>>
  1. 無料アクセス解析

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親であることを自覚させられた瞬間

今日はこんなテーマで。

あれは、息子が1歳になった頃でしょうか。
なので2年近く前です。

ウチの子は、
産まれた時から上唇小帯(上唇と歯ぐきを結ぶ腱のようなモノ)が短く、
大きく口を開くコトが出来ませんでした。

それがある日、
予想していたとはいえ、

プチッ

と切れちゃったんです。

結果的には、
こういうケースは珍しくもなく、
歯医者さんであっという間に治してもらいました。


時を同じくして、
お菓子好きで有名なボクは、
夜中も痛みで眠れないほどに虫歯クンが悪化します。

「アカン、もぉ~限界」

人生で何度目かの限界点に達し、
人生で何度目かの決心を胸に、その歯医者さんに飛び込みました。
(素直に歯医者がキライ言えや)


その時の歯科医さんとの会話です。

歯:「そういえば、その後は息子さんの具合いかがですか?」

m:「・・・。」

歯:「あれ?madaさん?あの、具合、どうです?息子さんの?」

m:「は?あ、ボクですか?え?なんですか?」

歯:「あの、息子さん・・・。歯ぐきがプチって・・・」

m:「あーあーあーあーあー、あっ、息子ね。お陰さまで大丈夫です」



まだ当時は、
「息子さん」
と言われ慣れてなかったからなのか、
「『息子』『息子』て、何のこと言うとんねん」
っていう状態だったんです。

それに当時、
ボクの周りには、
息子の「名前」を呼んでくれる人たちばかりだったからかもしれませんし。


「そっか。他人さんは『息子さん』って言うんだな」
という、至極当たり前のコトにボクはコノ瞬間気づいたのでした。


と同時に、
社会的に「父親」として認められた感じもして、
ケッコー気持ち良かったです。

まぁ歯医者さんによって自分が親であることを自覚させられた、
って親が世の中にはいるんだなと思っていただければ良いです(笑)

そんな親がいたっていいじゃないか(自慰)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

男は親になったという感覚が少ないんでしょうね。。。
実際にお腹の中で育っていくわけでも、生むわけでもないですからね~
さすがに3人居てると「俺もお父さんか~」ってわかりますけど(笑)

そういえば、他の人との交流で母親も親としての自覚を持っていくのかも…
なんだか新たな発見i-190ですね。
あ、私も…歯医者は大っ嫌いですi-238だから、虫歯にならないよう人一倍歯をみがきます(笑)あの匂いが、どーしても。。。

>まささんへ

小体はちっちゃいクセに、口から出る分「大量出血か!」って思っちゃいますよね(汗)
その分「あ~、よくあるコトですよ」って当たり前のように歯医者さんに言われた時は安心しました。
子どもはホント目を離すと何をやるか分かりませんね。

息子さんが1歳になっているのに、自覚が無かったと言うのはいけませんね^^;)
まさか歯医者さんで、他の意味の息子の具合を聞くはずはないですヨ。
ヤバイ!ちょっと下ネタ入ってしまいました。

>ichigekiさんへ

いや、一瞬ボクもそう思っ・・・。
って、ナニを言わせるのですか?
ちょっと文章が意図したような意味になっていないので、一部書き直しました。
自覚がなかったというより、言われ慣れてなかったという・・・。
もう遅いかな。でもコメントありがとうございました。

私は5年程、歯科助手をしておりましたが
『上唇小帯』って初めて知りましたv-219
息子さん、直ってよかったですね~v-237
それより、パパですよね。。。
ちょっと痛いと思った時に行けばすぐに直るのに・・・v-16
私が見て一番ひどい虫歯の人は、後ろから見ても頬が腫れていて
こぶとり爺さんのような患者さんでしたv-40
くれぐれもお大事に・・・v-22

