>>
  1. 無料アクセス解析

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未熟親

昨日からの続きのようなお話ですが、
先週の金曜日、
Rの風邪が治って久しぶりに保育園に行った時のコト。

その久しぶりというコトが理由だったのか、
かなり激しく登園泣きをしたそうです。


「ヤだ!ヤだ!バイバイしないぃ~っ!
ママといっしょに、おしごとのトコいくぅ~っ!!


と、
なかなかママから離れなかったそうなんです。

するとそこに園長が現れ、


「いつまでうだうだ泣いてるんだ!
ほかの子も泣き出しちゃうでしょ!!」



と一喝。


その時ママは初めて見たそうです。
泣きながら園長の顔をしっかり見て「はいっ」って返事するRを。

この保育園では、
3歳とはいえどちらかといえば“お兄ちゃん”になるR。

その自覚なんでしょうか。


でもウチじゃそんな「はいっ」なんて返事、
聞いたコトないよなぁ。

なぁ?ママ?(笑)


でもこのコトをママから聞いた時、
色んな思いがボクの胸にも湧いてきました。


「そのセリフはホントは親が言うべき言葉だよなぁ」


ってコトと、


「果たしてボクがお見送りに行ったとして園長と同じコトがボクに言えたか?」


ってコト。


(ダレ?『オマエにゃムリ』とか言うてんのは?(笑))


あのぉ~・・・。
あと決してコレはママを責めてるとかちゃうからね?


(ダレ?『弱っ』とか言うてんの?)


いち親として、
いち父親として、
そして何よりRの父親として、

「ホントはオレがそういうコトは言わなな」って思いと、
「ええねん、園に任すトコは任せとけば」って思いがごっちゃになってるいうか。


こう・・・。
色々考えてしまったワケです。


こんな感じでチョット立ち止まり気味な親なんでありますが、
昨日もspiralcoachさんからコメをいただいたように、
(spiralcoachさん、いきなり勝手にお名前を出してスミマセン)
こういう状況を楽しんじゃってる部分もあるんですね。


うん。
なので立ち止まったって走りまくったって、
それでもLife goes on!なのじゃ。


だから未熟であって当たり前、
ボクもママもRもそうやって生きていくのだ!

というところで締め括りたいと思います。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ こんな思いを味わったことがある方からのアドバイスがあればゼヒお願いします。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

Re: 未熟親

ぷっ!やっぱり記事残しとけばよかったな^^;
昨日、maedaさんのとこの記事見てから自分のとこに記事書いてたん!
でも大きなお世話だから消しちゃったww

そんなことで悩んでるの?
簡単や!ww
やっぱ。。。。。もったいないから~~~~内緒ww

Re: 未熟親

超能力者maedaさんへ
(どうも人の考えを予知する能力があるようだ・・・v-8


そうですね。
親が言うべき言葉だったかも知れません。
いや、言うべきでしたね。

Rくんに甘過ぎの感はあったので、何となく気にはなっていましたが、ガツン!と言う方が、身近におられたことは幸運です。

子育ての仕方は、それぞれの家で違います。
よって、あまり、外部からああだこうだと言うことは避けたいと言う考えがあります。

でも、この場合、園長先生の態度が正解だと私は思います。
そのことで、maedaさん自身、気付かれたことは多かったように思います。

子供を育てるのって大変でしょ?

でも二人目以降は、少し楽になりますから!

Re: 未熟親

私も未熟親の一人ですから。
親といっても、子供より早く生まれてきただけの事で
未熟なところはたくさんありますからね。

でも園長先生の一喝は良かったですね。
やはり、保育園は集団生活をする場所であって
決して家とは違いますから、我がままは許されませんもんね。
一人は怖い存在を作っておくのはいい事だと思いますね。
うちの子供は私をなめてますが、ダーリンの言う事は
ちゃんと聞きますね。
これは小さい時からかなり怒られたからでしょうけど、
今でもダーリンの事は怖いみたいです。

Re: 未熟親

コメレス。

ダーリンはこの時ギターは弾いてません~。
タバコに火を付けようと前かがみになってるんですね~。
弾き語り・・・家ではうるさいくらいにするんで
家族には嫌がられてますが・・・(笑)

Re: 未熟親

今は叱られない子供が多いし、叱り間違ってる親も多いですよね。。。
何が正解かは分かりませんが・・・
「あのおばさんに怒られるから静かにしなさいv-237」とか
よく聞きますが、これは間違ってますよねv-16
あと、叱り時ってあるようです。。。
子供と動物には、「短い言葉でハッキリと」が効き目があるようですよv-219
あっ、でも私は叱らないでね~
だって私は褒められて伸びる子だから・・・v-8

