 午前中は直行ってコトにして、と・・・。


ちいさな結婚式

とうとうこの時が来ちゃいました


「ママ~、R、ママとけっこんしきするぅ~」


ボクがご飯を食べている隣の部屋で、
Rとママの二人でコソコソそんな話をしてたんだそうです。


へんっくれてやらぁ~


それを聞いてボクも突っ込みました。


「えぇ~っ?!R、ママはパパと結婚したハズなんだけどなぁ~」

「Rとママが、けっこんしきするのっ」


どーやら彼は本気のようです(笑)


いいよ。あげる。


でも式を挙げるには、
それなりの場所を確保しなくてはなりません。


「でもさぁ~R、ドコで式挙げるの?」


「ん?べらんだ」


「???」


080806_1731~02
(ココ?)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 世界最小規模だな(笑)


ボクシング!ボクシング!ボクシング!

12月です。

年末といえば紅白!
・・・ではなくて格闘技が目白押しですね。

その中でもやはりボクが注目するのはボクシング。

サッカーだけでなく、
ボクが拳キチであるコトは何度かお話してきましたが、
今月は23日、そして大晦日に注目の試合が行われますので、
今日はその話題で行きます。


まずは23日のWBC世界フライ級タイトルマッチ
チャンピオン 内藤大助vsチャレンジャー 山口真吾(15位)

今や知らない人はいない(?)
くらいに有名になった内藤チャンピオンですが、
今回の試合「ナゼ(挑戦者が)山口なんだ?!」と非難轟々浴びています。
(正確には内藤選手にではなく、所属するジムなどの陣営に対してですが)

タイの名王者ポンサクレック選手から世界タイトルを奪い、
初防衛戦は亀田選手(亀田家の二男)、
二度目の防衛戦で前王者のポンサクレック選手と再戦、
で、前回の三度目の防衛戦が清水選手、
そして今回の四度目。

「ナゼまた日本人なんだ?!」
という非難が渦巻いてるというコトなのです。

が、
ココで裏事情や規定について話し始めると3日はかかるので(笑)、
単純に試合予想をしたいと思います。


予想
チャレンジャー山口選手のKO勝ち(7R or 8R)


意外ですか?

山口選手は下の階級から上げてきているので身長差がありますが、
お互いにカウンターを得意とする選手なので、
序盤は主導権の握り合いで静かな立ち上がりになると思います。

しかし中盤以降は、
お互いに踏み込んでのかなりの打ち合いになると予想します。

まぁスタミナとの絡みもあるので、
内藤選手の方が若干有利かな?と思わないでもないんですが、
山口選手、前回WBA王者の坂田選手と戦った時に序盤ダウンを奪いながらも、
終盤スタミナ切れを起こして追い切れなかった反省を活かしてくるハズ。

そうするとカウンターの差し合いで、
より小さく(速く)打てる山口選手のパンチが与えるダメージの方が上かな?と。

内藤選手のハンド(パンチ)スピードも決して遅くはないんですが、
チョット最近は特にパンチの振りが大きい(遅い)。

このチョットの差の蓄積が、
最終的にはKOに繋がるんではないか?と思っています。




で、で、
この日はこの世界戦がメインイベントではあるんですが、
実はボクシングファンの間では、
『前座』として行われる日本フライ級タイトルマッチの方が注目されています。
(ボクも実はコッチをメインで見たい・・・)


正規チャンピオン 清水智信vs暫定チャンピオン 五十嵐俊幸


前回、
清水選手が日本タイトルを保持したまま世界王者の内藤選手に挑んだため、
防衛戦が行われない内に『暫定的に』王者の地位に就いた五十嵐選手。

その決戦です。

この二人は、
アマチュア(大学)ボクシング界の名門である、
東京農大の先輩後輩というコトでも注目されています。

が、が、
ボクが注目してるのは、
五十嵐選手のテクニック。

もぉヤバいです。

完全に惚れてます(笑)
いま日本人ボクサーの中でダントツに好きな選手です。

ステップの速さと柔軟さ、
ディフェンスのテクニック、
そしてパンチのスピード。

そしてそして何よりも、
前回の暫定王座決定戦(vs金城戦)で見せた気の強さ。
「打ち合い上等!」っていう。

テクニシャンにありがちな“ひ弱さ”がない。
(パンチ力にはチョット物足りなさはありますが・・・)