そういえば、息子を連れて外出したときに、初めて他人に「お母さん」と呼ばれた瞬間、はっとしましたね。
当時、お母さんとしての自覚はすでにあったと思うのですが、あらためてそう呼ばれて、ドキッとしたんですv-398
きっと、maedaさん同様、言われ慣れてなかったからでしょうね。
虫歯は痛くなるまでガマンしたことがありませんねー。
子供の頃「虫歯は勝手に治らない!」と頭に植え付けられたので。。
痛いのが大嫌い。単に怖がりなんですけどねv-356
息子にも痛い思いをさせたくないので、近頃は仕上げ磨きにも気合をいれてますよv-392

子どもが生まれて、病院へ連れて行った時などに「お母さん」と言われて「あっ、お母さんなんだ」って思った記憶がよみがえりました。
もう5年近くもたつとそれが普通ですが、さいしょはやっぱりなれないし、気恥ずかしさもありました。
maedaさんも、それまで経験がなかっただけにわからなかったのでしょうね。

自覚ですか~(◎-◎)
もう 何十年も前で・・・。???
自覚らしい自覚は 中学に入るとき ビビッタあたりからでしょうか。
こんな自分が 親として しかも中学生? いつ?みたいな(笑)
あ、 これは 責任の重みか?
・・・いつも 年齢不詳の独身に思われがちなので
自覚は 無いのかもσ(^_^;)アセアセ...

 こんばんは^^ ウチは小体を偶然にも切ったのです。
1歳くらいのとき、目を離した隙にボウル<料理用>をかじったまま
こけて・・・みごと完全に切れました。かかりつけに行っても
「そのうちくっつくから大丈夫^^」って 
念のため歯科検診のたび聞きますが、問題ないですよ<笑>
おっとそれましたね<いつもですが>
家族以外に人から 子どもの話をされると自覚しますよね
痛くて痛くて 話半分でしたよね 応援★

俺も歯医者は嫌いです。
同じく限界まで痛みに耐えてどうしようもなくなったら
やっと歯医者に行くくらいですね。
で、痛くなくなったら終了みたいな・・・
俺もはじめ娘さんといわれても「はぁ?」って感じでしたね。
言われ慣れないから仕方ないですよね(^^;)

>vickyさんへ

おー、歯科助手さんをやられていたのですか。
ホント、ひどい時は人相変わりますよね。その患者さんの気持ちがなんとなく分かるような気がします(笑)
これからの人生、歯医者に行かなくても済むように、ハミガキしまくり!で頑張りたいと思っています。

>りょーママさんへ

そうそう、虫歯は気合では治りません(笑)
ボクが歯医者ギライであることをイヤというほど知っている妻は、息子を連れての定期健診を欠かしません。
仕上げ磨きは、日によってやらせてくれなかったりします。
うまくゴロ~ンさせてア~ンさせるコツなんかありますかね~。

>ちょこクロさんへ

そうそう。
ずっと自分は「永遠のお兄さん」だと信じ切っていましたから(爆!)
でも、今では親になって(ならせてもらえて)良かったと心から思っています。

>出海さんへ

そうそう。
虫歯になってからハミガキしてもダメですよ(笑)
あれ?ちょっと歯が痛いな・・・。よし、しっかり磨くぞ!
↑こんな感じでしたから・・・。
ボクもあのにおいがダメなんで、もう二度と歯医者には行かない!と誓っていますが、ど~なることやら?

>Sのやまさんへ

その自覚が初めからあれば、陣痛で苦しむ妻を脇目に居眠りなんかこきませんやね(笑)←未だにチクチク言われます。

>たかぴっぴっぴさんへ

おー、同士よ(笑)
勝手に「診察終了」とするタイミングまで一緒です(笑)

>たままさんへ

> ・・・いつも 年齢不詳の独身に思われがちなので
自覚は 無いのかもσ(^_^;)アセアセ...
おっ、たままさんも「永遠のお姉さん」って思ってるクチですか?(笑)
でも独身と思われるなんて、幸せじゃないですか。
責任の重さか~。これからどんどん増していくんでしょうね。
これからも勉強させていただきます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/5-eed7ac95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

踊るよ~ «  | BLOG TOP |  » どうせ伝染するなら笑顔がいいね

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。