>>
  1. 無料アクセス解析

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月に読んだ小説

チョット年を跨いじゃいましたが、
2008年の最後を締め括る私的備忘録です。

サスガ師走!
って感じであんまり小説も読めなかったんですが、
2008年の my BEST はどの一冊なのか?
も発表しますので見てやってください。



ひまわりの祝祭 (講談社文庫)ひまわりの祝祭 (講談社文庫)
(2000/06)
藤原 伊織

商品詳細を見る

mada 的に今年イチバンの当たり作家といっていい藤原伊織さんですが、
作品としてはこのお話はいま一つ好みではありませんでした。
ゴッホ(と呼ぶのは日本だけで、海外の常識では『ファン・ゴッホ』と呼ぶのだとか)
が描いたもう一枚の『ひまわり』の行方は?
という謎解きミステリーです。



遠くて浅い海 (文春文庫)遠くて浅い海 (文春文庫)
(2008/11/07)
ヒキタ クニオ

商品詳細を見る

“大藪春彦賞” 受賞作というオビ書きに惹かれて買いました。
『消し屋』として狙いをつけた人物の過去まで消し去る殺し屋が主人公。
“詳細な描写”と絶賛されていた殺人シーンを楽しみにしていましたが、
なんでしょう?
会話が敬語になったりタメ口になったり、
物語にも描写にもあまり一貫性が感じられずに読み進めるのが苦痛でした。



ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)
(2002/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

気がつくと、
いつの間にか毎月一冊のペースで読んでいる荻原作品。
その比較的初期の私立探偵モノです。
最近の作品に慣れてしまっていたからか、
ユーモア色の描写がチョット弱いかな?と。
かといってハードボイルド色が強いか?というとそうでもない。
う~む・・・という一冊でした。



破線のマリス (講談社文庫)破線のマリス (講談社文庫)
(2000/07)
野沢 尚

商品詳細を見る

「ミステリー好きなら」というコトで人から紹介してもらった一冊。
テレビ局に勤める女性編集者が “作った” 一本の事件検証テープが引き起こす悲劇。
正義とは?真実とは?
ストーリーの運び方も見事ですし、
テレビ業界の描き方もリアリティがあり大満足の一冊でした。



12月の小説は以上4冊。
これで2008年の合計(小説)は83冊でした。


◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆ ◇◆◇◆


ではココで、
2008年の my BEST を発表します。


その作品とは・・・。


テロリストのパラソル (角川文庫)テロリストのパラソル (角川文庫)
(2007/05)
藤原 伊織

商品詳細を見る

コレに決定です!!


こんなに濃縮さを感じた一冊には出会ったコトがありません。

くたびれうらぶれた中年男性の描き方といい、
その男性の過去から現在の様子が正に点から線へ・・・。

しっかりとしたネタフリと納得のオチ・・・(漫才ではありませんよ)
なのに本自体の厚みは大したコトない・・・。

まさに『濃縮』な一冊でした。

この藤原さんが既に亡くなられているというコトを知らずに読み始めましたが、
もっと早くに出会いたかった。です。



ちなみに次点候補となったのがコチラ。
くるくる回っておもしろいので載っけてみました。
(amazonアソシエイトの “くるくるウィジェット” ってやつです)





以上!2008年分は終わりです♪




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ 2009年もたくさん読むぞぉ~っ。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

Re: 12月に読んだ小説

お仕事に育児にブログ・・・。
いろいろとお忙しい中、相変わらず読書も楽しんでいるなんて、素晴らしいですよね。
以前maedaさんの「○月に読んだ小説」コーナー(?)に刺激され、読書好きの血が騒ぎ、何とか時間を作って読んでいた時期もありましたが、ここ数ヶ月、1冊も読んでいません。
読みたい本はいっぱいあるのですが・・・。

Re: 12月に読んだ小説

最近、全然読書してないです…涙

今年はたくさんよみたいな♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 12月に読んだ小説

最近小説からちょっと遠ざかってます。
小説も読みたいと思いつつビジネス系につい手を伸ばしてしまいます。
小説にも目を通す余裕がないといけませんよね。

藤原伊織さんしっかりメモしておきました。
今度探してみます。

>まひろさんへ

ボクも読みたい本が一向に減りません。
いまもボクの部屋には『山積み』という言葉では生温いほどの本が・・・(^^ゞ
泳いでいないと死んでしまう魚のように、ボクから本を取り上げたら生きていかれません。

だからか・・・。
嫁さんが本を始末しようとしてるのは・・・(笑)

>たろさんへ

本(活字)ビンボーです・・・(^^ゞ
小説・新書・ビジネス書・新聞・雑誌・・・。
文字通りの活字ジャンキーでございます。

無駄遣いというヤツもいますが、ボクにとっては『投資』ですね、本は。

>spiralcoachさんへ

それを言ったらボクはビジネス系が足りなくなってきてますね・・・(^^ゞ
なのでそちらの情報はspiralcoachさんを頼りにしています(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/350-0328d865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サヨナラパパ… «  | BLOG TOP |  » 年末年始のボクシング総括 -2-

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。