>>
  1. 無料アクセス解析

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説(5月~8月)

早く書かなきゃ書かなきゃと思いながら、
5月にブログを一ヶ月休んでからほったらかしになっていた「私的備忘録」

ココにまとめてアップしちゃいます。

※注
この「私的備忘録」は、
毎月madaが読んだ小説を私感と共に紹介するモノです。

ただし今回はサボってたツケで(笑)正味4か月分となる為に、
「これぞっ!」と思った作品にのみコメントを残します。

(ちなみに1月~4月のモノは、
ページ左側のカテゴリー検索で「私的備忘録」をクリックしていただくとご覧いただけます)



<5月>

庭の桜、隣の犬 (講談社文庫) (角田 光代)


屍蘭―新宿鮫〈3〉 (光文社文庫)屍蘭―新宿鮫〈3〉 (光文社文庫)
(1999/08)
大沢 在昌

商品詳細を見る

新宿鮫シリーズの第三弾。
殺し屋と、その殺しを指示する者との絶対的な信頼感。
コレといった派手なシーンはないけれど淡々と進むさまがボク好みでした。
これまでの二作と比べてもダントツに好きな作品です。


6ステイン (講談社文庫 ふ 59-9) (福井 晴敏)

リピート (文春文庫 い 66-2) (乾 くるみ)


イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る

サイコーの脱力系です。
直木賞(だっけかな?)を取ったという作品ではあるけれど、
まったく期待してなかったぶん余計にハマッちゃいました。


無間人形―新宿鮫〈4〉 (光文社文庫) (大沢 在昌)


テロリストのパラソル (角川文庫 ふ 20-1)テロリストのパラソル (角川文庫 ふ 20-1)
(2007/05)
藤原 伊織

商品詳細を見る

(おくればせながら) 「見つけたっ!」と思わず叫んでしまった作品との出会いでした。
これまで今年の(私的)トップの座を守っていた八日目の蝉を超えたかな。
相当ボクのツボです。
ただ藤原伊織さんが既に亡くなっていたコトも知りませんでした。
ひとまず全ての作品を読んでみようと思います。


桜宵 (講談社文庫) (北森 鴻)

メリーゴーランド (新潮文庫) (荻原 浩)


<6月>

炎蛹―新宿鮫〈5〉 (光文社文庫) (大沢 在昌)

震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫 よ 15-1) (横山 秀夫)

原島弁護士の愛と悲しみ (光文社文庫 こ 15-10) (小杉 健治)


シリウスの道〈上〉 (文春文庫)シリウスの道〈上〉 (文春文庫)
(2006/12)
藤原 伊織

商品詳細を見る


シリウスの道〈下〉 (文春文庫)シリウスの道〈下〉 (文春文庫)
(2006/12)
藤原 伊織

商品詳細を見る

これまた藤原伊織作品。
この方のテンポとトーンがきっとボクに合うんでしょう。
今回はオトナな恋愛シーンもあり(ヤラシイとかちゃいますよ?)
ソコもまた楽しめるポイントです。


さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6) (東野 圭吾)


氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)
(2002/06)
大沢 在昌

商品詳細を見る

またまた登場「新宿鮫」シリーズの第6作目です。
↑の「屍蘭」とまた甲乙つけがたい作品でした。
どーも女性が目立つ作品が好きなようだゾ・・・(笑)


慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
(1999/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

この方もまた今年の大きな発見です。
な~んとなく途中で結末が分かりかけるんですが、
最後の最後のどんでん返しは「えっ!?」のひと言。
これがデビュー作か~・・・。
貫井作品もきっと全部読むコトになるでしょう。


空中ブランコ (文春文庫 お 38-2) (奥田 英朗)


<7月>

不夜城 (角川文庫)不夜城 (角川文庫)
(1998/04)
馳 星周

商品詳細を見る

いつかは読みたいと思っていた作品。
どーやらボクは新宿という舞台にも弱いらしい。


クラリネット症候群 (徳間文庫 い 51-1) (乾 くるみ)

ガラス張りの誘拐 (角川文庫) (歌野 昌午)

てのひらの闇 (文春文庫) (藤原 伊織)

螢坂 (講談社文庫) (北森 鴻)

灰 夜 (光文社文庫) (大沢 在昌)

狼の血 (光文社文庫) (鳴海 章)


<8月>

プリズム (創元推理文庫) (貫井 徳郎)

さだめ (河出文庫) (藤沢 周)


凍える牙 (新潮文庫)凍える牙 (新潮文庫)
(2000/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る

背表紙のあらすじを読む限り実はあまり期待してなかったのに、
「さすが乃南さん」ってつぶやいちゃいました。
だって冒頭でいきなり人が燃えるんですよ?
しかもファミレスで。
どう考えてもおもしろくなりようがないって思ってたのに、
読ませるんだなコレが・・・。
女性読者が多い理由も分かる気がします。


鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)
(2000/10)
馳 星周

商品詳細を見る

「不夜城」第二弾。
やはり一貫して暗~いトーンなんですが、
好きなんですね、こういう世界観が。


失踪症候群 (双葉文庫) (貫井 徳郎)


流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

やっと読めました。
そして、久々にヒットの東野作品でした。
相変わらずラストのナニかひとつが足りない感はあるけれど、
ほとんど一晩で読み切っちゃいました。
欲を言えばもぅチョット「惚れてる」さまを強く書いてほしかったけれど・・・。



こ~んな感じです。
コレで今年のトータルが61冊か・・・。

共感もしくは反論、
または「コレがオススメッ!」っていう本がありましたら、
ぜひともコメ欄で教えて下さい。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 皆様の応援が励みになります。いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

スゴイ!スゴーイ!
仕事もしないで本読んでんだぁ~v-8
何か一貫性が有るようで無さそうな・・・分からん!
さて、私も読書の秋と行きますかぁーーv-218

misyatoは今年の秋はスポーツの秋にしましたので・・・・・読書はしてません!
去年の今頃は読書だったんだけどなぁ~~!
いいなみんな時間があって!
最近は漫画の本とお友達になりながらエアロバイクこいでる!別に・・・・本も読めるんだけどね!
これって・・・興味の沸くのがないんだよね!
今度、暇作って・・・本屋行ってこようっと♪

>misyatoさんへ
仕事中も効果的にカラダ動かしてるみたいですや~ん。
『重力に逆らう』的な言葉もありましたけど、ソレ、ボクもまったく同じコト考えてますよ。
イイ季節になってきたし、ボクももっとカラダ動かしたいし、もっともっと本も読みたい。
で、もっと寝たい・・・(よくばり?)

>ichigekiさんへ
一貫性があるようでないでしょ?
雑食なんです。
ただ、刑事モノが傾向としては多いですね。
さーて!
ハリポタそろそろ読むかー!
(まだ読んでなかったの!?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/260-2cc62e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちびR登場? «  | BLOG TOP |  » いい季節

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。