>>
  1. 無料アクセス解析

2009-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが街 三軒茶屋

チョット今日は感傷に浸っちゃおうかなと・・・。


東京都世田谷区三軒茶屋。
ボクがコノ街に初めて来たのは今から13年前。
21歳の時でした。



キャロット
(三軒茶屋のシンボル 『キャロットタワー』)


確か13年前は、
まだこの『キャロット』も完成はしてなかったんだよなぁ・・・。
でも「こんな高っかいビルもあるんだ・・・」と思いながら、



三茶映画館
(一本裏手に入ればどことなくレトロな匂いが・・・)


世田谷線(緑)&キャロット
(こんな電車も・・・)


世田谷線(レトロ)
(ボクが来た頃はまだこのタイプも走ってたね・・・)


世田谷線(お~いお茶)

世田谷線(赤)
(今じゃとってもカラフルになったよ・・・)


これは世田谷線という、
昔風に言うと『チンチン電車』ってヤツも走ってて、


昭和のニオイがする街 って言葉がピッタリくる感じ。


なんでこんなお話をしようと思ったかと言うと、
13年見てきたコノ街と、
もうスグお別れするからなんです。

お別れと言ったって、
別に住んでたワケじゃないけど・・・。

でもずーっと居続けたコノ街のことをお話します。


13年前、
大学3年生になろうかというボクは、
キャンパスの移動もあって、
それまで住んでいた横浜市のアパートを引き払い、
三軒茶屋のお隣にある池尻大橋というトコに引っ越してきました。

サークルと女の子に今でも 夢中だったボクは、
徒歩10分ほどで着いちゃう三茶の街でバイト探しを始めるコトとします。


お山のすぎの子
お山のすぎの子


そして2年間お世話になったこのお店の厨房に立つコトで、
ボクは料理の腕と同時に、
妻となる人をゲットするコトになります。
(13年後の今のボクはその腕も 愛も 錆びつかせちゃってるけど・・・(笑))


そして1998年、
社会人生活の始まり。

某新車販売会社のT社、
その配属先の営業所で、
いち営業マンとして担当するコトとなる地名を聞いてボクは目を丸くします。


上馬 ・ 三軒茶屋 地区担当。


まぢ?(@_@)

そう思いながらも、
結果8年間に渡る営業生活を送ります。

おかげで、
なんにも大げさじゃなく、
どんな細っそい路地であろうと裏道であろうと、
「通ったコトのない道はないっ!!」と言えるようになりました。


しかし運命は、
まだボクを三茶の街から離してはくれませんでした。


(まだ)現職である幼児教育の会社に、
そこに新車を売っちゃったばかりに、
社長からのラブコールもあり転職するコトになるのです。

また三茶。
まだ三茶・・・。

ま、
もちろんRが産まれたコトによって、
教育に興味が湧いたってのが最大の理由ですけどね。

そして更に3年の月日が流れ、
すっかり社長との関係性は悪化してしまいましたが(あはっ、言っちゃった(^_^)v)、
今回の転職へとお話は繋がっていくのです。


すでに次の職場は、
三軒茶屋ではないトコに決まっています。

とうとう三茶の街を離れる時が来ました。

クドいようですが、
一度も住んではいないんです。

にもかかわらず、
職場も何度か変わっているのに、
これほど長きに渡って居続けて見続けた街。


これを『わが街』と言わずしてなんと言おうか・・・。


その『わが街』にいられるのも、
残すはあと一ヶ月・・・。

色んな思いが去来しているせいでしょう、
なんだか景色が違って見える毎日なのです。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ ちなみにボクの三茶でイチ押しのラーメン屋は、

茂木
茂木 さんです。雲呑麺が絶品!!

スポンサーサイト

大台突破

おはようございます♪
雪が舞い散っている東京の朝です


昨日の保育園での健康診断の結果ですが、
Rの身長がとうとう 100cm を突破していました

ちっこいカラダで産まれてきたコノ子も、
ほぼ4年間かけて1メートルの世界の住人となりました。

体重も順調で 16.6kg
そろそろ抱っこも辛くなるワケだ・・・。


「へぇ~っ!R!100cm 超えたって?大きくなったなぁ~」

「うん。Rもうすぐ4さいだからね」

「な。んで?100何センチだったの?」

「ん?・・・」


・・・と、
黙っちゃいましたがそりゃそうだ(*^_^*)

100cm も1メートルも、
まだRには「???」な世界の話。

なので仕方がないので ママに聞いてみました。


「R、何センチだって?」

「ん? 100.3センチ。 ははは・・・」





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 誤差?(笑)


今日は健康診断

今週は雨が多いですね~。
んでもってチョット寒さも戻ってきてます。

花粉症の方にとってはラクなんでしょうか。

ボクも去年あたりから、
な~んとなく花粉症っぽい症状が出ているような気がするんですが・・・。

しかし相変わらずの医者ギライ(笑)

