>>
  1. 無料アクセス解析

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のど飴?いやいや『飴のど』です

焦りました・・・。

昨日の夕方、
妻からメールが・・・。

『病院に来ている』と。


ナニゴトか?と思ったら、
舐めてた飴がノドに詰まったって。

結果的には、
「溶けるのを待ちましょう」というコトで済んだようです。


はぁ~~~~~~です。


いっちょまえになったトコもありますが、
やっぱりまだまだ目が離せないんだなーって思いました。

最近はもぅ「はいっ」って飴を渡して、
一人で舐めさせてるコトもあるので・・・。


身をよじって・・・
(チョット身をよじって「あめ、ちょ~だい」のポーズ)


いやはや、
気をつけましょ(汗)


さて!
気を取り直して、
今日はこれから千葉の上の方(アバウトやな~(笑))まで行ってきます

またまたチカラもらってきますよ~
なのでチョットいってきまーす!




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

私も2歳くらいの頃、アメを喉に詰まらせたことがあって、父親が足を掴んでひっくり返し背中をバンバン叩いて詰まったアメを吐き出させたと言う話を聞いてます。父親がいなければ死んでたかもしれない・・・、と思って聞いていると、アメをなめている私を大笑いさせて喉に詰らせる原因を作ったのは、他ならぬ父親だったという話。父親がいなければ、アメを喉に詰まらせることも無かったわけですね。トホホ・・・。

>まささんへ

ひえ~っ、石鹸ですか?e-263
ホントにちっちゃいコって想像をはるかに超える行為をやらかしてくれますね~。
でも、虫歯・・・そういう考え方もあるんですね~。ふむふむ・・・。
そう考えるとウチはかなり甘やかしてますね・・・(汗)
子どもの好奇心は天井知らずですから、だからこそ良いコトとあかんコトの区別を親がしなくてはいけませんね。結果的に無事だったから良かったと言えますけど、これからはもう少し気をつけたいと思います。

>coccoさんへ

ありがとうございますe-466
ともすると(カミさんは)「ほっといても大丈夫やろ」って思ってしまいがちなんですが、ちゃんとケアします、ハイ。(ホントはそういうのチョ~苦手(苦笑))
息子はこの時のコトを聞いた時に「う~う~ってなったにょ」って笑いながら教えてくれましたけど、なんだかその笑顔がいとおしくって、怖かったな~ゴメンな~って申し訳なかったです。
coccoさんも経験おありなんですね?小さい頃のコトなのに覚えてるということは、相当強い記憶ですね。それだけ恐怖というか、それこそ焦りが相当やったんでしょうね。
なかなか楽しいばっかりの記憶や思い出ばかりってワケにはいかないですけど、「教訓」として、また明日を迎えようと思います。

良かったです、大事に至らなくて。
危ないですよね、まだまだ親が気をつけなければ時期は続きますよ~。
昔長男が紙袋とかの取手(ナイロンを編み込んだヤツ)の結び目を舐めている内に溶けたんでしょうかね、それを喉に詰まらせた事がありました。
慌てて逆さまにして背中を叩いて吐き出させて事なきを得ましたが、お互い五体満足に子供を産んだ以上(俺が生んでないって!)きちんと育てましょうね。

 こんにちは^^ ウチではまだいまだに あめあげたことないです
 事故のことより 虫歯がいやだったので・・・ 自分でちゃんと
 みがけたら解禁予定です <厳しいかな?> 誤飲って まだあると
 思いますよ~ 好奇心が強くてついついやっちゃうのでしょうね
 ウチは石鹸を入れてたことがあります<汗>
 応援ー★

お~大変な事にならなくて良かったです
親がどんなに注意していても、起こるんですよね・・・事件は
注意し過ぎると、子供が伸び伸び育てなくなったり
親っちゅうのは大変です!
うちは次男が3歳の頃、火傷をしてしまい、周りからは火傷は100%
親の責任や!!母親の責任や!って散々攻められましたよ
人に言われるまでもなく、側に居た自分が一番責任感じて
ますから、奥様もかなりビックリして泣きそうになってたんだろ~な
と思います、お互いこれからも
頑張りましょう!!ネ

