>>
  1. 無料アクセス解析

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のボクは怒っています

今日はお正月気分も抜け切らない日ですが、
ええかげんにせえよ郵便局!
ゆう怒りのお話になっています。

が、その前に・・・。

何とか実家から帰ってきました。
もう1~2日様子を見ようかという選択肢もありましたが、
やはり息子本人の慣れた環境に戻す方が良いだろうということで、
移動途中は辛かったと思いますが帰ってくることにしました。

ココにご心配をおかけした皆様、
このブログのみならず温かいお言葉をいただいた方々に御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


さて家に着いてポストを開けると、
そこには入っていました年賀状。

しかし・・・。

この年賀状、
ど~見てもありえないくらい束が厚い・・・。

ど~考えてもウチにはこんなに友達はいない・・・ハズ。

それもそのはず。

出てくる出てくる。
同じマンションに住む方たち宛ての年賀状がゴッソリと!

(なんやコレ?ウチらに仕分けて配達せえ言うとんのか?)

との思いを抱えて早速管轄の郵便局へ電話を掛けました。

「はい。こちら○○郵送係(←だったと思います。)でございます。」

「あの~、かくかくしかじかで、こういう状態で年賀状が届いてるんですが?」

「あ!では『配送課』にお電話おつなぎ致します。」

♪~(保留音)

(なんやねん。肝心の一言も無いまんまつなぐんか。)

「はい。お電話変わりました、配送課ですが。」

「あの~、△△に住んでる者ですが、
かくかくしかじかで、こういう状態で年賀状が届いてるんですが?」

「あら~っ、どうしてそういうことになってしまったのかしら?おかしいですね~。
詳しいご住所教えていただけますか?」

again)

「『おかしいですね』やなくて、まずは詫びるのが先ちゃいますか?
最初に電話取次いだ人といいアナタといい・・・」

と、この電話に出た50代と思しき女性は、
しばらくボクのやんちゃな言葉を聞く破目になってしまうのです。

結局「大至急」配達員を寄越してもらうこととなり、
約束どおり5分ほどでバイトさんでしょう、
男性の方が取りに来てくれました。

(ええか?アンタが配ったかどうかは知らん。
でもな、このマンションはまだ小学生とか、園児とか、
小さい子たちがいっぱい住んでんねん。な?
そういう子ぉたちにしてみたら、年賀状いうんは正月のささやかな楽しみの一つや。
な?わかるか?アンタも昔はそうやったやろ?
その子ぉたちの気持ちを考えたってくれんか?
正月3日過ぎても一枚も年賀状が来てへん子ぉがどんな思いでいると思う?
たまたまウチらが今日、田舎から帰ってきて気づいたからいいようなものを、
これが5日や6日になってからの話やったら、アンタらどないして責任取んねん?)


という思いを込めて、

「アナタにしたら、
『損な役回り』と思ってるかもしれないから申し訳ないけど、
アナタが責任もって仕分けし直して、大至急届けてくれるか?」

と、極力感情を抑えて6~70枚の束を渡しました。
が、部屋の中で聞いていた妻は、

「(子どもに聞かせられないくらい)言葉が怖かった」

そうです。

仕分けた人なのか配達した人なのかは分かりませんが、
この思いやりも気配りも、そしてヤル気のカケラも無い束を見たら、
とってもとっても悲しくなりました。

そして、電話口で真っ先に出た責任逃れの言葉も。

日本中に同じ思いをした人がいないことを祈りますが、
ここのところ毎年、年賀状にまつわるつまらないニュースが多いですよね?

それでいいのか民間会社さんよ?
そんな程度のサービス精神で今の世の中生き残ろうなんて、
あまりにも甘すぎやしないか?

と言いたくもなるわけです。

何も特別な感動やサービスを求めてるワケじゃない。
当たり前のことを当たり前にやってほしいだけなのですから。




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

↑ いつも応援ありがとうございます!今年もどうぞよろしくお願い致します!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

 こんにちは^^ うーんこの記事読んでやはり・・・と思いました。
ウチは年賀状を29日に投函したのですが、
今日仕事初めでまだ届いてないところあり。どうなってるの?? 
民間って対応などのサ-ビスのよさが売りじゃないの?と思ってたけど・・・
まだまだですね
お子さん、大丈夫でしたか?家にもどられて
きっとゆっくり休めると思います。お大事に
応援★★

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
年賀状といえば、昨日「住所間違い」で戻ってきたものがありました。
年末に出したものなら仕方ないですが、12月中旬に投函してたんですよ。
すぐに住所を書き直して、再度投函しましたが、いつ相手に届くのか・・・
早くから年賀状の受付をしてるんだから、住所間違いも早めに返送してくれたらいいのに。
毎年思うことです。
住所チェックを確実にしていなかった私も悪いんですけどねv-356

年賀状

先ほど(1/4午後6時頃)家のドアの郵便入れの音に反応して見に行ったら、maedaさんご家族からの年賀状が・・・。
これっておかしいですよね。

誰にでも失敗はあるものですが、失敗したらやっぱり謝罪することが先決ですよね。
基本中の基本!
なんで、そんな簡単なことができないんだろ・・・

>えみこおばさんへ

な、なんだとぉ~~っ!?e-262
ふ・・・、再び怒りが・・・。
このままじゃ消費者の「選択」という武器を使う時が来ちゃうぞ~。

>まささんへ

こんばんわ。
まささんブログになかなかお邪魔することが出来なくてスミマセン・・・。息子は(掛かりつけに「ウィルス性の風邪」と診断されました。)まだ回復には至っていません。が、少しずつ食欲も回復してきているので、一安心てトコです。
郵便局の対応については、おっしゃるように「まだまだ」という寛容な心で接していきたいものです。

>Sのやまさんへ

そうですよね。
コチラの言い分を通したい時ほど、相手の言い分をまずは聞かなきゃいけませんね。
コレ、商売うんぬん以前に人として大事なコトだと思います。

>りょーママさんへ

こんばんわ。
なんだか皆さん同じなんですね。数が数だけに大変なのは分かっているつもりなんですが・・・。
あ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

遅くなりましたが、おけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
この件に関しては、まだ、社員(局員?)全体に危機感が足りなすぎるのでしょうね。どんなに赤字でも国が支えていた、国に支えられていたと言う「甘え」が抜けきらないのでしょうか?
こういう声をもっと大にして言わないと、変わることがないかも知れません。

>ichigekiさんへ

コメントありがとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
「甘え」全くその通りですね。そういったものは、痛い目に会わないと変わらないのかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comeonbox.blog59.fc2.com/tb.php/84-3199d56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長かったです… «  | BLOG TOP |  » 峠は昨晩

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (2)
親バカ (193)
園での生活 (18)
家族 (26)
おでかけ (39)
パパのひとりごと (99)
私的備忘録(小説) (18)
ボクシング (7)

プロフィール

maeda

Author:maeda
子育て中のつもりが、いつの間にか親育てられ中です。

最新記事

最新コメント

大切なお仲間たち

このブログをリンクに追加する

RANKING ♪

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ボクシングJP

ぜひポチポチッと押していってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。