特に困っているワケでもないし、
むしろ「花粉症です」って診断されるのがイヤで避けてるというか・・・。

ま、
あんまりヒドくなるようなら行きますけどね。


さて、
今日ママとRは、
4月から通う新しい保育園に健康診断に行ってるようです。

Rにも4月から園が変わるというコトは伝えてあるので、
こうやってちょくちょく足を運びながら、
新しい園の雰囲気に少しずつでも慣れていってくれたら・・・と思っています。

パパも下見を兼ねて(何の?)今度一回行っとくかな~。
有休もあるしね♪





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ なぁR?いつ行く?(ワクワク


転園

ボクの転職先が決まった次の日、
実は我が家にはもうひとつの『内定』が出ていました。



090222_1124~01
(主役はオイラだよん♪)


4月からのRの保育園です。

ママが仕事復帰したコトもあり、
認可保育園への入園を市に申請していたんですが、
それがこの度『内定』となったワケです。

今通っている所では、
せっかく 先生とも仲良くなってきて、
「さぁこれから!」って時だったのに Rも慣れてきたトコなので、
チト迷いもありましたけどね・・・。

新しい先生たち 環境に適応していってほしいと思います。


んで昨日、
これから入園までの予定やら何やらを確認する意味で、
ママとRは実際その園に行ってきたそうですが、
印象は良かったみたいです。

今度は今までのような異年次保育ではなくて、
学年別でクラス分けされているので、
かえってRにとってはイイんじゃないかと・・・。

まぁなんであれ、
その『適応力』と『遊びの天才』っぷりを思う存分発揮してくれれば良し!です。

家はこれまでと変わらず、
安らげる場所であるコトに変わりはないしやな。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ どんな先生たち 子ども達がいるんやろ・・・。


そういえば・・・

20081016091507.jpg
(すっかり忘れてたや・・・(^^ゞ)


転職活動のゴタゴタと、
あとは過剰利益問題なんかもあったから、
まいっか・・・。

でもナニナニ?
次回は6月21日か・・・。

よし!
ココで受けて受かってやろうじゃないの!


あとはそうだなぁ・・・。

今はとにかくカラダを鍛えたいっ

いや、
カラダ自体は毎日の日課として鍛えてはいるんだけど、
この2ヶ月間はチョット軽めのヤツに終始してたんで、
元の状態に戻したいです。

ってか戻します。

エアロバイク40分にバランスボール20分、
シャドー(ボクシング)3分×3Rに基礎筋トレ・・・。

しめて1時間半コースなり~♪

はい、
トレーニング馬鹿です(*^_^*)
(『バカ』がつくのは『親バカ』だけじゃないんですね~)


サスガにこれを毎日は厳しいけど、
週3はやらないとど~も落ち着かない・・・。

Rの体力にこれ以上離されないためにもね。


う~ん・・・こうやって考えていくと、
コーヒーについても学びたいし、
読書も今よりももっともっとしたいし、
なんだかやりたいコトだらけ。


欲しいモノは手に入れるまで続けるパパの本領発揮ですね♪


頑張るぞぉ~っ。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ なんだか『一年の計』みたい・・・(笑)


のんびり休日

あたたかいコメント、
ホントに皆さんありがとうございましたm(__)m

この週末は、
久しぶりに心からの~んびり過ごすコトができました。


「こんなに寝れるもんかっ!?」みたいな・・・(^^ゞ


そうやっていつまででも寝ていられそうなカラダを起こして、
Rへの感謝を込めて『パパ業』もしっかりやりましたよ~♪



20090223092205.jpg
(まずはコーヒー豆屋さんへ)



ま、
コレは『パパ業』というより親の『オトナの趣味』だけど・・・。

ウチはねぇ~、
コーヒー消費率が高いんです。

やたら飲む。

パパの本音としては、
もっと道具にも懲りたいし、
スクールにも通って美味いコーヒーを極めたい・・・。

それくらいのコーヒー好き一家なのです。


で、
この豆屋さんは歩いて行くにはチト遠いんですが、
Rが自転車で行く分には丁度いいので、
後ろから支え押しながらお散歩気分で行ってきました。

ココで何を思ったか、
いつもは見向きもしないRが、
「Rものむ~」とサービスで出されるコーヒーを口にしました。



20090223092209.jpg
(にがっ・・・)



なはは・・・(*^_^*)
やっぱまだムリだわな・・・。


「R、もうすぐ4さいだから、のめるとおもったんだけどなぁ~・・・」


な~んてオトナぶりたがるひと言もありましたが、
オトナへの道はまだまだ長いんだぜ~。


(だってオマエのパパは、
34年も生きててまだオトナになりきれないんだからな・・・


こうして家に帰ってきたんですが、
スグに家には入りたがらないのが3歳児。


「まだ、おひるたべない~。ちゅーしゃじょーで、あそびたいぃ~」


と、
狭んまい駐車場(笑)で小一時間、
走り回って遊び始めました。



20090223092212.jpg
(トーゼンのごとくパパもお付き合い・・・)