大きなケガさえなければ、
2~3年のうちに世界を獲るだろうとメチャクチャ期待してる選手です。

なので五十嵐選手に心情的には勝ってほしいんですが、
おそらく結果は・・・、


予想
清水選手の僅差判定勝ち


根拠は経験差とカラダの厚み(パワーの差)です。

清水選手は前回の内藤選手への世界挑戦だけでなく、
世界王者時代のポンサクレック選手と戦い敗れた経験があります。

この二つの世界戦の経験はやはり大きいと思うのです。

そしてパワーの差。

(もし見られれば)一目でわかると思いますが、
両者のカラダの厚みは全く違います。

五十嵐選手は(まだ)線が細い。

パンチを当てたとしても、
ダメージとして与えられなければなかなかポイントにはなりません。

接近戦となって打ち合いになれば、
より回転の速い五十嵐選手に分があると思いますが、
おそらく清水選手は打ち合いにはノッてこないでしょう。

なので五十嵐選手のパンチをうまく殺して、
ポイントを稼ぐ清水選手の判定勝ちを予想します。


頼むからこの『前座』も録画でいいから放送してくれぇ。
それが願いです。
(生観戦ってのがホントは一番いいんですが・・・)



次は大晦日に行われるWBA世界フライ級タイトルマッチ
チャンピオン 坂田健史vsチャレンジャー デンカオセーン(1位 タイ)

これが5度目の防衛戦となる坂田チャンピオン。

その相手は2度目の防衛戦で対戦したデンカオセーン選手。
その時は序盤にダウンさせられながらも、
驚異的(っていうか坂田選手にとっては当たり前)な追い上げで、
引き分け(引き分けはチャンピオンの防衛)に持っていった試合でした。

なのでこの試合も決戦の一戦です。


予想
坂田選手のTKO勝ち(10R)


・・・随分と希望的観測でモノを言ってしまいました(笑)

いや、
無難に考えたら坂田選手の判定勝ちなんですが、
この前坂田選手のブログを見て驚いたんです。

両腕の筋肉の盛り上がりがスゲえ!って。

決して一発のパンチ力がある選手ではないんですが、
恐ろしいくらいのスタミナでコツコツと相手を追い込んでいくので、
このパワーを増した(であろう)パンチを喰らい続けたら、
10Rくらいでレフェリーが止めるんじゃないかと・・・。

よく『相手の心を折る』って言うじゃないですか?
それが見られる試合になるという期待も込めて予想します。


こ~んな感じですけど、
チョットは楽しみになってくれる人増えるかなぁ・・・。

ゼンゼン子育てには関係ないお話でしたけど、
ひとりでも興味を持ってくれたら嬉しいです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ ボクシングファンの方からの予想・ご意見もお待ちしてまーす。


10月~11月に読んだ小説

10月分を忘れていたので(笑)、
2か月分をまとめてご紹介します。

最近は独立準備でメルマガやら色々始めたので、
チョット読むペースが落ちてるんですが、
またまたおもしろい一冊も見つけましたのでよかったら参考にしてください。



【10月】


ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る


『警察小説好きの方に!』
ってやたら書店で売り込んでたので買ってみましたが、
文句なしのおもしろさでした。
(このページの)左側プラグインのトコにも『オススメ小説』として載せてますけど、
陰惨なシーンをそう思わせない(陰惨さを軽減する)キャラ描写が見事です。



信長の棺〈上〉 (文春文庫)信長の棺〈上〉 (文春文庫)
(2008/09/03)
加藤 廣

商品詳細を見る
信長の棺〈下〉 (文春文庫)信長の棺〈下〉 (文春文庫)
(2008/09/03)
加藤 廣

商品詳細を見る


信長好きとしては外せない!と思い続けながら、
文庫化を待っていた一冊です(だって単行本は高いんだもん(笑))
小泉元首相も絶賛!!
・・・なんてのはどーでもいいんですが、
消えた信長の遺骸の行方を捜す主人公が解き明かすナゾ。
その中でも特に謀反発生時の秀吉の動きが気になりました。
(なんで毛利討伐中なのにこんなに早く光秀を討てたのか?)
全体的に物語がゆったりと進みますので、
興味がない人は眠くなっちゃうかもです。



雪が降る (講談社文庫)雪が降る (講談社文庫)
(2001/06)
藤原 伊織

商品詳細を見る


人生経験も読書歴も浅いボクが言うのもなんですが、
『珠玉の短編集』ってこういう一冊を指すんだろうなぁと・・・。

過去に何かがあった。
そして現在もその過去を引きずっている主人公。
しかしそんな重苦しさを感じさせながらも、
ドコかに未来への光を感じさせながら進むストーリー。
そういった物語展開と主人公の「くたびれた中年」具合にいつも惚れてしまいます。



さよならバースディ (集英社文庫)さよならバースディ (集英社文庫)
(2008/05/20)
荻原 浩

商品詳細を見る


人間の話す言葉を理解する類人猿ボノボ。
その実験の中心となっている研究者の恋人が、
プロポーズ当日に研究棟から飛び降りて亡くなった。
その一部始終をみていたのはボノボだけ。
果たして自殺なのか?事故なのか?はたまた・・・?