えらいこっちゃでしたね。
注意っていうのはしてもしてもしきれないって、思うときがあります。
でもね、起こってしまうんですよね~…
ウチの行ってる小児科の先生は、『いろんなことがあると思うけど、お母さん、せめて焦らないで、家でできる処置を覚えておいてくださいね』と、モノを喉に詰まらせたときの処置の仕方を教えてくれました。まだウチは1回もないけど、気をつけなきゃ、だな~…と再認識しました。
色々あると思うけど、maedaさんはmaedaさんの奥さんの焦ったココロを癒してあげてくださいね。
千葉の上の方まで(私は関東方面わからへんから、アバウトでええの!! 笑)気をつけて、いってらっしゃ~い。

良かったですね。
子供が喉に物を詰らせた・・・なんて状況になったら
私だったらどうしていいか分からなかったかも・・・・。
子供って大人には考えられない事が起きますからね~。
私も子供が小さかったときは いろんなハプニングがありました・・・
いま考えると、全て大人のせいなんですよね・・・・反省・・・

びっくり!で、大事に至らなくて良かったですね!
私も飴を喉に詰まらせた記憶があります。記憶にあるから多分幼稚園~小学生くらいの事だったんでしょうね。喉が苦しかったのと、物凄くあせった覚えがあります。本人と傍にいた奥様が一番怖かった事でしょう。心のケアを十分してあげてくださいね!

>ichigekiさんへ

ホントそうですね。
「もう大丈夫」なんて夢にも思っちゃいけないってことですね。
(結果的に)無事だったということを何かのサインと受け止めて、これからも目と気を配ることを忘れずにいたいと強く思いました。
それにしても、逆さにして背中を叩くってのもなかなか出来そうで出来ないことやと思います。冷静だったんですね。サスガです。

>おじさん さんへ

あー、なんだか他人事のような気がしません。
ボクも息子が口に何かを入れてるときに笑かすコト、よくやるので・・・。
もうしません・・・。
でもそういう原因を作りえるのは父親のほうが多いんですかね?

>ほっきーさんへ

そうそう。その「好き勝手やれ~」と「それ以上はアカン!」っていう線引きというか、加減がムズカシイです。
でも次男さんの火傷ですか?ほっきーさんの「そばにおったんやから自分が悪いって分かってるわ」っていう状態で責められるのはツラい体験でしたね?
いや実を言うとね、ボクもこのメールを妻からもらった時に真っ先に頭に浮かんだのは「オマエが付いててナニしてんねんっ!!」って言葉やったんです。
言わなくて良かった~(苦笑)
子どもがいるとホント毎日が新しすぎる!から、頑張りましょうね。ありがとー。

>出海さんへ

ただいまですぅ~。
えらいこっちゃ(×2)でしたわ、ホント。
その処置というのも、ボクはその場にいなかったからアレコレ考えられましたけど、顔真っ赤にした息子を目の前にしてたカミさんの焦りようは想像に難くないっす。
「災難は忘れた頃にやってくる」この言葉はホントです。
なんのかんの言ったって、まだちっちゃいコ。
注意しすぎることはないです。いい勉強だったと思って(無事やったから言えるコトやけど)二度はないように。そう言い聞かせた日でした。
千葉の上の方(笑)(着いた時に「遠かった~」って言ったら千葉の方に怒られた(笑)))『時間かかった~』(笑)けど、時間かかっただけの満足感持って帰ってきましたよ~。

>みやびさんへ

大人の責任・・・、その通りです。
今回のコトで、普段笑ってられるコトは「当たり前」ではないんやなってスッゴく思いました。確かに何が起こるかわからないから楽しいんだけど、決して楽しいだけでは済まされないコトも起こる可能性があるんやと。
これからは責任を持って、同じコトは繰り返さないコト。それをココロに刻みました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/140-8d608407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

偉大なるマンネリ «  | BLOG TOP |  » 学習するとメンドーなコトは省略しちゃう、というお話

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。