こうしてクタクタになるまで遊んだあと、
ようやく家に入ってお昼を食べて、
ぐっすり(パパも)お昼寝して、
の~んびりとした週末の時間は過ぎていったのでした。



20090223092215.jpg
(仕上げに歌うぜ~♪)





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ リタイヤ後は渋い珈琲屋のマスターもいいよな~・・・。


なんだかんだドッキドキの果てに・・・

おかげさまで、
無事に『本命』の内定が出ました。


ふぃ~~~~~~です。


なんだかんだ言って、
かなりドッキドキしながら結果を待っていました(^^ゞ


ココに改めて、
改めて皆さまの励ましと応援に感謝いたします。

ホントにありがとうございました。


090218_1106~01
(こうやって目を閉じてココロを鎮めていれば・・・)


転職を決意してからのコノ2ヶ月間は、
ホントに毎日毎日胃の辺りが痛くて、
頭が痛くて吐きそうで叫びたくて・・・。

そんな日々でした。

でもやっぱりコノ子に助けられてましたね。(ママは?)


ココに来られる方で、
イチバン口が悪いアノお方にも言われてましたが、
Rの笑顔を曇らすコトだけはしない!っていう一心でした(ねぇママは?)


やっぱりパパはオマエのおかげで強くなれるんだな(だからママはってば?)


ボクは決して運命論者ではないけれど、
4月からは、
“これまでの経験があったからこそ”の場で働けます。

色々と苦労や不満もあったけど、
今の職場はきっとそのための場だったんだなって。

きっと何か見えないチカラに導かれたのかもしれません。

そう信じて、
現職での残務はもちろん、
新しい職場に向けた準備をしっかりしていこうと思います。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ ママにケーキでも買ってくか


出し切った感

最終面接終了れす!

昨日も温かい励ましと応援のコメント、
ホントにホントにホントーにありがとうございましたm(__)m

ひとまず今は終わったという安堵感に包まれ、
ビールに飲まれてフラフラしております・・・(^^ゞ


あとは結果を待つのみですが、
できるコトなら今日でこの転職活動は終わりにしたい!

そう思えるくらいやり切りました。
出せる範囲で(笑)すべて出し切りました。

満足です。

取り急ぎナニしゃべってるか自分でもよく分かってないんですけど、
ご報告まで。でした。





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



ココロシズカ

転職活動もいよいよ大詰めです。

とうとう明日、
幸運にも『本命』の最終面接を迎えるコトとなりました。

もぉココまで来たら、
何も特別なコトはありません。

今までどおり、
いつもどおり、
それにプラスして皆さんからいただいた応援を胸に、
静かに明日を迎えようと思います。



090102_1617~01
(Vサインでまってるよ~)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ これがパパの進む道・・・。


夏かっ!!

って思わず言いたくなるような週末でしたね。

ホントに暖かかった。
っていうより暑かったです。

コートを着ていったコトを後悔するような天気の中、
またまた二人で公園で遊んできました。


20090216095217.jpg
(「はやくおろして~」って言ってます)


たまたまこの時は、
もうスグ2歳になるという近所の女の子もママさんと来ていて、
一緒に砂遊びをしたり、
すべり台を一緒に滑ったり・・・。


いや、
正確には一緒に遊びたがったんだけど逃げられたり、か・・・(笑)


でもこの公園は、
住宅街の穴場的な場所というコトもあって、
あんまり他の子と一緒になる機会も少ないんですが、
イイ機会なんでボクは遠巻きにRの様子を眺めるコトにしました。


(その代わり女の子のママさんとお話を・・・とかじゃないからね


その女の子に対してどーするかな~?って見てたら、
もぅ自分から行く行く(笑)

いつの間にそんな積極的になったんだい?って思うくらい、
話しかけたり一緒に手を引いてあげたり・・・。


20090216095209.jpg
(登り方の実演中・・・)


こうやって、
すべり台を逆さから登りたがってるのを見れば、
「こ~やって、つかまりながらのぼるんだよ」とか言いながら。

手を引いて一緒に登ろうとした時には、
逆に怖がられて泣かれてたけどね(笑)

でも今までは見られなかった世話焼きぶりを見せてくれました。


イイお兄さんしてんじゃん♪


なんだか嬉しくなったパパなのでした。


(あ、『ホントのお兄ちゃん』にしてあげなさいってのは今日はナシね


そして女の子が帰った後は、
いつものように独壇場。


20090216095214.jpg
(キャッホー!)