Re: 未熟親

文中に名前を発見。うれしいやら恥ずかしいやらv-10
どうぞお気になさらずに。
親は、子どもに泣かれると辛いですよね。ましてや病み上がりで体調の心配とかもありますし、その辺は、園の先生方にお任せしてもいいんじゃないのかなぁと私は思うけど。Rクンもがんばってるんだからmaeda家お得意のギュッとたくさん抱きしめてあげてくださいね。子どもの体触れる時期なんてホントあっという間に過ぎちゃいますから^^

Re: 未熟親

まだ友達より 親の年齢だと思うけど
 こうした刺激は 必要だと思うね

 いつのころか 私が怒ると
 「ハイ わかりました!」という
 返事をするようになってました 
 ・・・・ そこに甘えはない。。。

 ありがとうね ^^b2☆
 元気もらったよ 

 で いい?

Re: 未熟親

おっしゃるとおり親も未熟ですよね!
子供と一緒に成長いていけばOKと思います。

自分は出来た親だ と思うより 未熟と思ってるほうが良いでしょうし

応援ポチ 

Re: 未熟親

園長先生、男前ですね~。
うちの子も、何度か幼稚園やプリスクールで「行きたくない」って泣いたことがありますよ。
でも、いつも先生たちが「大丈夫ですよー」って手馴れた様子で連れて行ってくれて、後で迎えに行くとケロっとして楽しそうに遊んでるんですよね。
小さい子でも、親の前と先生やお友達の前では顔を使い分けているものなんですよ。
親はどうしてもかわいそうになってしまいますが、案外大丈夫なので、こんな時は慣れている先生に任せちゃえば良いんじゃないかな~、と思います。


Re: 未熟親

初のコメントです。

三人の男子を成人させた中年(てか初老?)親父です。
このブログ、時々覗かせてもらってます。
とても微笑ましく好きなブログです。

今回ちょっと意見を。

結論=園長さんは、園長としての資質に疑問有り。
   むしろ失格と断言しても良いくらい。

理由1=そもそも保育園とは親の補助をするもの。

    核家族の現在、若い親だけでは充分フォローしきれないのが
    大部分の家庭の実情。

    働き盛りの若い人材が社会で活躍することは
    過去現在変わらぬ社会の要請。
    それに答えるため、さらに子育ても完璧にするのには
    若い夫婦にとって、今の(核家族化した)社会では
    とても困難なことに思えます。
    だからこそ園の力にすがっているのです。

    三・四才までの子供は親に甘え、親は存分に甘やかし
    無条件の愛情を注ぐべきです。
    その上で余りに我がままを言う時にはピシッと
    親が愛情を持って叱れば良いのです。

    幼児期に無条件の愛情を受けた子供は成長してから
    情緒的にとても安定した人間になるということを
    知るべきです。
    大人の代表である親や先生たちを信頼できるもの
    と捉えられることはとても大事なことです。

    だから、いきなり
        「いつまでうだうだ泣いてるんだ!
            ほかの子も泣き出しちゃうでしょ!!」
    は無いです。
    理由がふさわしくありません。

    園側の都合でしかない理由ですね。
    そんな怒られ方では子供は納得しません。
    大人の剣幕にビックリしてシャキッとしただけです。
    シャッキリすりゃあ良いってもんじゃないでしょう?
    その場しのぎの対応としか思えません。
    
    良いじゃないですか。他の子が泣いても。
    その年頃の子供は泣くのが仕事のようなものなんですから。
    それに対して上手な対応が出来ないってのはどうなんでしょう?

理由2=園長さんが親の前で子供を叱ったのは親に対する
    暗黙のメッセージなのでしょうか?
    「貴方が甘やかすから他の子たちに
      迷惑をかけるような行動(泣く)をとるのだ!」    
    と言ったところなのでしょうか?

    そのことが親の子育てに対する迷いを喚起するかもしれない
    ということに思いが巡らないのでしょうか?

    親を不安にさせてどうするの?!ってことです。
    園側から見てどんなに未熟にみえる親でも
    子供にとっては唯一の存在。
    その親に自信を持って子供に接することが出来るように持っていくのが
    プロフェッショナルってもんでしょ。

    親と園との共同作業で子供を育むのが
    正しい方向だということは明らかだと思います。

    その面からしても園長の対応は
    とてもふさわしいものとは思えないのですが…。

結論=自信を持って甘やかしなさい。
   子供に、私たち(親)は君のことがこんなに好きなんだよと
   アピールしまくりなさい。
 
   以上です。結論はいつもシンプルなものです。
   自信を持って堂々と…で良いですよ。
   
 思いつくまま書きました。
   本意が伝わることを期待して。
       Rくんが健やかに成長しますように。

              2008年12月18日 記 やまやま






管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/336-b6e177da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jagabee はひとりでは歩いてきませんから «  | BLOG TOP |  » ヤだヤだ攻撃

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。