ミステリーとしても読めますし、
動物愛護という観点からも読むコトが出来ます。
そして『学会』という世界の特異性も。
いつもの荻原作品のようなユーモアはありませんが、
なかなか考えさせられるコトが多い一冊でした。



【11月】



修羅の終わり (講談社文庫)修羅の終わり (講談社文庫)
(2000/01)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


超大作!です。
3人の登場人物が交互に描かれる物語。
そしてラストに向かって交わっていくそれぞれの物語。
いかにも貫井作品!な感じです。



破弾 (中公文庫)破弾 (中公文庫)
(2005/01)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


『刑事・鳴沢了シリーズ』の第二弾。
新潟県警を辞め、
新任地として赴任した都内の署で起こる不可解な事件。
その解決に向けて組んだパートナーははみ出し者の女性刑事。
公務であるがゆえに分かり合うコトを拒否する二人。
しかし次第にお互いの距離が近づき・・・。

この二人のやり取りを見ていくと、
鳴沢の不器用ぶりがよーくわかります。
この不器用さが人気の秘密なのかな?



長恨歌  不夜城完結編 (角川文庫)長恨歌 不夜城完結編 (角川文庫)
(2008/07/25)
馳 星周

商品詳細を見る


不夜城シリーズの完結編です。
相変わらずえげつなく、また簡単に人が死んでいくシーンが多いので、
どうしようもなく重苦しいんだけどいつまでも読んでいたい・・・。
そう思わせるシリーズでした。
あまり多くを書こうとも思わないんですが、
かなりボクはファンであるコトは間違いないです。



灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (文春文庫)灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (文春文庫)
(2008/10/10)
石田 衣良

商品詳細を見る


気がつけば、
読んでる石田作品はこのシリーズだけになっちゃいました。
安心して読める(イイ意味での)マンネリ感ですが、
今作では刑期を終えて街に戻ってきた加害者に対して、
復讐を願う被害者の妹と、実際に被害に会ったその兄の物語
『野獣リユニオン』が秀逸でした。
この兄貴のセリフがカッコよくってグッときました。



文体とパスの精度 (集英社文庫)文体とパスの精度 (集英社文庫)
(2003/04)
村上 龍中田 英寿

商品詳細を見る


小説、ではないですけど、
ワールドカップ予選を戦っている最中というコトもあり、
ヒデの言葉を今再び読みたくて買ってみました。
村上龍とヒデが日本のプロスポーツ界をめぐる
メディア・マスコミのあり方を抉る会話のシーンはホントに共感しました。
ヒデが『特異な人』と受け止められるのは、
メディアに原因があるとボクも思ってたので・・・。

これ以上書くとチョ~長くなっちゃうんですが、
この『ヒデ的』な考え方と発信力、
そして行動力が(メディアによって)『ワガママ』と言われなくなる社会こそ、
日本サッカーが世界標準に近づくカギだと思います。



ママの狙撃銃 (双葉文庫)ママの狙撃銃 (双葉文庫)
(2008/10/16)
荻原 浩

商品詳細を見る


またまた(やや)シリアス気味な荻原作品。
幸せな家庭を築いている母親が、
実は小さい頃から訓練を積んだ暗殺者だった・・・!
もう二度と銃は手にしないはずだったのに、
ある日かかってきた一本の電話によって再び『仕事』へ・・・。

意外な依頼者の正体、
そして最後の『仕事』の対象は・・・?
最後はほろりと泣かせます。



北の狩人〈上〉 (幻冬舎文庫)北の狩人〈上〉 (幻冬舎文庫)
(1999/07)
大沢 在昌

商品詳細を見る
北の狩人〈下〉 (幻冬舎文庫)北の狩人〈下〉 (幻冬舎文庫)
(1999/07)
大沢 在昌

商品詳細を見る


『新宿鮫』シリーズも中休み中というコトもあり、
別の観点から描かれた新宿の街が舞台となっているこの物語を選びました。
ヤクザ(宮本)と主人公(梶)の間に生まれる感情の芽生え方が、
分かるんだけど正直言ってチョット物足りなかったです。
この『狩人』シリーズもあと二作かな?あるので、
そちらに期待します。



というコトで、
今年読んだ小説は計79冊になりました。

特にオススメのものは、
ページ左側にありますのでよかったらソチラも参考にしてください。

今年も残すトコあと1ヶ月。
“ココロ震わす”一冊との出会いに期待して・・・。





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 年間100冊はムズカシイなぁ・・・。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。