こんな片手を挙げたまま滑れるようにもなってるし・・・。

子どもの成長は、
ホントある日突然!というか、
目に文字通り『見える』モンなんだな~って改めて感じた週末でした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 一段と男の子度も上がりました


美味いからオススメします

20090213142215.jpg
(小岩井 無添加野菜)


バックに映るは、
ウチのブログ画面じゃないですか(笑)

お昼を会社で取る時には、
まぁ大抵こんな感じです。

そしてそして、
お昼に欠かせないのがこの野菜ジュース。

世の中に野菜ジュースは数あれど、
ボクはコレが一番好きなのです。

なにがというと、
セロリの味が濃い。

コレに尽きます。

なので、
セロリが苦手な方にはオススメしませんが、
もし苦にしなければゼッタイ美味しいと思います。

お試しあれ~♪




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ ちなみにRも野菜ジュースは(ほぼ)なんでもOKです。


ストレングス・ファインダー

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る

(こんな本なんですが・・・)


今の会社で、
おそらくボクと同時期に辞めるコトになる後輩クンがプレゼントしてくれました。

ひと言でいうと、
『自分の強みを見出し、活かそう』という本です。
(『強み』= Strength 『見出すヒト・モノ』= Finder )

単純に遊びに近い感覚で自分の強み探しに役立つという側面がある一方で、
経営者の方たちにとっては、
従業員の強みタイプを把握する為に使える本ともいえます。


具体的にどんな内容なのか?というと・・・。


なにかと人は、
自分のネガティブな部分にばかり目が行きがちで、
そこを「治そう治そう」としたがる生き物。

しかしいわゆる『成功者』と呼ばれる人たちは、
弱い部分の改善に目を向けるのではなく、
己の強みを把握し、
その強みを極限まで伸ばしているものなのだ。

そんなコトが、
およそ200万人へのインタビューから結論として導き出されたそうです。


そして人が持つ強みは34個に分類するコトができる。


その中で、
あなたに隠された強みを導き出して、
それを伸ばす手助けとして下さいというもの。

普段このテの本ってボクはあんまり読まないんですけど、
転職活動という改めて自分を見つめなおす作業中であるというコトと、
後輩クンの好意をありがたく頂戴する意味で早速読んでみました。


この本のイチバンおもしろいところ、
それは表紙カバー裏に印字された『IDコード』

このコードを、
文中に記載されているサイトにアクセスした後に入力すると、
自分の強みを導き出す為のパーソナルクエスチョンが始まるという仕組み。

(ちなみにサイトはココです)

質問は全部で180問だったかな?
かなりの数なんですが、
それに答え終えると『アナタの強み』としてレポートを見るコトができます。

このコードは、
一冊につき一つのみの記載となっていて使い回しは不可。

要は“買わなきゃできないよ”というモノ。


で、
やってみました。

その結果、
ボクの強みとして出てきたモノは・・・。


『学習欲』
『内省』
『共感性』
『最上志向』
『適応性』

の五つ。
(34個の強みのうち5つが自分の強みとして表示されます)

学ぶコト考えるコトが大好きで、
周囲のヒトの感情を察するコトができて、
平均以上のモノを見つけると最上にまで磨き上げずにはいられず、
不意の変化にも対応できる柔軟さを持つ。

コレがボクの強みだそうです。


ヤッバいよね~。
また大きなカン違いを起こしちゃいそうだよね~(笑)

って思っちゃうんですが、
ココは信じたモン勝ち。

この強みを自分で理解した上で、
今後の行動を取る際の参考としてみようと思います。


まぁ敢えて苦言を呈すとすれば、
なにかと“線の細さ”が気になる今時の若者たちにとっては、
強みを伸ばすコトも大事だけど、
バランスという意味で弱い部分も理解し克服するコトも大事じゃねーの?
ってコトなんですが、
ソコはまぁいっか・・・。

その辺はボクだけじゃなくて他の方がアツく語ってくれるだろ・・・


というコトで、
やってみたい方はどーぞ買ってみて下さい。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 後輩クン、ありがとー!お互い次の世界でも頑張ろうな。



草まみれ

昨日は祝日。

日差しはなく、
少し肌寒さを感じましたが、
散歩を兼ねてチョット遠くの公園まで行って遊んできました。


090211_1105~01
(もぅ梅の花が・・・)


090211_1106~01
(「このきのしたでとって」だって(笑))


いっちょまえにポーズまでとってやがります。


さて、
この公園まで来たのには一つ理由が・・・。

それは、


「すけーと、やりたい~っ」


というモノ。


公園でスケート?とお思いでしょうが、
何かというと・・・。



090211_1110~01
(見えますか?)



そう。
ソリです。

随分前に買ってはいたんですが、
なかなか使う機会がなくてボクはショージキ忘れてた・・・(^^ゞ

でもRは覚えていたようで、
昨日のデビューとなったワケです。




(久々に動画です)



ホントはもっと急な坂もあって、
パパとしてはそっちで滑りたかったんですが、
それでも何回も往復して汗をかくほどでした。

こうしてたっぷりとカラダを動かして、
お昼を食べに家に帰ると、
まぁ~出てくる出てくる・・・。

セーターから髪の毛から、
体の至るところに付着した枯れた芝生が・・・(笑)


「なんでオマエ、パンツの中からも出てくんだよ!?」みたいな(笑)


こうして、
自然の中を駆け回り転がり回った一日は終わっていったのでした。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ これハマりそう。



日本vsオーストラリア戦を語る!

結果こそ全てのサッカーワールドカップアジア地区最終予選、
その最大の山場とされるオーストラリア戦が間近となってきました。

久々にヤバいくらいに興奮してます・・・(^^ゞ

この前もRと二人でサッカー番組を見ている時、


「Rな、また水曜日サッカーあんねん。大~事な試合が」

「え?じゃ~パパ、またおぉ~っきぃこえ、だすの?」

「そうそう。でも今回は声だけじゃなくてカラダごと暴れると思うぞ」

「え~っ!Rねてるとおきちゃうから、ちぃ~っちゃいこえにしてね?」

「その心配はないと思うぞ。だってRが起きてる時間にやるから(にやっ)」

「えぇ~~~~っ!!」


と、
しっかり前フリしときました(笑)


オーストラリア戦といえば、
やはり2006年ワールドカップドイツ大会の第一戦が思い浮かびます。

1-0でリードしていて、
残り10分少々を逃げ切れば勝利という時間帯から、
わずか6分の間に3失点・・・。

あの時の絶望感といったらなかった。

今回の一戦は、
あの悪夢のような敗戦のリベンジの場と捉えている選手も多くいます。

というか、
マスコミの煽りに応えてくれてる感も多少あるかな・・・。

ただ、
負ければ今後の展開がかなりヤバくなる一戦ですから、
アツい試合が見られるコトは間違いないでしょう。


サッカーって、
見る人によってチームの戦術面に目が行ったり、
選手個人への興味が行ったり、
ドコに主眼を置くかによって見方がゼンゼン変わっちゃうスポーツなので、
何にテーマを置くかをスゴく迷ってしまうんですが、
観戦歴23年を誇る maeda は日本の攻撃陣に目を向けたいと思います。


『決定力不足』と言われ続けている日本の攻撃。


今回の試合も、
おそらくは大きくて高さもあるオーストラリアに対して、
日本の攻撃はサイドからの崩しを徹底するコトと思います。

そしておそらくはいいクロスが何本か入るでしょう。

ただその時に、
エリア内またはエリアのスグ外に、
何人の選手が詰めていけるか?が勝負の分かれ目になると思います。

ちなみに相手のオーストラリアは、
同予選のカタール戦だったかな?4-0で勝った試合があるんですが、
その得点シーンを見ると、
クロスが上がった時には必ずエリア内に3人以上の選手が入っていました。

シュートを打って終わりではなくて、
シュートがキーパーに弾かれた場合を想定して詰める役、
シュートを打てずにボールが流れた場合を想定してフォローする役、
そういった約束事が徹底されていた印象を受けました。

でもこれって当たり前のコト。

チームとしての『約束事』
縛られすぎるのは良くないという声もあるけれど、
同じようなレベルで闘う以上、
この『約束事』がチームで徹底されているかどうか?は大きな差を生みます。

オーストラリアは、
メンバーのほとんどがヨーロッパでプレーしているにもかかわらず、
即席に近い状態で代表として集まっても、
これらの『約束事』の元にかなりまとまったプレーをします。


対して日本はどうか?


あえてネガティブに言えば、
プレーは中村俊輔を筆頭とした個人の『アイディア』による部分が多いです。
(最近はその傾向にも良い意味での変化が見られるようになりましたけど)


でもチョット待って。


日本が目指す方向は、
外国人との体格差によって『個人』で打開するのは厳しいから、
『組織力』でもって闘うってコトじゃなかった?

確かに日本人も『個』のレベルは上がってきてるし、
その『個』の集団として『組織』となるなら期待も持てます。

なのに相も変わらず『俊輔頼み』みたいなサッカーでいいのか?
そんな疑問は見ていてずーっと感じていました。


そこに『約束事』はあるのかい?と・・・。


やっと結論に向かいますけど・・・(^^ゞ
その結論を導き出すキーワードは今回は『国民性』にしますね。

国民性という点で見れば、
一般的に日本人は勤勉で決められたコトをコツコツと・・・、
対して外国は自由奔放で・・・って言われてますけど、
実はそうじゃない気がしています。

特にことサッカーにおいては、
日本人は普段の勤勉スタイルをあえて捨てて自由にやりたがる。
対して外国は普段の奔放さにオンして、
非常に勤勉に約束事を徹底しながらサッカーをする。

ココに最大の差があるのではないかな?と。


つまり日本は、
サッカー = 【-勤勉】 + 【自由】 (残るのは【自由】だけ)

一方外国は、
サッカー = 【自由】 + 【勤勉】 (両方を保有)


話がアッチコッチ行ってスミマセンが、
こう考えるとやはりオシム監督の存在は非常に大きかったなと思います。


「日本のサッカーを『日本化』する」


この『日本化』という言葉に、
ボクは「日本よ、勤勉さを取り戻せ」というメッセージを感じます。

いま岡田監督が掲げている
「『コンセプト』の徹底」という言葉。

これもなんだか分かるようで分からない、
非常に『日本化』の妨げになる曖昧さがあるなと危惧しています。

小泉首相のワンフレーズなんちゃら、みたいなね。

そしてこの曖昧な言葉によって、
チームの『約束事』が反故にされないコトを期待します。


日本が走れるチームであるコトは間違いない。
中盤のパス回しだって随分良くなった。

あとはゴールへ向かうフィニッシュです。

右からのクロスには誰がエリアに入る?
左からは?

真ん中から行く時は誰がまずウラを取る?
そのフォローは?


ゼヒそういった『約束事』を愚直にやり続ける勤勉さをベースに、
+αの閃きをもってケチョンケチョンにやっつけてほしいなと。

そう願って、
テレビが壊れない程度に応援したいと思います(笑)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ ボクシングだけじゃね~のかよ・・・って言わないでぇ~~ぇ。


初!お迎え!

今日はママの職場の棚卸し。

なので夜も帰りが遅くなるというコトで、
パパが保育園のお迎えに行きました。

朝のお見送りはこの前したんですけど、
お迎えとなると今日が初めて。

定時キッカリ(いやチョット早めだったか・・・(笑))に会社を出て、
ソッコー保育園に向かいました。


もちろん一刻も早くRに会いたいからですよ?


センセー!! R~!お待たせ~!」


ちゃんと昨日のうちからパパがお迎えに行くと言ってあったので、
「誰?」扱いするコトもなくRは近づいてきてくれました。

ちょうど作り終えたブロックの飛行機を持って、
「ぱぱ、みて~」って。


ホントだってばっ!


で、
帰り支度をしていると、
まだ残っている2歳の女の子がこんな嬉しいコトを言ってくれました。


「Rくんの、おにいしゃん?」


もぉね、
その子には次にボクが行く時にお土産を持っていく約束をしちゃいましたよ(笑)


先生達は苦笑いを浮かべていたような気がするけど・・・。


でもこうやって初めてRが一人で帰り支度をしたり、
コートを着て靴を履いて、
みんなに「ばいばーい!」ってやるのを見て、
すっかり溶け込んでる姿に安心しました。

自分より小さい子には率先して教えてあげたり、
先生にはタメ口を聞いていたり・・・(苦笑)

な~んだか、
すっかりお兄さんしてるんだね。

連絡帳だけではわからない生の姿を見れて良かったです。


また機会があったら、
いや・・・、
機会は作るモノ。

近いうちにまたお迎え行こうかな~♪

え?何のためって?

決まってるじゃん。
先生 お友達ともっとお近づきになるためでしょう。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ こういうコトはあんまり間隔を空けちゃダメなんだよな


IKEAにて・・・

久しぶりに IKEA に行ってきました。



20090208224808.jpg
(一年ぶり?くらい?)


オープンしたての頃は、
あまりの行列(渋滞)ぶりに2度行って2度とも諦めて帰ったコトも・・・。

しかし今回はサスガに落ち着いてました。



20090208224819.jpg
(どーやらRは椅子(ソファ)好きのようですね)


もぉ置いてあるソファというソファに、
全部座らな気が済まん!とばかりに駆け回るR。


そんな大したモノを買ったワケではないんですが、
ひと通り眺めてるとやっぱり色々欲しくなっちゃいますね。



20090208224823.jpg
(でも結局すべり台のトリコ)


広い店内に、
ソコソコ遊べるモノもあってRも楽しんだようです。



20090208224827.jpg
(で、シメはやっぱアイスですか・・・)


いつになるかは分からないけど、
『次の家』のイメージだけは膨らんだ週末でした(笑)





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 戸建を買うっきゃね~な~。


ハノハナシ

『歯の話』です(*^_^*)

いまボクは歯医者通いをしています。
何年か前に治療した時の詰め物が取れちゃって・・・。

んで、
その穴がまたやたらデカい。

左の下の奥歯なんですけど、
もぉもともとの歯なんてほとんど残ってないくらい。

かろうじて土台部分が生きている、
そんな9割がた『人工歯』の状態。

今回はお休みの日にRとおにぎりを食べてる時だったかなぁ・・・、
ボリッ!てイヤ~な音がしたと思ったら、
銀色の物体がご飯粒にまみれて・・・。


汚いね(^^ゞ
ゴメンナサイ・・・。


なのでその時は、
「うわちゃぁ~っ!今度こそインプラントか?」
って心配になったんですが、
まだかろうじて土台部分が生きているというコトで、
根気よく治療を行っている最中なのです。


でもコノ歯、
実はある時に絶大な効果を発揮するコトがわかりました。


それは・・・。


「R~!歯みがきするぞぉ~っ」

「いやだ~っ!はみがきしない~っ!」の時です。


これまでの傾向として、
コイツが率先して歯みがきをする時というのは、

1、新しい歯ブラシを買った日とその翌日くらいまで
  (単なる新しモノ好き)

2、新しい歯磨き粉を買った日とその翌日くらいまで
  (同上)

3、コレを買った日とその翌日くらいまで
モンダミン ママはワタシの歯医者さん 30ml+ブラシモンダミン ママはワタシの歯医者さん 30ml+ブラシ
(2008/03/24)
不明

商品詳細を見る



まぁ要は長続きしない・・・(笑)


でもそんなRが、
ボクの歯が取れた日以来、
しっかりと磨くようになったのです。


ナニがあったのかって?


ただ単に、
嫌がるRに向かって大~きく口を開けただけです。

そしてたったひと言・・・。


「オマエ、こぅなってもイイんだな?」



まぁ~コレが効く効く(笑)

今までの苦労が嘘みたいにピタって。


『怪我の功名』?


でボクは思いました。

今までお菓子を食べまくってきたのは、
きっとこの時の為だったんだ・・・と。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ やっぱりパパの人生は全てオマエと出会うためだったんだな。
   (ゼッタイに違うと思われる方はスイッチオン!(笑))


3歳児に励まされるオトコ

いや~疲っかれました


ってのっけからスミマセンm(__)m
実はこの2日間で3つの面接を受けてきました。

変に間を空けるよりは勢いで行っちゃえっ!!
って感じで詰め込んだんですが、
おそろしく疲れました・・・(^^ゞ

いやはや・・・、
やはりパワーを消費するもんですな。

でもおかげさまで、
その3つとも次に進めています。

会場入りする前も、
皆さんからの激励を思い出し、
ケータイからコメを読み返しては勇気をいただき臨むコトができました。

あらためて感謝!です。


そしてそして忘れちゃいけない3歳児


081206_0907~01
(呼んだ?)


面接前日の夜、
プラレールで一緒に遊んでいた時のコト。

このプラレールも、
かなり複雑な線路を組めるようになったRですが、
またまた独創的なモノを作ろうとしては、
「あ~、これじゃつなげれないか~。ココとココがあ~なって~・・・」
(「つなげれない」=「繋げられない」)
と困っていました。


「パパ、せんろつくるの、てつだってっ」

「あいよ~。うわ!こりゃまたフクザツやなぁ~。どーしたいん?」

「ココとココがうえとしたで~・・・」
(要は『立体交差』を作りたかったようです)

「うぇ~。こりゃ大変だぞ~」


って、
二人であ~でもないこ~でもない言いながら作り始めました。

でもなかなかRがイメージする形にならない・・・。


「Rさぁ、コレ難しすぎね?」


ってボクがポロっと口にした瞬間でした。


「パパ!あきらめちゃダメッ!」


・・・。


なんかね、
神の啓示を受けたようでしたよ(苦笑)

もちろんRにそのつもりがあって口にしたワケではない言葉ですけど、
ボクがこのところ感じている不安やらなんやらで、
チョット弱気になりかけてるココロがシャンッとしたというか・・・。


たかがプラレールなのに・・・(^^ゞ


でもね、
なにかを教えられた気になったんです。


「そーだよな。R、最後まで頑張らなきゃな」


って「気づかせてくれてありがとー!」のつもりで、
ギューをしに近づきました。

そしたら、
「ギューいらないっ!パパ、はやくせんろつくってっ!!」

だって・・・。



今日の教訓:
「プラレールで遊ぶ3歳児は人生の本質を教えてくれる」


お後がよろしいようで・・・m(__)m




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 面接前はプラレールで遊ぼう(笑)


1月に読んだ小説

今年もやりま~す(笑)

一昨年は、

対岸の彼女 (文春文庫)対岸の彼女 (文春文庫)
(2007/10)
角田 光代

商品詳細を見る


そして去年は、

テロリストのパラソル (角川文庫)テロリストのパラソル (角川文庫)
(2007/05)
藤原 伊織

商品詳細を見る


が maeda 的ベストでしたが、
今年はどんな作品に出会えるのか?楽しみです♪


---------------------------------------------------------------


では早速、
1月に読んだ小説たちです。


ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
(2008/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る

ストロベリーナイトの大ヒットで、
誉田作品の書店内の扱いが明らかに変わりましたね(笑)
この作品も『ストロベリー~』同様に警察モノですが、
お嬢様タイプと男勝り(男以上?)という極端にタイプが違う女性刑事が主人公です。
住宅街で起きた篭城事件と未解決の幼児誘拐事件、
二つの事件を結びつけるモノとは?
そして『ジウ』とは?
三部作の第一作目ですが、
あっという間に物語の世界に入れるコト間違いなし!です。



悪党たちは千里を走る (集英社文庫)悪党たちは千里を走る (集英社文庫)
(2008/09)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

率直な感想は、
「へ~、貫井さんてこんな話も書くんや~」って驚くくらいのライトテイスト。
マヌケさを醸し出す詐欺師コンビと、
そのコンビと偶然同じカモに目をつけた美人詐欺師が企てた『ゼッタイ安全な誘拐』
しかしその安全なはずの誘拐がホンモノのヤバい誘拐事件に巻き込まれ・・・。
会話の端々に、
これまでの貫井作品には見られなかったユーモアさがあるのは新発見だけれど、
ストーリーとしてはスピード感が足りずにチョット物足りなかったかな。



告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る

こんだけ売れてるって聞いたら、
そら「買ってまうやろ~!」みたいな・・・(笑)
聞けばもともとは、
第一章の『聖職者』だけで短編として書いたのがキッカケだったとか。
学校で起こってしまった不幸な『事故』
その犠牲となった女の子の母親であるクラス担任の先生の『告白』
その告白に追い詰められていく二人の男子生徒・・・。
その男子生徒を見つめる女子生徒・・・。
引きこもってしまった男子生徒を復帰させようとする新しい担任・・・。
再び最後に現われた先生・・・。
そして衝撃的なラストシーン・・・。

命の重さとは・・・?
他人との関わり方とは・・・?
それぞれの立場から語られる『告白』は、
読中・読後感ともにサイアク・・・。
なのにどんどん読んじゃう。
噂に違わぬ一冊です。



残照 (光文社文庫)残照 (光文社文庫)
(2004/01)
小杉 健治

商品詳細を見る

久々に小説らしい小説を読んだな~という満足感に浸れる一冊でした。
戦後の混乱期を乗り越え、
日本が大きく発展したそのウラに隠れた超格差社会。
その社会が生み出したものは、
人を人とも思わない強欲な権力者と、
無気力感と非常識に身をまとった若者達の姿だった。
「こんな日本に誰がした?」とばかりに、
私的に『戦犯』を処刑しようと立ち上がった老人達のアツい物語です。



深紅 (講談社文庫)深紅 (講談社文庫)
(2003/12)
野沢 尚

商品詳細を見る

この話はおもしろかった!
というより深かった!
修学旅行中に一家4人を惨殺され、
ただひとり生き残ってしまった女の子。
犯人に対する憎悪感を募らせる中で知った一つの事実。
それは、
その犯人に自分と同い年の娘がいるというコト・・・。
「その子に会ってみよう・・・」
ココから動き出す物語は、
被害者と加害者という全く違った視点から色々なコトを考えさせてくれます。
オススメです。



熱欲 (中公文庫)熱欲 (中公文庫)
(2005/06)
堂場 瞬一

商品詳細を見る

刑事・鳴沢 了シリーズの第3弾。
被害者が加害者ともなるマルチ商法をめぐる事件。
なかなか全貌が明らかにならない被害像と首謀者に対し、
行き詰る捜査陣の前に現れた一人のネタ提供者。
「オレもヤバいんだよ・・・」
姿を見せないこのネタ元は誰なのか?
そして起こってしまった殺人事件・・・。
ゆっくりとしたストーリー展開ではあるものの、
『運命』を感じさせる女性の登場もあり、
不器用なオトコの物語は盛り上がってた感があります。



ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田尚樹

商品詳細を見る

別記事となるコチラへど~ぞ。



押入れのちよ (新潮文庫)押入れのちよ (新潮文庫)
(2008/12/20)
荻原 浩

商品詳細を見る

チョット怖いホラー8集が収められた短編集です。
荻原作品らしいじんわりとした温かみを感じるお話から、
グロテスクなまま推移していくモノもあり、
幅広い荻原さんの文才に触れるコトができます。
作品とはゼンゼン関係ないですけど、
多分ボクは荻原さんのようなオヤジになるんだろうな・・・。
すっごく親近感を感じる作家さんです。



---------------------------------------------------------------


と、
まだ今年は始まったばかりだというのに、
かなりの当たり作品に出会ってしまってますね~♪

こりゃ今年もベストを選ぶのには苦労しそうだ。





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ ひとまず『深紅』の野沢作品を完全読破しよう。


起きたんだけど・・・

090202_0725~01
(ん?)



『半天』を着てるってコトは、
一度は起きたってコトだよな・・・?


「R~!はやく起きなさ~い!今日保育園だよ~!」



090202_0725~03
(・・・)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ



↑ 今朝のRでした・・・(*^_^*) この表情で伝わるかな?


 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。